【2019年6月】動画配信サービス(VOD)を比較検証してみた!おすすめはどこ?

YouTube ロゴ 動画 ビデオ・オン・デマンド(VOD)
この記事は約11分で読めます。

VODと呼ばれている動画配信サービスですが、実にさまざまな種類のサービスがありますよね。

アニメだけ見るならば、種類も豊富なdアニメストアが圧倒的にお得だと思いますが、特定のアニメだけでよかったり映画も見たかったりすると、Amazonプライム・ビデオがお得に感じることもあります。

そんな有名どころのサービス以外にも「これが見たかった」というものはあるもので、DAZNなんてスポーツ好きにはもってこいですし、music.jpなんて音楽専門のチャンネルまでもが用意されているほどです。

どのようなサービスがあるのかはもちろん、料金や無料期間、支払い方法といった基本情報を踏まえつつ、あなたにピッタリの動画配信サービス(VOD)が見つかるようお手伝いします。

掲載の情報は、2019年6月21日現在のものです。配信状況やサービス内容変更等、詳細は各公式サイトをご確認ください。

そもそもVOD加入の必要性は?

動画配信サービス(VOD)に加入せずとも、テレビで確実に録画ができている、というのであれば、サービスを使うメリットが薄れてしまうかもしれません。

だって配信される動画にもよりますが、リアルタイムより遅い配信が多く、早めだと同時間帯というのが主流だからです。

稀に先行配信される動画やテレビでは配信されない独占配信もありますが、「テレビで確実に録画ができている」方であれば、独占配信でもない限り押しとしては弱くなってしまうでしょう。

YouTube ロゴ 動画

よくあるのが、「勝手にアップロードされた動画を見ている」という方です。

そのようなことをされていると、動画配信サービス(VOD)を利用してもらっていたら権利者として一定の収入につながったかもしれないのに収入が得られず、動画配信サービスはもちろん、好きなアニメやスポーツなど業界自体が衰退することにもつながりかねません。

いつまでもそのコンテンツで楽しみたいと考えるのであれば、「YouTubeで見られるよ!」なんて友だちに誘われようと、あなたは動画配信サービス(VOD)を利用して動画を楽しむべきなのです。

「あんまりお金出したくないし、本当に楽しめるかわからないよ!」

という方も、試用期間をうまく利用すれば、多くのVODサービスで初回無料お試しすることもできますよ。

今回はいろいろなサービスを紹介しますので、ぜひお好みの動画配信サービス(VOD)を見つけていってくださいね!

動画配信サービス(VOD)比較表

動画配信サービス比較
dアニメストアAmazonプライム・ビデオhulu
月額料金400円(税別)500円(税込み)933円(税別)
無料期間初回31日初回7日(現在キャンペーンで31日)初回30日初回2週間
支払い方法ケータイ払い(ドコモ)
クレジットカード
ケータイ払い(ドコモ/au)
クレジットカード/PayPal
デビットカード
Visaプリペイドカード/Vプリカ等
ケータイ払い(ドコモ/au/ソフトバンク)
クレジットカード
Huluチケット
Amazonアプリ/iTunes Store決済等
アニメ対応度
おすすめ度
アニメ放題NetflixU-NEXT
月額料金400円(税別)800円/1,200円/1,800円(税別)1,990円(税別)
無料期間初回1か月初回1か月初回31日
支払い方法ケータイ払い(ソフトバンク)
Yahoo!ウォレット(クレジットカード/銀行口座)
ケータイ払い(au/ソフトバンク)
クレジットカード/PayPal
デビットカード
Netflixプリペイド・ギフトカード
iTunes Store決済
ケータイ払い(ドコモ/au/ソフトバンク)
クレジットカード
U-NEXTカード
Amazonアプリ決済
アニメ対応度
おすすめ度
dTVDAZNmusic.jp
月額料金500円(税別)ドコモ契約者 980円(税別)dTVセット料金 1,280円(税別)
ドコモ非契約者 1,750円(税別)dTVセット料金 2,050円(税別
1,922円(税込み)
無料期間初回31日初回1か月1日1回5分まで
支払い方法ケータイ払い(ドコモ)
クレジットカード/デビットカード

