ラストピリオド(アニメ)4話の考察&感想!金は切れても縁は切れぬ

ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語- 当たった宝くじに驚くハル達 ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-
(C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、さぷらです。

先週のGW、皆さまいかがお過ごしだったでしょうか? 今週もよろしくお願いします。

さて先週のラスピリ3話では、一足早い怪談とついに謎に包まれていたエンの存在が確認されたお話でした。

ただし裏取引きでカードとして入手しただけなので、コールの際どう使用して、ルナストーン購入にいくら掛かるのかはまだわからないままです。

果たして今回コールはあるのか!? それでは第4話に参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワイズマンなりのポリシー

4話まで来ると、ワイズマンなりのポリシー、つまりそれなりのこだわりや主義といった一面が少しだけ見えてきたように思えます。

お金第一主義ではない

ガジェルとリーザが依頼料の倍上乗せするとの条件に、ワイズマンも最初はヘコヘコしていましたが、ガジェル達の横柄な態度にはさすがに思う所があった様子でした。

またミザルの「ゼルを持ってもああはなりたくないものだ」といったセリフから、働いたからにはそれなりの報酬をいただく方針ではあるものの、お金そのものに固執しているわけではないという意思がうかがえます。

別に邪魔をしているわけではない

ミザル「ってお前、いつも私達の邪魔をしてた!」

ハル「ああいや、いつも邪魔してたのは君らだよね?」

ミザル「なに言ってんのかわかんないんだけど?」

これはパーティ解散後、ハルが一人で複数のスパイラルを相手にしているのをワイズマンが助太刀した後のやりとりです。

ここで注目すべきは、最初ワイズマンはハルだとは知らずに助けていること、そしてワイズマンとしては、ハル達の邪魔をしているという気が全くないという点です。

困っているのを放っておけない気風の良さ

ピンチになっているのがハルだとは知らずに助けている様子から、ワイズマンは普段から人助けを行っているようです。

そして下っ端としてハルをいいように扱うものの、チンピラに絡まれると率先して助けたり、ガジェルとリーザが第8支部に戻ってくると、「使えないから」と嘘を吐いてまで第8支部の元へ返してあげています。

これらを踏まえて、第1話で彼らが初登場した時に言っていたグルのセリフに注目です。

グル「グルたちはお前らピリオドを苦しめる正義の味方グル」

このセリフは、ワイズマンのポリシーそのものを説いているのではないでしょうか。

いつもハル達の前に示し合わせたように現れるため、ハル達そのものをターゲットにしている可能性もあったのですが、少なくともワイズマンとしてはハル達だから邪魔をしていたのではなく、ハル達がピリオドだったから邪魔をしていたということになります。

…いえ、邪魔という自覚すらワイズマンにはないようなので、張り合おうとしている、といった方が正しいでしょうか。

気になる5話の次回予告

今回ガジェルとリーザはゼルを湯水のように使い果たしましたが、それに反してハルだけは貯ゼルしたことをお話の最後に言っていました。

実に賢明な心掛けと思いきや、次回予告のタイトルとハルの様子が気掛かりです。

ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語- 「沼の名は。」

(C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECT


出典:ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-/05月3日放送/TOKYO MX

タイトルにあるとは、おそらくエーリカやカンパネルラが忠告していた「沼」のことを指していると考えられます。

第2話 エーリカ「やめておけ。沼にハマまるぞ?」

第3話 カンパネルラ「ですが、ハマまりすぎないようにしてくださいね? エーリカさんも言っていた通り、それは沼への入り口です」

この「沼」という言葉、至る所で耳にしますが、もう少し噛み砕いていくと、ここで指す「沼」とは「泥沼」の意味合いであり、一度入ってしまうとなかなか抜け出すことが出来ない悪い状態や境遇といった面で用いられる比喩表現です。

とすると、ハルの様子から来週こそついにコールするためにエンカードを使用する可能性が出てきました。

そして先に述べたように、ハルは宝くじで獲得したお金を貯ゼルしています。

3話で購入したエンカードだけでは飽き足らず、その貯ゼルを使用してもう一度エンを購入、なくなれば更に貯ゼルを使用