オーバーロードⅡ(2期)2話の解説&感想!ザリュースの決断と蜥蜴部族の争い

オーバーロードⅡ トカゲ部族 オーバーロードⅡ
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

おはよう&こんにちは&こんばんは!
オーバーロードⅡ担当のtetsuです!

各地で大雪や寒波に見舞われて厳しい日が続いていますが、皆さんは体調を崩されたりしていませんか?

この時期はインフルなども流行っていますので体調管理はしっかりしていきたいですね!

さて先週のオーバーロードⅡは各国の情勢と、魔王アインズ軍がトカゲ集落に宣戦布告した所で終わりましたね。

オーバーロードⅡ(2期)1話の解説&考察!ツアーの本当の狙いは?
初めまして!オーバーロードⅡの担当になりましたtetsuです。 オーバーロード第2期ということで遂に放送が始まりました! 第1期では、VRMMORPG『ユグドラシル』のサービス終了と同時にゲーム内プレイヤーとなってしまうモモンガ。 ギルド「...

絶対的絶望を宣告されたトカゲ達…この状況からどう対処していくのでしょうか…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宣戦布告された5つの部族

元々は7つの部族が存在していたが、数年前にトカゲ集落周辺で不漁による食料困難に陥り、各部族同士の争いが勃発しました。

オーバーロードⅡ トカゲ部族
出典:オーバーロードⅡ/1月17日放送/TOKYO MX

緑爪(グリーンクロー)・小さき牙(スモールファング)・鋭き尻尾(レイザーテイル)対、黄色の斑(イエロースペクトル)・鋭剣(シャープエッジ)が争った結果、黄色の斑と鋭剣が壊滅し、その生き残りが竜牙(ドラゴンタスク)に吸収されました。

なので現在残っている部族は5つの部族という事になりますね。

同盟の障害になりそうな2つの部族

ザリュースは今回、全部族が協力しないと生き残れないと直感しました。

が、かつての同盟相手小さき牙・鋭き尻尾は問題なく協力してくれると考えているが、問題は交流がない朱の瞳(レッド・アイ)と、かつて滅ぼした黄色の斑と鋭剣の生き残りがいる竜牙(ドラゴンタスク)です。

戦を好むといわれている竜牙が数年前の戦争に参加しなかった理由は、単に口減らしのためだけの戦争に魅力を感じなかっただけなのか、それとも自分達の正義のない戦はしない主義なのでしょうか。

最後の竜牙族長ゼンベルの気さくな性格を見ると、案外良い部族なのかもしれませんね!

生き残るための選択

戦士階級10、狩猟20、祭祀3、オス70、メス100、子供若干名、食糧事情なども考え、以上の数だけを逃がすと決めたシャースーリューとザリュース。

ザリュースはトカゲ族四至宝の一つ、フロストペインを持っており、(トカゲ族基準で)決して弱くもなく臆病というわけでもないでしょう。

むしろ2話の内容を見る限りでは誰よりも聡明に見えますよね。

そんなザリュースが今回はダメかもしれないと思うほどの相手、もはや並のトカゲじゃ相手にならないという事がザリュースの様子から見て取れますね…。