刀使ノ巫女5話の解説&考察!荒魂が生まれる瞬間と2種の荒魂探知機

刀使ノ巫女 夜見 刀使ノ巫女“胎動編”
(C)伍箇伝計画/刀使ノ巫女製作委員会
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、sumi_misakiです。
ついに追手が強敵にシフトしてきた刀使ノ巫女とじのみこ5話です。

キャラクターの復習はこちらから。

刀使ノ巫女 登場キャラクターのおさらい&御刀・流派の紹介
こんにちは、刀使ノ巫女(とじのみこ)担当のsumi_misakiです。 印象に残ったセリフ付きで、メインキャラクターを紹介します。 だれが気になりますか? もっと彼女たちの魅力を伝えられたらと、情報追加中です。 このキャラが好き、このシーン...

今まで唐突に出現していた荒魂が、今回は意外なところから発生します
好き嫌いが分かれそうなシーンですが、みなさんはどうだったでしょうか?

刀使の特色も見え始め、それぞれに自分の刀を交えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新のスペクトラム計は、機能を制限されている?

おびただしい数の荒魂に囲まれていることに直前まで全く気が付かなかった姫和たち。
その理由は、姫和の持つアナログ版スペクトラム計しか反応しなかったから。

エレン『(これは)反応なしですか。折神家から支給された最新式なのですけど…』
『やはり(本部は)真っ黒ということなのでしょうかね。』

荒魂探知機『スペクトラム計』の新旧

アナログ版:中にノロが入っていて方位磁針のような形状のスペクトラム計
ノロには結合しやすい特性があるため、近くに荒魂があると反応すると思われる。

刀使ノ巫女 スペクトラム
出典:刀使ノ巫女/1月13日放送/TOKYO MX

デジタル版:スマートフォンのような小さい液晶型のスペクトラム計
電波を受信するかのように荒魂を探知。詳細は不明。実は探知機の役割はなく、紫がその情報を流しているだけの可能性もあり。