アニソンにおすすめのイヤホン&ヘッドホン!ハイクオリティな音色へ

ヘッドホン 音楽
この記事は約13分で読めます。

アニソンを聴くために、どんなイヤホンやヘッドホンを使っていますか?

ジャム君はシーンにも合わせていますが、基本はPCならヘッドホン、スマホのときにはイヤホン派です。

100均に売っているようなものから超高額商品までありますが、商品によって微妙に音が変わってきます

好みの音色もよく聴くアニソンも人それぞれのため、絶対にこの商品」というものはないのですが、アニソン好きにおすすめできるイヤホンやヘッドホンをジャム君基準で紹介しますよ!

スポンサーリンク

イヤホン編

イヤホンのいいところは、コンパクトなところですね。

持ち運びが楽なのはもちろん、収納もラクラクです。

しかも最近は性能がかなり上がってきているため、へたなヘッドホンより高音質でアニソンを楽しむこともできてしまいます。

MDR-NWNC33【SONY】

SONYのXperiaを利用しているならば、MDR-NWNC33はノイズキャンセリングイヤホンとしてかなり優秀です。

ウォークマン専用となっていますが、Xperiaでもノイズキャンセリング機能は作動してくれますよ。ジャム君も使っています。

ただこのイヤホン、マイクは付いていないタイプのため、イヤホンをつけているときにそのまま電話に出ると、少々間抜けな姿に(笑)

  • ノイズキャンセリング対応機ならば外でもきれいな音で聞き取りやすい
  • イヤーピースがS・M・Lの3種類あり耳穴のサイズに合いやすい
  • ノイズキャンセリングがないイヤホンとしても使える
  • ケーブル長が短い
  • カナル型+ノイズキャンセリングONで油断していると外出時には危険
  • ミニプラグ出力がないスマホだと当然使えない
  • iPhoneだとノイズキャンセリングできない
  • *スマホはXperia対応機種のみ

延長ケーブルも付属してはいますがケーブルが短めで、余裕のある長さではありません。

取り回しづらく、収納・利用場所によっては、ケーブルの短さにイライラすることもあるでしょう。

ですがXperiaであればノイズキャンセリングを多くの機種で使うことができるため、うるさい電車内や駅前での待ち合わせなどでも、聞き取りやすい音でアニソンを聴くことができます。

WI-C300【SONY】

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C300 : Bluetooth対応 最大8時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ブラック WI-C300 B
ソニー(SONY)
¥ 2,697(2019/08/15 08:53時点)
・最大8時間の長時間ワイヤレスリスニングを実現・Bluetooth対応スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話も可能。

最近ではミニプラグ端子の差込口がないスマホも増えてきましたが、WI-C300はそんなスマホにも対応した、Bluetooth対応のイヤホンです。

新型のiPhoneといったミニプラグが使えないスマホの場合は、こういったBluetooth対応のイヤホンを用意してあげると安上がりなので、ちょっと選ぶのは面倒ですね。

ただパソコンでもBluetoothに対応している場合や、スマオを買い替えミニプラグ端子がある場合にも利用は可能ですので、買うだけ損というわけではないはず。

  • ネックタイプなのでアニソンを気軽に聴ける
  • マイク付きでアニソン視聴中の電話も容易
  • ペアリング操作が非常に簡単
  • 安めに手に入るためもし壊れても買い替えやすい
  • 1回の充電で最大連続8時間しか使えない
  • 充電には付属もしくは同等のUSBケーブルが必要
  • 電波で音をやり取りするので有線のイヤホンより音が途切れやすい

一番の懸念材料は、Bluetoothイヤホン特有の問題でもありますが、有線のイヤホンより音が途切れやすいことです。

こればかりは電波で音をやり取りしていますので、致し方ありません。

気になるのであれば、有線タイプのイヤホンを購入しましょう。

HA-FX99X【JVC KENWOOD】

JVC カナル型イヤホン XXシリーズ ハイレゾ対応 重低音 ブラック HA-FX99X-B
JVCケンウッド
¥ 6,760(2019/08/15 08:53時点)
・HA-FX99XはXXシリーズ初のハイレゾ対応。ハイレゾの「重厚なサウンド」を獲得して生まれ変わった。デザインは高級感を演出するアルミスピン&ダイヤカットデザインで見た目も一新。

JVC KENWOOD(ケンウッド)のHA-FX99Xは、ハイレゾ対応しているイヤホンです。

5Hz~40,000Hzまでという、へたなヘッドホン顔負けの再生周波数帯域を確保し、さらにハイクオリティなアニソン視聴を楽しむことができます。

人間が聞こえるとされているのは、20Hz~20,000Hzです。
  • 安くハイレゾ対応のイヤホンを手に入れられる
  • ヘッドホンを使うほどでもない・使いにくい場所に最適
  • 気持ちいい重低音が響き渡る
  • 重低音の強さが苦手だと苦痛に感じることも
  • コードがやや短い
  • S・M・Lのイヤーピース付属ながら本体の大きさで不安定になる場合も
  • タフボディを謳ってはいるが防水ではない

この価格でヘッドホンにも手が届きそうなほどのハイレゾイヤホンが手に入るのは嬉しいところですが、低音重視であるため、好みが分かれそうなところです。

アニソン以外にも低音がよく響く曲を聴いており、低音好みであれば、たちまちお気に入りイヤホンの仲間入りするかもしれません。

またイヤホンのため軽いですが、やや大型であるため、耳の穴が小さい方だとずれ落ちやすく、注意を必要とします。

ヘッドホン編

ヘッドホンのいいところは、ハイクオリティな音色を低価格帯から目指しやすいところですね。

1,000円程度で売っているヘッドホンでも、意外とバカにできない高音質感を持っていることもあります。

さすがに高価格帯の製品にはかないませんが……

MDR-CD900ST【SONY】

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
ソニー(SONY)
¥ 16,010(2019/08/15 06:42時点)
・形式:密閉ダイナミック型、ドライバーユニット:40mm、ドーム型(CCAW採用)・再生周波数帯域:5~30,000Hz

音楽業界でもおなじみなのが、SONYのこのヘッドホン。ジャム君も使っています。

MDR-CD900STは録音時にもよく利用されており、業界標準として昔から利用されている製品です。

つまり、アニソンにもよりますが、MDR-CD900STで聴いた音は録音時にかなり近いと言えます。

以前紹介したディスプレイと組み合わせ、アニソンだけでなくアニメ視聴時に使っても効果的!

長年使っても交換部品が豊富に売られており、長くお付き合いもできるヘッドホンですね。

  • アニソンやアニメ録音時により近い音が出る
  • イヤーパッドが破れた程度なら交換も容易
  • どんな楽器が音を出しているのかわかりやすい
  • 1万円オーバの価格帯
  • プラグがステレオ標準プラグなので変換しないと使えないことも多い
  • ヘッドホンの締め付けはやや強め
  • 音に広がりが少なめ

ほとんど同じタイプの製品にMDR-V6があり、こちらは3.5mmステレオミニプラグやイヤーパッドの折りたたみにも対応し持ち運びもしやすくなっているため、やや音質は変わるようですがMDR-V6を選んでもいいかもしれませんね。

AH-D7100【DENON】

AH-D7100は型落ちモデルですが、結構高額な部類のヘッドホン。ジャム君も持っていますが、最近あまり使っていないという「もったいない野郎」です(笑)

SONYのMDR-CD900STよりも音の広がりがよく、高音がやや伸びやすいため、女性ボーカルや弦楽器が入るアニソンだと気持ちいいのがAH-D7100と言えそう。

新品だとかなりの高額ですが、きれい目な中古品狙いをすれば、このランクの型落ちヘッドホンとしてはお手頃な価格に見えてしまうから不思議ですね。

  • アニソンやアニメを長時間視聴でも疲れにくい
  • イヤーパッドが破れた程度なら交換部品もまだある
  • ハイレゾに対応している
  • 標準プラグ・3.5mmステレオミニプラグが同梱
  • 3.5mmステレオミニプラグはiPhone対応のリモコン付き
  • *最新のiOSやiPhone等、商品発売後の製品対応は公式アナウンス外

  • 非常に高額な部類
  • 大きいので持ち運びには不向き
  • 音の特性は違うが新型だと新品で買いやすい
  • ドンシャリ好きだと低音が物足りない

アニソンを聴く分にはかなり使いやすいヘッドホンではあるのですが、低音はふつうに表現がなされるようで、いわゆる低音と高音の迫力を求める「ドンシャリがお好みだと、低音にやや物足りなさを感じると思われます。

PCやスマホのイコライザ設定があり、いじることでお好みの設定になるならば、問題はありませんが。

ただよくあるパソコンでもスマホでも使える3.5mmステレオミニプラグ端子、さらにコンポやアンプ類にもつなぎやすい標準プラグどちらも使えるよう2本ケーブルが用意されているため、使い勝手は抜群にいいですね。

GSP350【SENNHEISER】

ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット 密閉型 7.1chサウンド ノイズキャンセルマイク GSP350
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥ 12,120(2019/08/15 08:53時点)
・USBドングルのスイッチによりDolby 7.1chサラウンドをワンタッチ起動・国内正規品保証2年間

SENNHEISER(ゼンハイザー)から出ているGSP350は、ドルビーデジタルの7.1chサラウンドまで疑似体験できる、アニソンだけでなくアニメ映画にも流用できるマルチな才能を持ったヘッドホン!

