殺戮の天使16話(最終回)の解説&考察&感想!レイチェルの生死は?

殺戮の天使 アイキャッチ 殺戮の天使
(C)2018 真田まこと/Vaka・DWANGO・KADOKAWA/「殺戮の天使」製作委員会
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ついに最終回を迎えた、殺戮の天使16話!

ジャム君、……ではなく、途中笑って見ていました。
節操なくてすみません。

だって、ザックがかわいいんだもん。
ダニーはぺちゃんこだし。

さて前回のさつてんは、16話冒頭にも出てきましたが、ダニーの魔の手からグレイがザックとレイチェルを守ってくれ、「いま外に行けば助かる」と力強く言ってくれたというお話。

殺戮の天使15話の解説&考察&感想!サブタイトルの意味と階段の長さ
アニメ殺戮の天使15話、物語もいよいよ佳境といった感じですね。 前回のさつてんはお休みをいただいてしまいましたが、今回はジャム君の考察にお付き合いください。 13話ではラストでダニーに銃を突きつけられていたザックと、その2人に向かってレイチ...

外に出ればなぜ助かるのか、ちょっと深読みし過ぎな考察をしたのですが、ごく自然な助かり方でしたね。

ただあのビル、いったいどういう構造だったんでしょうか。

すごく気になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レイチェルが収容された病院

レイチェルが収容された先の病院は、いわゆる精神科のある閉鎖病棟と推察されます。

ヤブ医者の女カウンセラー、と言ったらかわいそうな気もしますが、あの女カウンセラーに付き添われないと病室までの行き来はできないようであり、ザックの情報が手に入らないよう制限も加えられています。

つまり、部屋の中には病室備え付けのテレビもなければラジオの持ち込みも禁じられ病棟のラウンジにも行くことはできないよう制限が課せられていると考えられます。

一般的な病棟であれば(国や病院にもよって差はあると思いますが)病室に備え付けでお金やテレビカードを入れて見られるテレビがあったり、共有スペースのラウンジに行ってテレビを見たり、同じく入院生活をしている人と交流することもできるんですよね。

そういった事ができないのが、閉鎖病棟の厳しいところです。


ザックが入ってきた窓に注目!

最終話ラストでザックが入ってきた窓に注目していただきたいです。

自慢の鎌をどこかで新調してきたのか、鎌で簡単に切ってしまっていましたが、鉄格子がはまっている窓なんですよね。

要するに、窓から出ようと思っても、ザックが鉄格子を切れなかったら外に出ることはできませんでした。

でもふつうの病室ならば、このようなものははまっていません。

精神病院というのもあるのでしょうが、閉鎖病棟だからこそ、逃げ出すもしくは窓からの飛び降りを防ぐため、より確実な対策として鉄格子をはめていたと考えられるシーンです。

警察病院の線もあり

レイチェルが収容された先の病院は、精神科のある閉鎖病棟ではなく、精神科のある警察病院の線もあります。

これも場所や国によって違いがあるでしょうが、窓に鉄格子がはまっています。

閉鎖病棟でなくとも、精神科の病室であれば、窓に鉄格子付きであることが一般的のようです。
(ただしすべての病院ではありませんし、海外での考え方はまた違うこともあるでしょう)

警察病院って犯罪者が入っているような病院のイメージがありますが、実際には一般外来もある病院です。

ただレイチェルは個室にいたようですし、付き添いがないと病室までの行き来ができない、さらには情報の取得制限まで受けていることから、ザックのことで事情を聞くこともあり、近くの警察病院に運び込まれたのかもしれません。

高い壁に鉄条網もありましたからね……