転生したらスライムだった件2期3話(転スラ27話)の考察&感想!ガゼル・ドワルゴの怪談

転生したらスライムだった件 第2期 第1部 転スラ2期 リムル・テンペストのスピーチに対するガゼル・ドワルゴの評価が当たる 短すぎる、謙りすぎる、情に訴えかけすぎる 転生したらスライムだった件(第2期)
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

転スラ第2期 第1部担当のジャム君です。

転生したらスライムだった件2期3話(転スラ27話)の考察記事を読みに来ていただいて、タイトルが「ガゼル・ドワルゴの怪談」となっており、「会談」の間違いではないかと思ったかもしれませんが、変換ミスではありません、正常です!

転スラ27話ではガゼル・ドワルゴと会談したリムルでしたが、会談だけに怪談とも言えるガゼル王の発言に注目!

前回はテンペストでのリムルがブラック企業の社長のようだったので、夜の蝶で一息つくのもご愛嬌。

ではでは、前置きはこのあたりにしておき、転生したらスライムだった件2期3話(転スラ27話)の考察を始めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガゼル・ドワルゴとの会談

前回、武装国家ドワルゴンのガゼル・ドワルゴに会いに来たリムルたち一行でしたが、転スラ27話ではリムルたちがなぜドワーフ王のガゼルに会いに来たのかが描かれました。

そう、リムルはもちろん遊びに来たのではなく、仕事としてドワルゴンに向かったのでしたよね。

蒸留酒の売り込みに来たリムル

カリオンが王を務める獣王国ユーラザニアの使節団としてリムルたちの国、ジュラ=テンペスト連邦国と国交を結び、お酒を作るための果物をユーラザニアから回してもらう約束を取りつけたリムル。

果物と酒との交換条件ということで、取引レートがわからないリムルは商人のコビーを呼びつけ交渉に当たらせたわけですが、交渉は順当に行われ、ユーラザニアからテンペストに、果物が潤沢に回るようになったと考えられます。

そこで生産が多くできるようになる予定の蒸留酒を、ドワルゴンにも売り込みに来たというお仕事なわけです。

決して夜の蝶目的ではないのですよ、奥さん!

転生したらスライムだった件 第2期 第1部 転スラ2期 ガゼル・ドワルゴに飲ませる酒 リムルの売り込み

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会


出典:転生したらスライムだった件 第2期 第1部/1月26日放送/TOKYO MX

ガゼルに飲ませる美味い酒を作れたからこそ、転スラ27話でガゼルと会談し、ドワルゴンに向けてリンゴで作った蒸留酒の売り込みに堂々と来られるんですよね。

成果を上げたわけですから。

ドワーフ王のガゼル・ドワルゴが美味いと絶賛するのですから、いくら外交の場でお世辞が何割か入っていても、「ファルムスから輸入しているどの酒よりも美味い」というのは本当の話なのでしょう。

ファルムス王国には悪いですが、ドワルゴンの王であるガゼル・ドワルゴが「お前たちの国の酒のほうが美味い」と言うならば悪い気はしませんし、もともと取引する気で来たリムルでなくとも、