アプリ内課金
ケータイ払い(ドコモ)
クレジットカード/PayPal
DAZNプリペイドカード
アプリ内課金
ケータイ払い(ドコモ/au/ソフトバンク)
クレジットカード
アニメ対応度×
おすすめ度

DAZNプリペイドカードというのは、こういったものです。

DAZNプリペイドカード 1ヶ月
Perform Investment Japan(DAZN)
¥1,890(2019/09/16 02:38時点)
DAZN(ダゾーン)」は、スポーツファンが好きなスポーツを、いつでもどこでもお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。

Amazonやコンビニで販売されているので、クレジットカードを持っていなくとも手に入れやすいですね。

Netflixプリペイド・ギフトカードも似たようなもので、子どもでも手に入れやすいのが魅力と言えるでしょうか。

NETFLIXプリペイド 2000円
ノーブランド品
¥2,698(2019/09/16 02:38時点)
Netflixのプラン料金のお支払い等にご利用頂けます。

もし成人されている方なのであれば、どのサービスもクレジットカードさえあれば登録が容易になりますので、年会費無料のクレジットカードを1枚くらい持っていても損はないと思いますよ。

結局どのサービスがいいの?

主として「何を見たいか」にも左右されますが、ジャム君が考えるに、総合的なコスパ重視ならAmazonプライム・ビデオ、アニメ重視ならdアニメストア、スポーツ観戦ならDAZN、大人向け作品にも興味があるならU-NEXTをおすすめしたいですね。

今回は9サービスを比較しましたので、それぞれの特徴も踏まえつつ、解説していきます。

dアニメストア

アニメに特化しており、ほかの動画配信サービスと比べてもアニメの取り扱いが非常に多いのがdアニメストアです。

「アニメ好きならまずここ」

と言っても過言ではないくらい、メジャーなVODサービスですね。

アニメの動画だけでなく、アニソンや声優やアニメに関連したコンサート動画も一部取り扱いがあり、ほとんどの動画が定額見放題です。

一部有料のレンタル動画もありますが本当にごく一部で、劇場版がメインになっています。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオはAmazonプライム会員の特典に含まれるサービスであるため、Amazonでよく買い物をする方ならば、非常にコストパフォーマンスの高い動画配信サービスです。


Amazonプライム・ビデオ対象のVOD作品には、primeマークが付いているので、公式サイトを要チェックです。

dアニメストアと似たサービスに、dアニメストア for Prime Videoがありますが、これはAmazonプライム・ビデオに追加料金!

配信作品としても、現状dアニメストアの劣化版状態ですので、dアニメストア for Prime Videoに同じお金をつかうならば、dアニメストア加入をおすすめします。

ただdアニメストアの試用期間とdアニメストア for Prime Videoの試用期間は別のため、動画プレイヤーの使いやすさで選んでもいいかもしれません。

Hulu

huluはファミリー向けのアニメや映画を多数揃えているサービスです。


試用期間がやや短いのが難点ですが、1月1日を除いて基本年中無休で10時~21時の使い方サポートを受けることもできるため、VOD初心者にもピッタリなサービスと言えるでしょう。

スマホやパソコンを使い始めたばかりという方でも、安心してサポートしてもらえるのは嬉しいですね。

使い方のサポートはHulu関連に限ります。

有名な海外ドラマも豊富なため、話題に乗り遅れないためにも、ぜひ加入を検討いただきたい動画配信サービスと言えそうです。

アニメ放題

最近話題になることも増えたアニメ放題ですが、dアニメストア同様にアニメに特化したサービスです。


後発サービスということもあってか、配信されても遅い公開になることもある難点を持ちますが、ソフトバンクのスマホで決済を行いたいのであれば、アニメ放題が便利です。

アニメの取り扱い数としても、dアニメストアと比べると見劣りしがちですが、当然別サービスのため試用期間は別

どちらのサービスが自分にあっているのか、試用期間中にじっくり試してから本契約に移ってもいいでしょう。

Netflix

Netflixは海外ドラマに力が入っていますが、日本のアニメを独占配信することでも有名です。

NETFLIXプリペイド 2000円
ノーブランド品
¥2,698(2019/09/16 02:38時点)
Netflixのプラン料金のお支払い等にご利用頂けます。

支払い方法が豊富なのもいいですね。

2019夏アニメのキャロチューは、Netflix独占で配信されています。

しかも日本だけでなく海外向けへも配信しているため、力を入れているアニメにはトコトン力を入れるタイプな動画配信サービスのようです。

Netflix独占で配信される作品の場合、(だいぶ後日を除いて)地上波で流れることはありませんので、地上波だけカバーしているとどうしても見逃しが生まれてしまうのがNetflixと言えます。

高画質や同時接続数増加を望まないのであれば、安い料金から始められますので、お試ししてどれほどの画質が必要と感じるのか、肌で感じてみるといいですよ。

U-NEXT

今回紹介する中でも、大人向け作品が飛び抜けて揃っているのがU-NEXTです。

もちろん一般作も多く揃っていますよ。


月額料金が高く感じるかもしれませんが、最大で4つのアカウントを使い分けることができるため、その場合には実質月額500円程度で利用することも可能になります。

アカウントさえ切り替えれば、視聴履歴が漏れることもないため、どの作品を見ていても安心です。

お子様には見せない設定にも当然可能ですので、家族単位で加入されるとコストパフォーマンスがよくなるでしょう。

dTV

dアニメストアとは違い、映画やドラマにも手を広げているのがdTVです。


dTVはDAZNとの同時契約で割引されますので、DAZN契約中であればさらにお得に契約できる動画配信サービス(VOD)です。

映画やドラマにも手を広げている分、dアニメストアと比べるとアニメ分野では分が悪いですが、dアニメストアでは見ることのできないVODを多数揃えているため、「特段最新のアニメはdTVで見られなくてもいい」場合に使い勝手がよさそうです。

DAZN(ダゾーン)

紹介する中でもとくに異色なDAZN(ダゾーン)は、スポーツ特化の動画配信サービス(VOD)です。


多彩なスポーツのライブ中継を見られるため、好きなスポーツ中継が行われている場合、価値の高いサービスになりそうです。

またドコモの契約者だと割引が適用され、非常に安く利用できるため、ドコモ以外の携帯利用者よりお得にDAZNを楽しむことができます。

スポーツが好きなら、DAZNに加入しておかないと損ですね!

music.jp

music.jpは映像作品もありますが、サイト名のとおり音楽専門チャンネルにも目を向けていただきたいところです。


ケータイかクレジットカード払い・スマホのみ専門チャンネル対応というやや残念な部分もありますが、毎月もらえるポイントを使えば、有料コンテンツ購入費に充てることも可能になっています。

スマホにお気に入りの音楽アプリがない場合は、music.jpを試していただきたいですね。

もちろん音楽だけでなく、動画配信もされていますので、一見の価値はありますよ!

ライフスタイルに合わせたVODサービス選択を

まだまだ紹介しきれていない動画配信サービス(VOD)もありますが、それらも含めライフスタイルに合わせたVODのサービスを選択することが大切です。

アニメが好きならアニメに強い動画配信サービス、国内ドラマが好きならドラマに強い動画配信サービス、海外ドラマが好きならば海外ドラマに強い動画配信サービスといった具合に、動画配信サービスの使い分けをすることも必要になりそう。

すべてのサービスを契約するのは(お金に余裕があれば別ですが)重複する動画が増えムダも増えてしまいますので、賢く試用期間中にライフスタイルに合ったサービスを見つけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました