俺が好きなのは妹だけど妹じゃない3話の考察&感想!パンチラ涼花は動じない

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 永見涼花 体育座り パンチラ 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

アニメ俺が好きなのは妹だけど妹じゃない、通称いもいも3話になったら、妹の永見涼花ながみすずか変態さんに進化した!

パンチラ大好きジャム君です。
パンモロでもいいです。

氷室舞ひむろまいとアヘ顔Wピース先生のコスプレもよかったなぁ。

ジャム君の好み的には、ファンタジー寄りの舞のコスプレかな。

まあそんなこと言ってると、Twitter任せてる部下のマリコに怒られるんですけど。

前回は大きく作画崩壊し、話題沸騰だったいもいも2話。
ネットでも、その話題でもちきりでしたね。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない2話の解説&考察!タイトルが指す人物とは
アニメ俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(いもいも)2話も、アヘ顔Wピース先生はぶっ飛んでますねぇ。 氷室 舞(ひむろ まい)まで加わり、今週は荒れ模様のいもいも。 前回は、「お兄ちゃんのことが好きすぎて困ってしまう妹の物語です。...

笑いは取れていたので、悪い意味ばかりじゃないと思います。

3話はどうなるのかと不安でもあったのですが、若干怪しさは残るものの、前回ほどじゃない。

むしろ前回で慣れたのか?
それはそれで困るぞ!(笑)

じゃあ、真面目に俺が好きなのは妹だけど妹じゃないの考察進めていきましょう。

スポンサーリンク

またも作画ミス? 消えるビスチェ

3話で涼花が着ているかわいいビスチェ。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 永見涼花 ビスチェ
出典:俺が好きなのは妹だけど妹じゃない/10月25日放送/TOKYO MX

紺色の洋服ね、ビスチェって。

キャミソールと何が違うのか、よくわからないんですけど、たぶんビスチェってタイプの服のほうなんじゃないかと思います。

いやいや、キャミソールでしょ!」というご意見あれば、キャミソールとビスチェの定義コメントで教えてほしいです。

で、ここで問題となるのは、腰部分まであるのが正常だと思うんですが、兄の祐の前に立ってパンチラ講義を受けていたときのワンシーンで、ビスチェが一部消えているんです。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 永見涼花 ビスチェ 消える
参照:俺が好きなのは妹だけど妹じゃない/10月25日放送/TOKYO MX

ね? 消えちゃったでしょ(爆)

ただ涼花が腕で胸の位置までまくり上げた、という線も無きにしもあらず。

でもビスチェの構造的に、まくり上げるって難しいと思うんですよね。

結構体のラインに沿ってピッタリくっついている服ですし。

しかも次のシーンでは背中が写っていますが、ちゃんとビスチェが腰までありますから、完全にお腹側だけまくり上げたことになりますし……

やっぱりここも、前回に続き作画崩壊というか作画ミスのワンシーンの続きなのでしょうかね。

ただ、いもいも3話になってから、たまに落ち着きがないことはありましたが、涼花の顔が大きく作画崩壊することはなくなり、安定感がでてきましたね。

4話以降もこれ以上に安定した映像だと嬉しいですねぇ。

パンツのシワなんて妙にリアルでしたし、前回に続いて力の入れ方が偏ってるんですよ(爆)

おっと、ジャム君がこのシーンをリピートしまくってたのは、マリコには秘密ですよ。

Twitterで怒られちゃいますからね……

涼花は本当にパンチラの意味を知らなかったのか

涼花すずかゆうに、篠崎さんから受けた2巻に入れるサービスシーンとして「パンチラ」を要求されたようですが、その意味を聞きに祐の部屋に来ていました。

涼花は女の子ですよね? 男の娘ってオチはないですよね?

本当にパンチラの意味を知らなかったのでしょうか。

いささか疑問が残る展開です。

不審点

祐からパンチラの意味を聞いて顔を真っ赤にしていた涼花でしたが、いざ体育座りを命ぜられ顔を背けられると、こんなことを言っていました。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 永見涼花 パンチラ 不審点
出典:俺が好きなのは妹だけど妹じゃない/10月25日放送/TOKYO MX

祐「協力するとはいえ、ジロジロ見るのはやっぱ違うだろ」
涼花「ですが、パンチラは見る人がいないと成り立たないのではないですか?」

まあ、教えてもらった言葉の意味を考えるだけでも、たしかにそのとおりなのですが、そんなに飲み込みがよく優秀な妹なのであれば、お年ごろなんですしパンチラの意味くらい知っていそうなものです。

というか、自然と気になるようになりませんか。

そりゃ、涼花が大好きなお兄ちゃんを前にしているからこんな対応なんであって、学校で好きでもなんでもない男子の前だったら、鉄壁ガードな気もするんですけど。

祐に見えても動じない

体育座りをして、祐にパンチラどころかパンモロ状態になっていても、動じる様子のない涼花。

これじゃ、ただの変態さんですよ!

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 永見涼花 体育座り パンチラ
出典:俺が好きなのは妹だけど妹じゃない/10月25日放送/TOKYO MX

冷静にパンツが見えている状態を分析してどうする……

そりゃ2巻の参考になるのかもしれませんけど、参考にしたいのは「パンチラの意味」や「パンチラが発生するシチュエーション」ではなく、「パンチラをすることによる祐の反応」が見たいように思えます。

だからこそ、目をそらした祐に対して、「見る人がいないと成り立たない」と言ったのではないでしょうか。

とすれば、やはり涼花は、もともとパンチラの意味を知っていたか、知らなかったとしても篠原さんに指示され、ネットで調べて意味を理解していたと考えるのが自然でしょう。

寝顔にキス? エスカレートする涼花の行動

いもいも1話から涼花は1人のときにはふだん見せない行動をしていましたが、3話になってエスカレート

ついに原稿執筆に付き合ってくれ途中で寝てしまった祐に、キスをしていました。

これは3巻の取材の一環なのか、それとも自分の欲求を満たしたかっただけなのか、次回からの展開も気になるところですね。

これからも毎週サービスシーンあり?

そういえば今週は例のプロップなしだったのですが、これからも毎週サービスシーンとして何らかのカットが入ってくるんでしょうかね。

わざわざエンドクレジットにまで特別に名前がついて入っていたほどなんですから、期待していていいですよね!

いもいも3話でだって、涼花、舞、アヘ顔Wピース先生3名のサービスシーンがありましたし、篠崎さんも意外と積極的にサービスしてますからね。

まだ出番の少ない江坂さんも1話でサービスありでしたし、次週あたりまた出てくるのかな? 予告してたし。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない3話の感想

サービスシーン満載のいもいも3話!

これはもう、DVD/Blu-ray補正に期待が高まります。

[PR]

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない Vol.2 [Blu-ray]
畠中祐
¥ 5,619(2018/11/19 16:37時点)
新進気鋭の作家・恵比須清司が綴る、ファンタジア文庫の人気作をアニメ化! 不器用な兄妹がラノベで繋がるラブコメディ!

そして、コスプレ衣装を持ち込んだアヘ顔Wピース先生は、最初お手洗いを借りていましたが、これは同人もやっている作家の意識の違いかな?

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 氷室舞 アヘ顔Wピース先生 コスプレ衣装
出典:俺が好きなのは妹だけど妹じゃない/10月25日放送/TOKYO MX

ふつうなら、涼花の部屋を貸してもらいますからね。

お手洗いという狭い個室で着替えちゃったのは、驚かせたかったというのもありそうですが、もう個室でコスプレするのがWピース先生に染み付いちゃってる感じがします。

それにしても、いもいも2話ほど作画崩壊していなくて安心しましたよ。
また同じ状態だったら、泣いちゃいました。

なかなか現場は大変だと思いますが、頑張っていただきたいですね。

次回もサービスも、サービスも期待しています!

コメント