スマホで動画を見るならWiMAX最強の理由!速度制限に怯えず通信するには?

スマホ SIM 制限 モバイルルーター
この記事は約13分で読めます。

スマホで動画を見ている方も多くなってきている昨今ですが、気になるのは外で使っているときの通信量です。

ヘビーユーザーだとなおさら気になります。

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯大手3社でも大容量プランや無制限プランは登場してきたものの、まだまだ高い!

そんな中、通信制限に怯えることが減り、もっと安く通信できるのがWiMAXです。

CMだと、青いガチャピンとムックがUQ WiMAXの宣伝をしていますよね。

  • いま通信量制限ありのプランを使っていて携帯大手3社に属していてもプランの切り替えをためらっている
  • 格安SIMを使っておりすぐ通信量の制限になる
  • 格安SIMのカウントフリープランにするか、激安プランにするか迷っている

こんな方には正直「WiMAX最強」と言っておきたいです。

どうしてスマホで動画を見るならWiMAXが最強と言えるのか、順を追って解説しましょう。

記載の情報は2019年6月29日時点のものです。最新の情報は、各公式サイトをご確認ください。
スポンサーリンク

ギガ放題プランで実質無制限

UQ WiMAXだとUQ Flatツープラス ギガ放題と呼ばれているのですが、その他のWiMAXブランドを使う業者はUQ WiMAXの電波を借りているものですので、中身としては同じです。

このギガ放題プランを使えば、実質無制限でWiMAXを使うことができます。

「実質無制限」

というのが胡散臭く感じるかもしれませんが、WiMAXの特徴として「auの電波も同時に使って通信」することで、より高速かつエリアの広いサービスを展開しています。

しかし、そのサービスはハイスピードプラスエリアモードと呼ばれており、月に7GBの制限が課されてしまうため意味が薄れてしまうのです。

そのためギガ放題プランを存分に使うときには、ハイスピードプラスエリアモードを使わずに、ハイパフォーマンスモードを使った「WiMAX 2+の電波だけ」使う通信をすればいいわけです。

ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードは、下り最大 1.237Gbps/上り最大 75Mbpsに対応した、auの電波とWiMAX 2+の電波両方を使ったサービスです。

通信速度の速さだけでなく、auもしくはWiMAXどちらか一方の電波が悪い・届いていない場合にも利用が可能であるため、auを単体で契約しているよりも安定した通信ができると言えるでしょう。

ただauとUQ WiMAXそれぞれのサービスエリアのマップを見てもらえばわかるとおり、「WiMAXの電波だけ届いていてauが圏外」というエリアはほぼありません。

ですがアンテナの設置位置によっては、建物の影や商業ビルなど、一部で「auの電波が悪くWiMAXは良好」という現象は起こり得ます。

いいことばかりのように見えますが、ハイスピードプラスエリアモードを使うと月間7GB制限になる上に、3年縛り以上のコースを選ばないと月1,005円(使った月のみ)請求されてしまいます。

  • 高速かつ安定した通信が望める
  • 通信できるエリアが広い
  • 通信が高速で安定しやすいため動画をスムーズに見やすい
  • 月7GB制限になる
  • 3年縛り以上でないと有料サービス
  • 高速で通信されるためすぐに制限に引っかかりやすい

ハイパフォーマンスモード

ハイパフォーマンスモードは、WiMAX 2+の電波だけを使った下り最大 558Mbps(首都圏・大阪など一部エリア、大部分は最大440Mbps)/上り最大 30Mbpsのサービスです。

通信速度や通信エリアはハイスピードプラスエリアモードに劣りますが、通信量が実質無制限というのが大きいでしょう。

実質」と呼ばれているのには理由があり、いくらでも使い放題なわけではありません。

3日間で合計10GB以上利用してしまうと、制限を超えてしまった日の翌日18時ごろ~翌2時ごろまで最大1Mbps程度まで通信速度が制限されてしまいます。

たとえば、1/1~1/3の3日間合計で10GB以上になってしまったら、翌日1/4 18時ごろ~ 1/5 2時ごろまで最大1Mbps程度まで通信速度の制限が発生します。

制限を受けているにもかかわらず、直近3日間の合計で10GBを下回らない場合は速度制限が続きますので、1日で大量の通信をしてしまった場合には、翌日から通信を控えていても3日間我慢するしかありません。

  • 通信が実質無制限(1日平均3.33GB)で使える
  • ムダなオプション料金はかからない
  • モバイルルーターでテザリングすれば複数台で同時利用も可能
  • ハイスピードプラスエリアモードに比べて遅い
  • ハイスピードプラスエリアモードに比べて不安定になりがち
  • WiMAXの電波は建物奥だと弱いことがよくある

縛りのない業者も存在する

いくら通信量が実質無制限でも、WiMAXで2年縛りだの3年縛りだの、契約期間が定められていては意味がないと感じる方もいるでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W06 UQ WiMAX モバイルルーター

(C)UQ Communications Inc. all rights reserved.


出典:UQ WiMAX公式サイト

モバイルルーターは非常に便利で、使いこなせばギガ放題プランを1人で使うのではなく複数人で使うこともできますが、たしかにもっといいサービスが出たときに不便なこともあります。

そんな不安を解消してくれるのが、縛りなしWiFiという業者です。

縛りなしWiFiとは

縛りなしWiFiとは、その名のとおり2年や3年といった契約期間の縛りがありません。


縛りがありのプランも用意され、より安く利用できるようになっていますが、契約期間に不安を持っているのであれば「縛りなし」のプランを選択するのが吉でしょう。

月額3,300円で使えますので、最低1か月という超短期間の制限さえクリアできれば、月額料金も安くWiMAXを使えてしまいますので「最新機種にこだわらない」のであれば非常におすすめできます。

料金やシステムは同じでソフトバンクの電波を使うコースを選択することもできますが、WiMAXが3日で10GBのところソフトバンクだと1日3GBのため、WiMAX最強説にブレはありません。

カウントフリーよりWiMAXが最強な理由

格安SIMでよく見かける「カウントフリー(データフリー)」というサービスですが、使い方によっては勝るものの、多くの場合にWiMAXに劣ります。

たとえばBIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションですが、動画ならば「YouTube」「YouTube Kids」「AbemaTV」「U-NEXT」に対応しており、音声SIMなら480円、データSIMなら980円でつけることのできるオプションサービスです。

3GB以上のプランで利用できますので、オプションを付けたときの最安値はデータSIM月額900円(3GB)プランにエンタメフリー・オプション980円で月額1,880円とWiMAXより安く勝っているように見えます。

しかし動画を対象のサービスでしか見ないのならばBIGLOBEモバイルにすべきですが、どのサービスか気にせず使うのであれば、断然WiMAXです。

カウントフリーには「対象のサービス」や「対象サービスでも使い方」が設定されているため、自由度が大きく落ちてしまうわけです。

もし月額1,880円の組み合わせで、カウントフリー(データフリー)対象外のサービスを使うとなると、月間3GB以内に抑えなければなりません。

とてもじゃないですが、動画を見るのに向いているとは言えませんね。

速度制限が緩い

WiMAXで通信速度の制限に引っかかってしまっても、1Mbps程度まで落ち込んでしまうだけで、YouTubeを通常画質で見られる程度は確保されています。

当然電波であるため、速度が遅かったり途切れてしまったりすることもあります。

同じBIGLOBEモバイルでもドコモかauの回線ではなくWiMAXの回線を使っているBIGLOBE WiMAX 2+キャンペーンがありますので、カウントフリー(データフリー)対象サービスだけを使うのでないならば、WiMAXサービスで契約したほうがいいでしょう。

通常、カウントフリーが用意されている回線だと速度制限を受けると128kbpsまで急激に速度が下げられてしまうのですが、WiMAXはYouTubeも見られる余裕がある1Mbps!

しかも18時から翌2時までという、夕方から深夜にかけてだけ制限されますので、日中はたとえ制限を受けている期間でも、速度制限なく利用することができます。

カウントフリー対象サービスばかり使うならば格安SIMの方がお得ですが、スマホで動画を見ることを念頭に置くならば、WiMAXの方が安心して利用することができるでしょう。

\BIGLOBEモバイルのカウントフリーって?/

格安SIM+WiMAX/低容量プラン+WiMAXが最強な理由

携帯大手で通信容量制限のあるプランを使っているのならば、段階制の低容量プラン+WiMAX、格安SIMなら最低容量契約+WiMAXが最強です。

その理由は、WiMAXならば実質無制限で通信ができる(1日平均3.33GBという大容量)メリットを持っているからです。

しかもその制限を超えてしまい速度制限にかかってしまっても、よくある128kbps制限ではなく1Mbps制限ですので、非常に使いやすい!

さらには速度制限を受けるのは18時から翌2時という時間帯であるため、夕方から深夜にかけて使う方なのに使いすぎを起こし続けていなければ、さほど問題にはなりません。

セッションを切らない(つなぎっぱなしにしている)と、翌6時ごろまで速度制限を受けたままになってしまうことがあるため、接続し直しする必要はあります。

気になる通信速度

制限を受けにくくするためにはハイパフォーマンスモードを使わねばならないため、通信速度は下り最大 558Mbps/上り最大 30Mbpsです。

ただ首都圏や大阪の一部エリアしか558Mbpsには対応していないため、サービスエリアのマップを確認してピンク色のエリアのとおり、下り最大440Mbpsのエリアが多数になっています。

またベストエフォートと呼ばれる形式でWiMAXも提供しているため、携帯大手3社や光ファイバー同様に、利用場所や時間帯によっては速度が伸び悩むこともあります。

それを調べるためにはTry WiMAXという貸し出しサービスがあり、自宅や外出先で使いにくい場所がないか調べることができるわけです。

月7GB以内しか使わない場合は?

