ラストピリオド(アニメ)12話 最終回の考察&感想!ハルとちょこの関係

ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語- ガジェル ハル ちょこ リーザ ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-
(C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

みなさまこんにちは、さぷらです。

ラスピリ11話では今までにない高額な依頼からとんでもない事態に巻き込まれたハル達。

ルルナを助けるためにワイズマンが頑張る姿はカッコイイ!の一言に尽きます。

イオナがルルナと姉妹だったのは驚きでしたが、妹を気遣う様子はまさにお姉ちゃんでしたね。

そしてこの度「ラストピリオド」は最終回! 前回の続き物です。

巨大スパイラル×2を前に、ハル達はどう立ち向かうのか、必見です!

それではラストピリオド第12話最終回! 参りましょう!

今回はやっぱり、最後(ピリオド)を飾るにふさわしい主人公・ハルと、ヒロイン(?)・ちょこに焦点を当てていきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハルの本質

「ラストピリオド」の主人公・ハルは、一貫して正義感が強く、誰にでも心優しい少年という印象のキャラクターでした。

いい意味でも悪い意味でも頑固

そしてそれらを突き詰めていくと、「いい意味でも悪い意味でも頑固」という本質に辿り着きます。

これはハルにとってなによりの強みです。

思えばハルは、ライバルであるワイズマンにも、意地悪な村長達にも分け隔てなく優しく接していました。

これはハル自身の中で、「一度こうだと信念を決めたら決してそれを曲げない」という頑固な性格からなのでしょう。

しかしそれはまた、大きな弱点でもあります。

その結果5話では、まんまと「沼」に陥ってしまいました。

ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語- ハル ルナストーン 沼

(C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT


出典:ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-/06月28日放送/TOKYO MX

この時のハルは、彼の本質である「頑固さ」悪い形になって発揮された最たる例です。

ただしこれも、もともとは行き倒れていたイオナの手助けになればという、ハルのお人好しな性格から招いたことなのですよね…

何処までも心優しい少年です。

どんなこともドンマイで飛び越える!

しかしそんな極端な「頑固さ」を緩和させているのが、ハルのもう一つの本質である「精神の強さ」です。

どんなに面倒な事であっても、どんなに強いスパイラルや相手であっても、めげずに諦めずに立ち向かっていく姿はこれまで何度も描写されています。

また一度は「沼」にハマって急性コール依存症で倒れたものの、数日のリハビリで復帰していることからもその片鱗が窺えます。

もっともこれはハルにとって「お金」がさほど重要ではない、ということにも起因していますが、それについては後述で説明します。

余談ですが、ハルの本質はOPの歌にもそれがしっかりと表れています。

思いっきり転んで何回でも立ち上がれ (落ち込んでいるヒマはないyeah)
人生は短い少年よ大志を抱け (たとえくじけそうになっても)

引用:『欲張りDreamer』ハル (CV:花江夏樹) × ちょこ (CV:田村ゆかり) より

まずちょこが歌い始めて、それをハルが追いかけるように括弧()で括られている歌詞を歌っています。

[PR]

欲張りDreamer TVアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」 オープニングテーマ