オーバーロードⅡ(2期)3話の解説&感想!蜥蜴vsアンデット軍団開戦

オーバーロードⅡ アンデット オーバーロードⅡ
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

みなさんこんにちは。
オーバーロードⅡ担当のtetsuです!

前回はアインズ率いるアンデット達に立ち向かうべく緑爪(グリーンクロー)のザリュースが、朱い瞳(レッドアイ)の長クルシュとの同盟に成功し、竜牙(ドラゴンタスク)の長ゼンベルと対峙した所で終わりました。

トカゲ編もいよいよ佳境に差し掛かってきましたね!

本日はアニメ版ではカットされた細かい部分などの解説などをしていきたいと思います!

本記事にはネタバレを含みますのでご注意下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ザリュース対ゼンベル

力こそ正義と主張するゼンベルとの決闘が始まりました。

オーバーロードⅡ ゼンベル
出典:オーバーロードⅡ/1月24日放送/TOKYO MX

戦闘の最初、ゼンベルはハルバードで戦っておりましたが突然武器を捨て右手が赤く光り、ザリュースの身体を裂きました。

ゼンベルのクラスは修行僧(モンク)だったのです!

原作でのゼンベルの能力は、モンクLv10、ファイターLv1など合計Lv18となっており、槍や剣などの武器で戦うより自分自身の爪や牙(アイアン・ナチュラル・ウェポン)をモンクのスキルで強化して戦う方が得意だったということですね。

しかし、武器を捨てた事によりフロストペインで受けに回ったザリュースと相性が悪くなり、結果、腕が凍えてしまい戦えなくなって敗北を認めてしまいました。

フロストペイン:刀身に冷気を宿すことで、切り裂いた相手に追加で冷気によるダメージを与える。副次効果として、武器を交えた相手にも多少の冷気ダメージを送り込む力を持っている。

ザリュースがフロストペインを持っていなければ勝っていたのはゼンベルだったのかもしれないですが、ゼンベル曰く「前のフロストペインの持ち主より強い」と言っているので、やっぱりザリュースの方が強かったかもしれませんね。

ゼンベル・ググー

アニメではあまり語られていなかったゼンベル・ググーについて少し解説。

ゼンベルは元旅人で、ゼンベルの胸にもザリュースと同じ旅人のマークがあります。

ゼンベルが旅に出た理由は、『前のフロストペイン持ち主にやられてショックを受け、強くなりたいから旅に出た』という理由で、同じ旅人でも飢餓で苦しむ部族を救うという使命で旅に出たザリュースは少なからずショックを受けたみたいです。

そして山の中で山小人(ドワーフ)と出会い、ザリュースとの戦闘初めに手にしていた長槍ハルバードをもらったが、ゼンベルはモンクだったため、あまり使い道がなかったとも言えます。

アンデット軍隊の進軍

5つの部族が集まり一致団結した所で遂にアンデット軍隊がトカゲ達に襲いかかってきました。

トカゲ部族1000に対して相手のアンデットは3000

オーバーロードⅡ アンデット
出典:オーバーロードⅡ/1月24日放送/TOKYO MX

状況は苦しかったですが、優秀なザリュースが中心になって部隊を指揮をしアンデット達を各個撃破していきます。

アンデット軍団敗北の危機

トカゲ側が優勢になって、コキュートスは『負ける』と直感しデミウルゴスに相談しました。

しかし、ここでデミウルゴスから『アインズ様は本当に勝利をお望みなのかね?』と思わぬ一言が飛び出てきました。

デミウルゴスはナザリック内で一番の切れ者で、今回低下位のアンデットのみで構成された部隊でトカゲ部族を襲撃した理由を察し(深読み)、アインズの思惑をコキュートスに伝えようとした所でエントマに報告され通信を切られてしまいました。

ここでコキュートスは初めて命令の真意に深く考えを巡らせて行くことになりますが、時はすでに遅く最後の切り札であるエルダーリッチのイグヴァに進軍指示を出しました。

切り札のイグヴァは普通のエルダーリッチとは違い、アインズ自ら作り出したアンデットであり、普通のものより能力値が高い強化エルダーリッチなのです。

ザリュース対イグヴァ