月間7GB以内しか使わない場合は、WiMAXを使うならば速度も安定性も桁違いな、au 4G LTEを併用するハイスピードプラスエリアモードを利用すべきです。

しかしWiMAXのモバイルルーターを別に導入するとなると、月額4千円前後必要となり、いまお使いの格安SIMや携帯大手のプランを7GBにするより高くなりがちです。

動画をよく見る方はWiMAXに多くのメリットがあり最強なのですが、たまにしか見ない方にとっては損をする可能性も多く、万人におすすめできるものではありません。

動画にもよりますが、HD画質でYouTubeを見た場合、約13時間で10GBに達します。

もちろんほかのSNSやアップデートの通信なども行っているため、ハイパフォーマンスモードの制限に引っかからないためには、見られる時間がもっと減ってしまいます。

当然月間7GB以内に抑えようとすれば、もっと見られる時間は減ってしまいますので、スマホでちょくちょく動画を見る方は7GBではとても足りませんね。

画質を下げれば同じ容量でももっと長い時間、動画を見ることができます。
しかしスマホアプリで大型のアップデートがあった場合や新規インストールする場合、100MB~1GBを超えることも珍しくないため、現時点であまり通信しておらず、今後も使い方が変わることはほぼないと確信が持てないと危険です。

複数のキャンペーンから選べるWiMAXの最強っぷり

UQ WiMAXのサービスを基本として、WiMAXは格安SIMのようにいろいろな業者がサービスを提供しています。

電波はUQ WiMAXのものを利用しますので、どの業者を選んでもエリアに差は生まれませんが、月額料金やキャッシュバック額、契約時に選べる端末に差が出てきます。

どの業者が一番お得なのか、実際に見ていただいたほうが早いでしょうか。

hi-ho WiMAX

キャッシュバックと月額割引どちらにするか選択することができ、3年間の利用総額で最大82,230円お得に利用することができるのがhi-ho WiMAXです。


月額料金は2,980円からになっており、業界でもかなり安い部類に入ります。

ただしこの料金は月額割引を適用し、かつ1か月~5か月目の料金であるため、6か月目以降の料金はやや値上がりします。

hi-ho WiMAXを長期間使うつもりであれば、キャッシュバックより月額割引を適用させておいたほうが、お得に利用できるよう設計されていますよ。

\月額2,980円から利用可能/

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは高いキャッシュバックが特徴で、最大37,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。


キャッシュバック額は選択するモバイルルーターや購入時期によっても異なりますので、お目当てのモバイルルーターでキャッシュバックが大きいときに申し込むといいでしょう。

2019年6月末までのキャンペーンだと、型落ちのSpeed Wi-Fi NEXT W05本体のみを選択すると、最大額受け取り可能対象になりますね。

ただキャッシュバック額が大きいぶん、月額料金がUQ WiMAXよりは安いですが、やや高い傾向にあります。

\最大37,000円キャッシュバック!/

UQ WiMAX

UQ WiMAXはWiMAX本家の業者で、最も標準的なサービスを提供してくれます。


UQ Flatツープラス ギガ放題の月額料金は、割引込みで4,380円、利用開始から最大3か月間は3,696円というわかりやすい料金体系になっています。

月額料金の割引率やキャッシュバック額が他社より大きいわけではないのですが、本家の安心感と、何より「口座振替対応」という点が嬉しいですね。

クレジットカードを持っていなくても契約が可能ですので、現金主義の方やどうしてもクレジットカードの審査に通らない方に向いています。

\口座振替でも利用可能/

BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+は割引・キャッシュバック・支払い方法、いいとこ取りをしているサービスを提供しています。


月額料金割引を選べば、Flatツープラス ギガ放題(3年)の場合、36か月間3,800円37か月目以降が4,380円

キャッシュバックを選べば最大61,750円のキャッシュバック(キャッシュバック23,00円+36か月の値引き38,570円)が受けられます。

口座振替にも対応しておりUQ WiMAXよりお得に利用することができてしまいますが、年会費永年無料のエブリプラスのようなクレジットカードを持てるならば取得してから申し込むと、特典を取り逃しにくく、クレジットカードのポイントも貯まりやすくおすすめですよ。

\いいとこ取りするなら/

持ち運びモバイルルーターならWiMAX最強!

スマホで動画を見るためにモバイルルーターを持ち運ぶのであれば、速度制限が実質無制限で、仮に引っかかってしまってもその制限が非常に緩いWiMAXが最強です!

ただひと言でWiMAXと言っても、本家UQ WiMAX含めいろいろな業者がありますので、ご自身にあった割引やキャッシュバックなど特典を得られるところを選びたいですね。

ジャム君は縛りなしWiFiで、新規にもっといいサービスが出たときに、すぐ乗り換えられるのがいい気がしますけど、ほぼ100%長く使うなら大きなキャッシュバックや割引も視野に入れたいです。

当然ですけど、スマホですでに使い放題系のプランを契約されている場合、わざわざWiMAXを使う意味は薄くなってしまいます。

何より料金を二重に払わねばならず、超高くなりますからね……

ただ格安SIMに乗り換えて、WiMAXと組み合わせるという考え方はありでしょう!

動画は長い時間見ていると、標準画質でも結構な容量を使ってしまいますので、うまい料金の組み合わせを考えてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モバイルルーター
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ジャム君をフォローする
アニメティップ情報館 アニメ解説&考察&感想フロア

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました