オーバーロードⅡ(2期)1話の解説&考察!ツアーの本当の狙いは?

オーバーロード ツアー オーバーロードⅡ

初めまして!オーバーロードⅡの担当になりましたtetsuです。

オーバーロード第2期ということで遂に放送が始まりました!

第1期では、VRMMORPG『ユグドラシル』のサービス終了と同時にゲーム内プレイヤーとなってしまうモモンガ。

ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」本拠地ナザリック地下墳墓内の意志をもったNPC達と転移された世界を調査するため、モモンガはアインズ・ウール・ゴウンと名乗り各地へ暗躍していく。

だが、途中シャルティアがワールドアイテムによって精神支配されてしまい、アインズはシャルティアを討伐。

シャルティアはすぐに蘇生されるのだが、アインズはこの事件で自分の見通しの甘さを恥とし、犯人に復讐を誓うと共にナザリック強化のため蜥蜴一族の集落に襲撃かけようとする所で1期が終了しました。

2期からはどのような展開を繰り広げられていくのか、要チェックです!

若干のネタバレ要素も含みますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

ギルド武器・ワールドアイテムとは何か?

ツアー(ツァインドルクス=ヴァイシオン)がリグリットに『ギルド武器に匹敵するアイテムとユグドラシルのアイテム(おそらくワールドアイテム)の情報収集』を依頼していました。

オーバーロード ツアー
出典:オーバーロードⅡ/1月10放送/TOKYO MX

ツアーは白銀の鎧でシャルティアと対峙し、リグリットに依頼しましたが、危機感を覚えての行動というのが本当の狙いと思われます。

ツアーとリグリットの関係

ドラゴンと人間が親しげに話している異様な光景ですが、実は二人は200年前に共に魔神達の討伐で一緒に戦った仲間なのです!

ツアーはドラゴンの姿のままではなく、白銀の鎧を遠隔で操作してリグリット達と共に旅をしていたとされています。

白銀の鎧を遠隔操作したままシャルティア(武装前)と互角に勝負出来ていた事から、ドラゴン状態時での強さは未だ不明ですが、おそらく最強クラスの力を保有しているのではないかと思いますね!

ギルド武器

VRMMORPG『ユグドラシル』のギルドに一つだけ所持を許されたアイテムの事です。

スタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウンなどがギルド武器にあたります。

性能はワールドアイテムに匹敵するが、ギルド武器が破壊されるとギルドも崩壊してしまうため、アインズは普段は持ち歩かずに第8階層に厳重に秘匿しています。

ワールドアイテム

ユグドラシル内のアイテムの中でも特別な力を持つアイテムです。

総数は200種類、それぞれ固有の能力を保有しており、一つ一つがゲームバランスを崩壊しかねない性能をもっています。

そのワールドアイテム内でも使い切りだがとても強力な『二十』と呼ばれるのものがあります。

使用者および標的の完全抹消するロンギヌス、運営へのシステム一部変更の要求できる五行相克、無限に成長する武器ワールドセイヴァー(成長次第では単騎で全盛期のナザリックを陥落出来る)など常軌を逸した能力をもっています。

ナザリック地下大墳墓周辺の国々

エ・ランテルより世界地図?を入手してきた事により、ある程度の周辺国の場所を把握する事が出来たようですね。

オーバーロード 地図
出典:オーバーロードⅡ/1月10放送/TOKYO MX

そこで完結に各国々を簡潔に紹介していきたいと思います。

リ・エスティーゼ王国

王派閥と貴族派閥の対立しており内政が上手くいってない様子。

隣国のバハルス帝国と小競り合いを繰り返し、その影響で国力がどんどんと下がっていっています。

その状況に頭を抱えている、国王とガゼフ…。

第2期ではOPの映像から、王国の話がメインで展開していくと思われますので今後王国がどのようになって行くのか見所です!

スレイン法国

人間に対する六大神の加護を基礎として建国された宗教国家。

亜人の掃討など人類にとっては守護神的な存在である。

シャルティアを精神支配したワールドアイテム保有する国だが、本来はシャルティアに使う予定ではなく、破滅の竜王『カタストロフ・ドラゴンロード』を支配下に置くために出撃したのだが、運悪く暴走シャルティアに遭遇し止む無くワールドアイテムを使用したみたいですね。

法国側にとっては完全に事故なだっただけなのです…。

バハルス帝国

リ・エスティーゼ王国と毎年の用に小競り合いを繰り返し、王国を疲弊させ併呑を狙っているようですが…。

平和な蜥蜴集落にナザリックの魔の手が!?

アインズはより強力なアンデッドを生み出せないか試すため、次の標的となった蜥蜴一族

しかし、今回の作戦はアインズ自らが指揮せずコキュートスに全て一任する事に。

オーバーロード 蜥蜴
出典:オーバーロードⅡ/1月10放送/TOKYO MX

そして平和そうに魚の話をしている蜥蜴兄弟の元に突如、空が暗くなり暗黒雲から魔物が現れて絶望を宣告していく…。

蜥蜴側からしたら恐怖でしかないですよね…。

蜥蜴一族の命運はいかに!?

オーバーロードⅡ(2期)1話の感想

色々な伏線が散りばめられた1話となりました!

番外次席、ツアーとリグリット、ラナー王女とクライン、そしてコキュートス総指揮での蜥蜴集落への襲撃。

次の話がとても気になる構成で30分があっという間に過ぎていました。

個人的には原作でもあまり語られていない番外席次(cv:田村ゆかり)のシーンをもうちょい増やして欲しかったかなと思いました。

もっと語りたい事がたくさんありますが今回はこの辺で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オーバーロードⅡ
スポンサーリンク
関連記事とスポンサーリンク
スポンサーリンク
tetsuをフォローする
アニメティップ情報館 解説&考察&感想フロア(本館)

コメント