放課後ていぼう日誌(アニメ)の用語解説!こませって何?エサを解説

放課後ていぼう日誌 コマセ 帆高夏美 放課後ていぼう日誌
(C)小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2020春アニメ放課後ていぼう日誌ですが、釣りアニメらしく、詳しく知ろうとすればするほど釣り用語が多いです。

では、アニメ放課後ていぼう日誌1話に出てきたエサ、釣り用語で言うところの「こませ」という単語は、夏海が陽渚にしていた説明で理解できましたか?

あいつ、知れば知るほど奥が深いんです。

そんな「こませ」というアイテムについて、解説していきましょう。

ジャム君は原作未読です。ネタバレなしでお楽しみいただけます。
また、ジャム君は釣りには詳しくありませんので、詳しくネタがわかる方は、ぜひコメントを残していってください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こませとは

こませとは、「コマセ」とカタカナで書かれることが多い撒き餌のことです。

撒き餌というだけあって、魚をおびき寄せるエサの役割を果たしており、うまく使えないと効果が薄くなります。

撒き餌の撒き方
引用:マルキユー株式会社|マキエの撒き方と魚のアタリ

放課後ていぼう日誌1話でも使っていたサビキ仕掛けならば、このイラストでマルとなっているようなちょうどいいエサの撒き方になってくれますが、うまく撒けないとイラストでバツとなっているように、魚が仕掛けに寄ってきにくくなるのです。

意外かもしれませんが、こませという単語は広辞苑にも掲載されるほど、使われることの多い単語になっています。

こませ
釣りで,撒(ま)き餌。また,それに用いる小魚など。

引用:広辞苑第七版

放課後ていぼう日誌では、コマセを1話の小アジ釣りで使っていました。

自分でコマセを使わずとも、自然と潮の流れでほかの釣り人のコマセが流れてくる場合もありますが、コマセは自分で撒いて自分の仕掛けに魚を引き寄せるのが基本になります。

夏海が「エサだ」と言って作っていたのが、「コマセ」という撒き餌です。

放課後ていぼう日誌 コマセ 帆高夏美

(C)小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部


出典:放課後ていぼう日誌/4月8日放送/TOKYO MX

夏海「これ?エサだよ」
夏海「パン粉オキアミと海水を、こうやってよく混ぜま~す。ほれっ!」
陽渚「くさっ!!」

マルキュー(MARUKYU) サットオキアミ
マルキュー(MARUKYU)
¥661(2024/02/23 02:26時点)