異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω(2期)5話の解説&考察&感想!女の漢ホルンはディアヴロの守備範囲外?ロゼ登場で恋のライバル増加

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 異世界魔王Ω 魔導機メイドのロゼとレムの口喧嘩 恋のライバル マギマティックメイド 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会
この記事は約11分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ヘイ、EVERYBODY!

今週もジャム君が、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ωオメガ5話の記事をお届けしますぞ!

前回は、ジルコンタワー市にあったディアヴロのダンジョンを攻略中、ディアヴロPになってダンス特訓をさせ試練を通過するようなシーンもあり、ワイワイとダンジョン攻略が進むのかに見えていました。

それなのに、ルマキーナを追いかけてきたゲイバルトが現れ、ホルンの体当たりでホルンとともに濁流に転落し、ディアヴロが助けに行くため飛び込んでしまうという展開で終わりました。

そんな続きとなる異世界魔王Ω5話では、ホルンが女の漢おんなのこだったことが判明したり、告死病こくしびょうを治すお守りの白牛像を手に入れたり、新しい服を装備したり、オープニングで影になっていたロゼが登場したり、魔王軍がジルコンタワー市に攻めてきたり盛りだくさん!

激動の異世界魔王Ω5話の考察も、張り切っていってみます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女の漢ホルン

薄々感づいてはいましたが、ディアヴロたちはだと思っていたホルンは、実は女の漢おんなのこでした。

実は女の子だったホルンの濡れた衣服を脱がしていたディアヴロも、まさかあそこまで無警戒に脱がし続けるとは、さすがコミュ障……

ホルンが女だと気づける機会はなかったのか

ディアヴロ以外からも「」だと思われていたホルンですが、」であると気づける機会はなかったものでしょうか。

そもそもホルンは、出会ったときからの一人称が「オレ」でしたので、今までの一人称で気づける機会は少なかったと思われます。

また、ディアヴロが無警戒にホルンを脱がしてしまったのも、小柄で肉づきの悪いヒョロっとした男性っぽいから。

胸だって、レムに迫るほど断崖絶壁でないかと疑えるくらい、ツルペタと言えるでしょう。

本人たちの前じゃ、言えないですけどね(爆)

\あるべきものが、ついてない/

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 異世界魔王Ω ホルンを脱がすディアヴロ 女の子 女の漢 あるべきものがついてない

©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会


出典:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω/5月7日放送/TBS

ホルンを脱がしてから、ようやく大事なあるべきものが「ついていない」ことに気づいてしまったディアヴロでしたが、これまでの異世界魔王Ωの展開を見ていると、気づける機会ってほとんどなかったんだと思います。

メタ的に「女」だと予感しない限りは。

前回のダンジョン攻略シーンで、溶岩フロアにいたときだって、ホルンは大して脱いでいませんでしたから、口調や外見で判断するのは困難だったでしょう。

ただし、よく考えてみると、ディアヴロとホルン以外が下着姿になっていた溶岩フロアで、下着姿になっているシェラ、レム、ルマキーナを見ても無反応だったことを踏まえて冷静になれば、ホルンが女だというのは自明の理なはずです。

まあ、コミュ障ではない分、女慣れしている男の冒険者、という可能性もあるわけですけど。

とにかく、これまでのホルンの言動や背格好もあり、視聴者のような冷静な立場でない限り、ホルンが女であることに気づく機会は少なかったものと思われます。

ホルンはディアヴロの守備範囲外?

ホルンの「あるべきものがついてない」姿を見てしまい、さらには服が濡れているため、乾かしている間、上半身裸でディアヴロに寄りかかっていたホルンでしたが、ディアヴロはとくにうろたえる様子がありませんでした。