2019年もモバイルルーター利用で快適アニメ!最適なWiMAX業者は?

改札 モバイルルーター

どうも、こんにちは。ジャム君です。

この時期、学生は新社会人へ、社会人は転勤の準備をしているころかもしれませんね。

お引越しを伴うと、多くの場合にインターネット回線が新居ですぐに使えないという罠が待っています。

しかも時期によっては工事に時間がかかり、ネット開通に1か月~2か月待たされてしまうことも。

dアニメストアアニメ放題Amazonプライム・ビデオなど、アニメをストリーミングで見ていた方にとっては大打撃になるでしょう。

そこで有効なのが、モバイルルーターという存在!

持ち運びが可能な通信手段のため、自宅での利用だけでなく、通勤・通学途中にも大活躍間違いなしでしょう。

さまざまな業者があり、一長一短ありますが、どの業者が最適なのかスタイルに合わせて考えてみます。

掲載情報は2019年01月24日時点のものです。最新の情報は、各公式サイトをご確認ください。
スポンサーリンク

そもそもモバイルルーターってなに?

モバイルルーターとは、簡単に言ってしまえば「外でも使えるWi-Fiの機械」です。

形状はスマホ同様さまざまですが、おおよそこのような形状です。

Speed Wi-Fi NEXT W05 UQ WiMAX モバイルルーター
参考:UQ WiMAX公式サイト

スマホの通信だと、基地局からの電波をスマホが送受信しますが、モバイルルーターでは、基地局からの電波をモバイルルーターが送受信し、その電波をスマホやパソコンなどとつなげて通信します。

つまり、いま契約しているスマホの通信量制限に影響しない通信ができるわけです。

もちろんモバイルルーターを通さないでアニメの動画を見たり、TwitterやFacebookなどやっていたら、通信量制限にかかってしまう恐れはありますよ?

要するに、モバイルルーターさえ契約して持ち運びつつ、モバイルルーター経由で通信を行えば、外出先でも快適にアニメのストリーミングをすることだって可能になるわけですね。

でもお高いんでしょう?

懸念事項として、使用料がいくらなのか気になるはずです。

いくら調子のいいことを言っていても、「実は月に10万円かかります!」なんて製品だったら、契約したくなくなりますものね。

もちろんそんなことはないのですが、業者によって料金や縛りにややバラつきがあるのも事実。

いくらになるのかはケースバイケースで、今すぐ断言はできないのですが、どの業者を利用すべきなのか、指針を出して考えてみますよ。

短期間だけ使いたいケース

転居し、自宅のインターネット環境が整うまでの短期間だけ使いたい、といったケースにピッタリなのが、縛りなしWiFi

縛りなしWiFiでは、UQ WiMAXとSoftBankの回線を選ぶことができ、2年や3年といった長期の縛りは存在しません

月額3,300円(税別)で初期費用もゼロ、最低1か月さえ利用すれば、解約はいつでも可能という太っ腹な運営です。

解約申請をした翌月末が解約日となるため、より料金を節約するためには、解約申請を早めにする必要があります。

UQ WiMAXとSoftBank回線、どちらを選ぶべきかは次の表を参考に。

縛りなしWiFi 回線比較
UQ WiMAXSoftBank
月額料金3,300円(税別)3,300円(税別)
解約手数料0円0円
支払い方法クレジットカードクレジットカード
最大通信速度(下り)440Mbps612Mbps
通信速度制限直近3日合計で10GBを超えた場合1日3GBを超えた場合

モバイルルーターの機種を選ぶことができないのが難点の縛りなしWiFiですが、申込み後に問い合わせを行えば、UQ WiMAXとSoftBankどちらの回線かは、希望がある場合には指定が可能です。

希望がない場合には、お住まいのエリアも参考に、勝手に選んで送られてくるため、最大通信速度や通信速度制限を踏まえつつ、利用しやすい方を選ぶべきでしょう。

通信速度を重視するならばSoftBank、通信容量を重視するならばUQ WiMAXの回線を選んだほうが、短期間だけ使いたい間に速度制限を受けにくく、便利に使えるはずです。

縛りなしWiFiの詳細はこちら

キャッシュバックを受け取りたいケース

モバイルルーターを申し込みキャッシュバックを受け取りたい場合にイチオシなのが、GMOとくとくBBです。

モバイルルーターだとSpeed Wi-Fi NEXT W06という機種で申し込んだ場合、最大34,900円受け取ることが可能です。

GMOとくとくBB公式サイトにある最大39,000円のキャッシュバックを受けられるのは、モバイルルーターではなくホームルーターであるため、外に持ち出すのであれば適していません。

ただし自宅のみで利用する予定なのであれば、ホームルーターを選択する価値もあるでしょうね。

GMOとくとくBBは大きなキャッシュバックを受け取れるのが特徴ですが、契約してすぐキャッシュバックを受け取れるわけでもなく、短期すぎる契約だと損をする可能性があります。

キャッシュバックを受け取りつつ長期契約を考えている場合に、利用価値の高い業者と言えるでしょう。

GMOとくとくBB 基本比較
ギガ放題プラン通常プラン
月額料金4,263円(税別)/3ヶ月目以降
3,609円(税別)/1~2ヶ月目
3,609円(税別)
解約手数料24,800円(税別)/24ヶ月目まで
9,500円(税別)/25ヶ月以降かつ更新月以外
24,800円(税別)/24ヶ月目まで
9,500円(税別)/25ヶ月以降かつ更新月以外
支払い方法クレジットカードクレジットカード
最大通信速度(下り)1.2Gbps/有線接続時
867Mbps/Wi-Fi接続時
1.2Gbps/有線接続時
867Mbps/Wi-Fi接続時
通信速度制限直近3日合計で10GBを超えた場合月7GBを超えた場合

プランがギガ放題プランと通常プラン2種類あり、アニメのストリーミングにも適し、通信量が実質無制限なのはギガ放題プランです。

若干月額料金が高くなってしまいますが、通信速度制限をあまり受けたくない場合には、ギガ放題プランを選択しておくべきでしょう。

キャッシュバックはギガ放題プラン、通常プランどちらでも変わりませんので、キャッシュバックがお目当てならば、通常プランでもいいかもしれませんね。

Speed Wi-Fi NEXT W06登場で最大1.2Gbpsの世界へ

さらに注目すべきなのは、新しく出るSpeed Wi-Fi NEXT W06をモバイルルーターに選択すると、最大通信速度が1.2Gbps(Wi-Fi接続時は最大867Mbps)も出るということ。

Speed Wi-Fi NEXT W06 最大1.2Gbps
引用:GMOとくとくBB公式サイト

今までのモバイルルーターでは、最大758Mbpsでしたから、Wi-Fi接続をしていたとしても、より高速な通信ができる可能性を秘めています。

キャッシュバックを受け取りつつ、いち早く最新機種を手に入れたい方におすすめと言えますね。

公式サイトはこちら

長く安く使いたいケース

お引越しを機に、長く安く使えるモバイルルーターを持ち歩いてしまうのも手です。

とくに新社会人になり外出先で通信する機会が増えたら、モバイルルーターは持っていて損がないはず。

そんなときに便利な業者が、DTI WiMAX2+です。

DTI WiMAX 2+では月額料金が安く抑えられており、長期契約でも比較的お得な設計です。

4ヶ月目以降は、単純な見た目上だと縛りなしWiFiより高く見えてしまいますが、実際にはそうでもないのが料金を見ればわかります。

DTI WiMAX 2+ 基本比較
ギガ放題プラン(3年)モバイルプラン(3年)
月額料金3,760円(税別)/4ヶ月目以降
2,590円(税別)/3ヶ月目
0円/1~2ヶ月目
3,500円(税別)
解約手数料19,000円(税別)/12ヶ月目まで
14,000円(税別)/13ヶ月~24ヶ月
9,500円(税別)/25ヶ月以降かつ更新月以外
19,000円(税別)/12ヶ月目まで
14,000円(税別)/13ヶ月~24ヶ月
9,500円(税別)/25ヶ月以降かつ更新月以外
支払い方法クレジットカードクレジットカード
最大通信速度(下り)758Mbps758Mbps
通信速度制限直近3日合計で10GBを超えた場合月7GBを超えた場合

GMOとくとくBBに近い感じですね。

一応キャッシュバックもあり、DTI WiMAX 2+利用時にNTTグループカードも申し込んでおけば、最大6,000円分のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

どうせ支払いがクレジットカードのみですので、クレジットカードをお持ちでない方はNTTグループカード作成後、DTI WiMAX 2+の申込みをしてもいいかもしれませんね。

ただGMOとくとくBBとDTI WiMAX 2+で大きく違うのが解約手数料で、とくに24ヶ月以内で解約する場合の解約手数料が、DTI WiMAX 2+のほうが有利!

長く使うつもりだったのに、何らかの事情で解約せねばならなくなった」なんて場合に、有利に使えることでしょう。

DTI WiMAX2+ギガ放題プランが2,590円/月~!

WiMAXの10GB制限ってなに?

WiMAX回線利用時に発生する、直近3日間の通信量が合計10GBを超えた場合の通信速度制限とは、次のような場合に発生します。

UQ WiMAX 10GB 通信速度制限
引用:UQ WiMAX公式サイト

簡単なお話、3日間の合計で10GBに達していなければ、通信速度は制限されません。

極端な話、いつも1GB/dayほどしか使っていなくても、いきなり50GBほども通信を行えば、通信速度制限を受けることになります。
直近3日合計の10GBをオーバーしましたからね。

アニメのストリーミングでモバイルルーターを利用する場合、高画質モードで見たい気持ちはわかりますが、画質がよければそれだけ通信量も多く、1日平均で見ることのできるアニメが減ってしまう計算です。

通信速度制限を受けた場合

通信速度制限を受けた場合、直近3日間の合計が10GBを割らない限り、永遠通信速度が制限されます。

ただし通信速度制限が発生するのは、直近3日間の通信量合計が10GBを超えた日の翌日18時~翌々日2時までという、夕方から深夜にかけてです。
WiMAXならば、日中は速度制限がありません。

たとえば、毎日10GB以上の通信を行っていたら、通信速度制限が解除されることはありません。

ですがWiMAX回線が良心的なのは、月末まで制限がかかりっぱなしということではなく直近3日間を見て通信速度制限が解除されるところです。

通信速度が制限されていると、最大1Mbps程度まで通信速度が落ち込みますが、それでも大手の速度制限128kbpsよりずっと速いです。

はっきり言って、大手キャリアで大容量のプランを契約するより、制限を受けにくく快適に利用できることでしょう。

SoftBankのウルトラギガモンスター+だと、一部SNSや動画サービスがカウントフリーですが、月50GBまでの制限です。

いくら50GBも使えると言っても、カウントフリーじゃないと、アニメを安心して見られませんよ。

その点、WiMAX回線であれば、1日3GBずつ利用したとしても、月間90GBも利用できます

ウルトラギガモンスター+は、通信速度制限を受けると、月末まで128kbps制限ですので、カウントフリー対象サービスだけでアニメやネットを楽しむのでないならば、WiMAXのモバイルルーターをケースごとに検討したほうが安上がりになるでしょう。

最もお得なのは?

結論として最もお得になるのは使い方しだいなのですが、多数の方がお得になるケースが多いのは縛りなしWiFiですね。

縛りなしWiFiならば、最低2か月分の月額料金だけで解約が可能になるため、短期間利用に最適です。

利用開始日による誤差を計算すると、実質3か月、計9,900円(税別)が解約までにかかる費用の目安でしょうか。

もちろんこれは違約金や解約金ではなく、実際にかかる月額料金だけですので、短期間利用だと他社よりお得感が増すでしょう。

今回紹介した業者以外にもたくさんの業者がありますので、この業者についてひと言ほしいなどありましたら、コメントいただけると幸いです。

そして、モバイルルーターを使うのであれば、モバイルバッテリーもあると便利!

[PR]

Poweradd Pilot X7 20000mAh モバイルバッテリー 持ち運び充電器 大容量 PSE認証済 iPhone&Android対応 災害/旅行/アウトドア活動用に最適(ブラック)
Poweradd
¥ 1,999(2019/04/07 08:53時点)
20000mAhの超大容量により、iPhone7に7回の充電、Samsung S6 に5回以上の充電、iPad mini 1に3回くらい充電できます。

安価な製品でも使い方を間違えなければ十分使い物になるので、レビューも参考にモバイルルーターとともに携帯したいものですね。

では、モバイルルーターを使ってよいアニメライフをお過ごしください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました