ノー・ガンズ・ライフ1話の解説&考察&感想!その男、頭が銃で仕事は子守

ノー・ガンズ・ライフ ヒュンケ・ファウスト ノー・ガンズ・ライフ
(C)カラスマタスク/集英社・NGL PROJECT
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

面妖めんような見た目の主人公がまず目についた『ノー・ガンズ・ライフ』の1話。

彼をみて思い出すのが映画○棒リ○ルバー・○ラゴンかで世代がバレます。柴犬侍です。

拡張者エクステンドという名の、身体改造を施されたサイボーグを取り巻く大企業の闇。

それに巻き込まれ、問われるプロフェッショナルの流儀。

重く冷たくヤニ臭く、口代わりの背中と引き金、決めるところは全力で決める。

うーん、実にハードボイルド

第1話の放送は堅実な仕上がりで、「まず見たい」と思ってたものが概ね詰まってました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

舞台となるスラム街

ハードボイルドといえば治安の悪さ。(偏見)

本作の主な舞台となるであろうスラム街も、暴力沙汰が後をたたないようである。

ノー・ガンズ・ライフ べリューレン社

(C)カラスマタスク/集英社・NGL PROJECT


出典:ノー・ガンズ・ライフ/10月11日放送/TBS

そんな街で、家出した子供のお守りなどを請け負いながら生活しているのが本作の主人公、「処理屋」乾十三いぬいじゅうぞう

業務内容はトラブル処理全般で、いってみれば用心棒みたいなものだから、腕っぷし一つで切り盛りしてる感じ。

ノー・ガンズ・ライフ第1話では、知り合いのバーで暴れてる連中を追い出す様子が描写されていた。

十三は見ての通り頭部全体がリボルバーという異形だが、どうやらこれでも元は人間だったようだ。

彼をこのような姿に改造したのが、本作の世界観の根幹を担うスラムのランドマーク、超巨大企業のべリューレン社である。

べリューレン社と拡張者(エクステンド)

プサイΨみたいな社章が目印のべリューレン

スラムの治安悪化の要因の一つは、ここの開発した身体機能拡張技術にある。

ノー・ガンズ・ライフ 一般拡張者

(C)カラスマタスク/集英社・NGL PROJECT


出典:ノー・ガンズ・ライフ/10月11日放送/TBS

腕をロボットアームのように改造したり、片目を義眼にして視覚を強化したり。

元々医療用だったものを軍事転用したのか、あるいは戦後になって一般に流通させたのか、はたまた現在は開発中止になっているのか、現時点では定かではないが、いずれにせよ身体能力の強化された退役軍人が浮浪者として街に溢れかえり、社会問題化したというのが事の経緯らしい。

戦争特需で急成長したモノリスみたいな本社が、お膝元のスラム街に文字通り影を落としているというわけだ。

2001年宇宙の旅 (字幕版)
¥400(2024/02/23 02:37時点)

身体機能を拡張された者達は拡張者エクステンドと呼ばれ、エクステンド法という特別な法律で管理される。

もちろん、十三も拡張者エクステンドの1人

しかし、どうもただの拡張者エクステンドではないようだ。