中間管理録トネガワ8話の解説&考察&感想!ネットビジネスって何だ?

中間管理録トネガワ 利根川 海老谷 マルチ商法 ネットビジネス 違い 中間管理録トネガワ

前回7話はモコ…モコ…が癖になった中間管理録トネガワ!

さて今回の中間管理録トネガワ8話ではどんな圧倒的笑いを見せてくれるのか、それとも利根川の苦労による圧倒的哀れみを感じさせてくれるのか。

ナレーションの話題やざわボイス担当が誰になるのかもそうですが、毎週楽しみでたまらないジャム君でございます。

それにしても中間管理録トネガワのざわボイスは毎週比較的高評価なのに、なんでナレーションはここまで評価が分かれてしまうんでしょうかね

以前も書いた気がするのですが、ジャム君は癖になりますし、カイジとはまた違った世界観なのがこのアニメだと思ってるので、これはこれでナレーション気に入ってます。

あんまり好きじゃないって方を否定するわけではないですよ?

感性は人それぞれでいいと思います。

だからこそ生まれる新しい世界観のアニメ作品もあるわけですからね。

スポンサーリンク

帝愛グループをやめてもサングラス?

兵藤会長の逆鱗に触れ即解雇になってしまった海老谷ですが、利根川に会うため喫茶店に呼んでいたときも、最初からサングラスをかけていました。

のちにマルチ商法の集会や拘置所、そして帝愛グループの特別調理室などいろいろな場所を回りますが、いつもサングラスをかけています。

中間管理録トネガワ 海老谷 サングラス パフェ 喫茶店
出典:中間管理録トネガワ/8月22日放送/日本テレビ

帝愛の黒服として働いており、それが制服のようでしたので全員同じ格好でもどこに行くにもサングラスでも不自然ではありませんが、黒服たち3話の社員旅行のときといい、いつもサングラスなんですよね。

海老谷はもう解雇され黒服ではありませんので、「私服でもサングラス」なんてルールがあったとしても適用されるわけもないのですが、なぜサングラスをかけているのでしょう。

拘置所でもサングラス

サングラスは眼鏡とは違いますので、実際に入ったことはありませんが(入ったことがあったら困りますが)拘置所では外さねばならないのが通例でしょう。

中間管理録トネガワ 海老谷 サングラス 小菅拘置所
出典:中間管理録トネガワ/8月22日放送/日本テレビ

拘置所に入っている海老谷の姿を見れば歴然ですが、私服ではありません。

専用の服に着替えて危険物の持ち込みや、拘置所内での首吊りなど、できるだけ起こらないよう対処しているものです。

なのに、サングラスを持ち込めている海老谷。

もしも帝愛グループの社員としてまだ海老谷が働いていたのであれば、黒服という下っ端と言えど、会長の力は絶大ですので、変な気を回してご機嫌伺いをした可能性はあるでしょう。

ですが海老谷はクビになった人間ですので、そのようなことをしても何の得にもなりません。

とすると、今回目立っていた海老谷を含め、現在も黒服として利根川の下でやその他の上司の下で働く黒服たちには、似たような別の事情があるのかもしれません。

黒服たちは病気だった?

一番濃厚なのは、黒服になる人たちが何らかの病気を抱えているという説。

病名やら実際にそんな病気があるのかは、ジャム君が医者ではないのでわかりませんが。

たとえば「光の調整がしにくく明るさにばかり弱い」「サングラスの色を通すと現実の色に近く見える」「視線恐怖症でできるだけ無駄な視線を視界に入れたくない」など、黒服も元黒服の海老谷も、何らかの病気を抱えているのではないでしょうか。

それならば拘置所でもサングラス社員旅行でもサングラス部屋の中でも夜になってもサングラス、というのに説得力が出てきそうではありませんか。

まあ…中間管理録トネガワ8話の怪しいセミナーに参加している海老谷や、高級海老を大量買いしている海老谷を見ると、ある意味病気なんですけどね(汗)

マルチ商法とネットビジネスの違い

マルチ商法だと思っていた利根川に衝撃走るっ!

海老谷が、あの海老谷が「ネットビジネスです」と周りの視線が恥ずかしそうに言ってきたじゃありませんか。

中間管理録トネガワ 利根川 海老谷 マルチ商法 ネットビジネス 違い
出典:中間管理録トネガワ/8月22日放送/日本テレビ

ただし、後にこの組織は悪質なマルチ商法をしていたということで摘発され、無罪で釈放はされましたが、一時期海老谷も小菅拘置所に入れられる羽目になってしまいました。

利根川の忠告を無視して、どっぷりハマっていたんでしょうねぇ。

さて、このマルチ商法ネットビジネス(ネットワークビジネス)というのは、意見が分かれているようではありますが、わかりやすい定義があります。

マルチ商法ネットビジネス
親に近いほど儲かる販売実績に応じて儲かる

構造自体は似ているのですが、マルチ商法は親ネズミのほうが儲かる構造になっているにもかかわらず、ネットビジネス(ネットワークビジネス)では親ネズミに近かろうと売上が悪ければ儲からない頑張らないものには収入のチャンスがないビジネスモデルです。

もちろん海老谷が引っかかったのはマルチ商法であり、子ネズミを集めている集会に過ぎません。

もうあの時点で孫、ひ孫とかなり下位にいた可能性も十分ありますが、知人をさらなる地獄に落とすことにしかなりませんので、あのような集会には参加してはいけませんし、誘われても美味しいビジネスだと勘違いしてはいけません。

言わずもがな違法な行為ですので、海老谷のようになってしまいます(笑)

まあ……トネガワの時代ならまだしも、今の時代に引っかかるのって、よっぽどの世間知らずなんでしょうね。

中間管理録トネガワ8話の感想

中間管理録トネガワ8話を目一杯使って、海老谷話ぶち込んでくるとは、思いもよらない展開!

まあ今回のサブタイトルが「海老」って時点で、海老谷が出てきそうではありましたが、ほとんど出ずっぱりじゃないですか!!

ただ限定ジャンケンはほとんど準備が整っていますし、あと大きなのは参加者かな?

そしてほかの悪魔的ゲーム。

利根川と黒服たちが会議で決定していくことはそのあたりしかなさそうですので、たまにこんなブレイクタイムな回も出てきそうですね。

なにせ2クールありますし。

ではまた次回、会えるのを楽しみにしています!

コメント