ラストピリオド(アニメ)3話の解説&感想!エンとコラボと幽霊と

ラストピリオド-終わりなき螺旋の物語- 涙目なワイズマンと驚くハル達 ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-

こんにちは。
GWが間近に迫っていますが、休日は空いた時間で溜まりに溜まったアニメをさばいていかねばと企むさぷらです。

今週の「ラスピリ」第3話は、「ひぐらしのなく頃に」とのコラボ回、「その日暮らし」でした。

原作であるスマホゲームの方でも現在、期間限定コラボイベントをしているので、ひぐらしのキャラ達や制作人まで登場するというメタメタでカオスなお話でした。

「ひぐらしのなく頃に」の原作は15年以上前に発売されたPCゲームですが、今回のコラボで待ってました! な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは第3話、今回の内容は!?

スポンサーリンク

エンカードについて

第3話冒頭で、唐突に現れました「エンカード」なるもの。

ラストピリオド-終わりなき螺旋の物語- エンカード
出典:ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-/04月26日放送/TOKYO MX

てっきり公的な機関でゼルエン換金する場所があるのかとか、それか依頼先の報酬エン or ルナストーンを貰うのかとか。

または何かの特別なダンジョンクリアエン or ルナストーンをGETするのかとか。

そんなささやかな予想をまるごとぶん投げられて、まさかのいかにもな怪しい路地裏で多額のゼルを支払って「エンカード」をGETとは。

ただでさえブラックでピリオド稼業しているハル達を更に深みにハマらせていきますね!

前回エーリカに続き、今回はカンパネルラがだと警告していましたが、もう既に手遅れ感が漂っている気がします。

それにしても、この方法でしかエンを手に入れられないのでしょうか?

というのもコールはハル達だけではなく、ワイズマンの方でもコールは行われています

それもこれまでのコールでは、全て☆5というレアな助っ人を呼び出していることと、原作のゲームシステムの演出がそのまま再現されていることを考えると、それこそエンを、それも大量に消費している可能性があります。

そう仮定すると、ワイズマン達はどうやってエンを入手しているのでしょうか?

そこはやはり、上司である謎の雇い主が出資している可能性が高いと考えられます。

前回の2話では温泉の聖地巡礼にするためのセットを用意していますし、そのプレゼンとしてワイズマン達に入れ知恵も与えていますので、その頭の良さを生かして何か大きな仕事をしている可能性もあります。

ところでですが、何故愛しのカンパネルラさんはあんな取引方法を知っていたのでしょうね~本当になんででしょうね~?

ワイズマンの行動による結果

さて、前回2話の記事で「ワイズマンとその雇い主の目的とはなんなのか」の中に、「これって邪魔をしているようでハル達をフォローしているのでは?」といった趣旨のお話をしましたが、3話ではそれが顕著な展開になっていました。

ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語- 涙目なワイズマンと驚くハル達
出典:ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-/04月26日放送/TOKYO MX

今回はハル達を出し抜いて先回りをしていたにもかかわらず、幽霊にビビって即退場

その時ハル達に事情を話しただけでなく、「あんた達も帰った方がいいよ!」前払いのお金まで置いていく始末

と思いきや気になって戻ってきた挙句、☆4☆5だらけの梨花達に対抗して☆5レナをぶつけてくるという大盤振る舞い

そして今回の諸悪の根源である村長を、リーザや他の村人達も巻き込んでみんなで仲良くボコっていました。

撤退するなら前払いのお金をそのまま持ち帰るなり、幽霊が出たと事情を説明せずにとっと帰るなりして、ライバルであるハル達の自滅を狙ってしまえばよかったのに、とっても律儀な行動です。

結果ハル達は最初の前払いのお金を依頼料に、そして屋敷の女の子から「ミラクルジャンボホープくじ」をGETしました。

ライバルとして対抗しつつも、ハル達を気遣ったり協力したりと、やはりフォローに徹しているような気がします。

ラストピリオド(アニメ)3話の感想

今回は早々にハルとガジェルが退場してしまったため、リーザが屋敷の女の子のために奔走するお話でした。

ハル達三人の中で一番怖がっていたはずなのに、責任感の強さで頑張るリーザはカッコよくて可愛かったです。

ちょこはちょこでミウをヨーヨー武器にしていたり、ピンチそっちのけで梨花との謎の意思疎通をしていたりと、相変わらずのフリーダムっぷり。

ワイズマンもワイズマンで、ポーズを取った後にいつもなら「ドーン!」となるのが、今回は屋内のせいか「ポンッ」っとなっているのが面白かったです。

来週は今回GETした「ミラクルジャンボホープくじ」のお話のようですが、タイトルの「おゼル持ち」からして、まさかまさかの大当たりでもするのでしょうか!?

それでは、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

コメント