しかもマイク付きですので、VC(ボイスチャット)にも利用することができ、ネットゲームにも向いていますね。

音の位置が前後左右まで重要となるFPS・TPSのジャンルでも活躍しますので、アニソンだけでない活躍の場を作ってあげることが可能です。

  • パソコンやゲーム機にUSB接続なので使い方が簡単
  • 擬似的にだが7.1chのドルビーデジタルサラウンドが楽しめる
  • ヘッドホンやイヤホンの業界でも名高いSENNHEISER製
  • サラウンド設定は手元スイッチでオン・オフ可能
  • マイクまで付いている
  • スマホにはつなげるのが困難
  • 専用の付属ドライバ(ソフト)を入れないとうまく動かないことがある
  • 締め付け気味なので長時間使いにくい
  • USB機器がすでにいっぱいのパソコンやゲーム機には使いづらい
  • 純粋な7.1chドルビーデジタルではない

USB接続であるためノイズには強めなのですが、一方で接続することのできる機器に制限が生まれやすいです。

スマホよりパソコンでアニソンを聴く方に向いていますね。

さらに「アニメの映画を見る」「ネトゲもする」という方にはピッタリでしょう。

ジャム君のように「PCはヘッドホン、スマホはイヤホン」という使い分けをしてもいいかもしれません。

またあくまでもGSP350が行うのは「擬似的」なサラウンド体験であり、本物の7.1chドルビーデジタルサラウンドとは違う点に注意が必要です。

PCにあると便利なアクセサリ

イヤホンやヘッドホンをパソコンへ接続時、そのまま接続してもいいのですが、こんなアクセサリを利用すると、アニソンがもっとハイクオリティに楽しめますよ!

USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2【Creative】

Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2 ハイレゾ対応 USBオーディオインターフェース アナログ録音 再生リダイレクト SB-DM-PHDR2
クリエイティブ・メディア
¥ 6,753(2019/08/15 11:04時点)
・電源:USBバスパワード・アナログ出力 : 24bit/96kHz/ステレオ、アナログ入力:24bit/96kHz/ステレオ

USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2は、USB接続をして標準プラグのヘッドホンも簡単に接続できるようになる、ネット配信者にもおなじみの外付けインターフェースです。

ノイズの軽減に役立つだけでなく、音質の向上、イコライザでより細かな設定、また別途マイクの接続をすることもできます。

とくに直接パソコンに繋ぐよりもノイズ軽減される嬉しさがあり、アニソンがよりきれいに聞こえてくることになります。

高いヘッドホンを買うならば、これくらいは用意したいところですね。

Sound Blaster X7【Creative】

Sound Blaster X7 ハイレゾ対応 DAC オーディオアンプ SB-X-7
クリエイティブメディア
¥ 143,648(2019/08/15 08:53時点)
・【パソコンでハイレゾ再生を!】Windows / Mac両対応、最大24bit /192kHzハイレゾ対応の USB オーディオインターフェースとして、高音質DAC/ADCとして

Sound Blaster X7は、先に紹介したDigital Music Premium HDより高機能な製品で、標準プラグはもちろん、ステレオミニプラグやスマホとのUSB接続にまで対応したUSB DACです。

USB DACであるため、音楽再生時の品質はさらに向上してくれます。ジャム君がいま使っているのは、こちらの製品ですね。

またハイレゾや24bit音源にも対応しているため、ハイレゾ音源を販売しているサイトでデータを買っても、余すことなく再現が可能になります。

もちろん相応のヘッドホンを合わせて買わないともったいないですが、豊富な機能が揃っているので、映画を見るときやゲームをするときにも大助かりですよ。

スマホもBluetooth接続で簡単に接続できるようになっていますので、「スマホの中にしか入れていないアニソン」があっても、心配いらずになります。

スマホにあると便利なアクセサリ

PCと同じく、スマホにもあると便利になり、かつ高音質でアニソンを楽しむことのできるアクセサリが存在しています。

PHA-3【SONY】

ソニー SONY ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 USBオーディオ/バランス出力対応 Bluetooth/NFC対応 DSEE HX搭載 PHA-3
ソニー(SONY)
¥ 67,800(2019/08/15 08:53時点)
・対応機器: PC,ウォークマン(R), Xperia(TM),iPhone,iPad,iPod・音声入力端子: DIGITAL(マイクロUSB,USB A,OPT),AUDIO IN

PHA-3はお世辞抜きに、アニソンをスマホで楽しみたいなら持っていたい商品ですね。

パソコンで使うこともできますので、両用したい場合にはとくにおすすめです。

外で使うときにも高音質でアニソンが楽しめるというのは、ポイント高いですね!

ただネックとなるのがやはり値段ですので、もう少しランクを落としたものでも、活躍はしてくれます。

DAC-HA200【ONKYO】

ONKYO DAC-HA200 ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 ブラック DAC-HA200(B) 【国内正規品】
オンキヨー(Onkyo)
¥ 8,842(2019/08/15 11:04時点)
・Android端末でも音楽ファイルをUSB経由でデジタルのまま取り出して再生可能・iOS製品はHF Playerアプリと連動で最大96kHz/24bitの再生が可能

DAC-HA200は先に紹介したSONYのPHA-3にはワンランク落ちるものの、ポータブルアンプとしては十分な性能を持っている商品です。

正直、24bit/96kHzまで対応していれば、スマホに入れるような音楽であればたいてい対応しています。

ただやはり入出力の端子を見ても、いいヘッドホンを使っていれば使っているほどもったいない部類になってしまうため、お財布・使っているイヤホンやヘッドホンと相談しながら、商品選びをしたいところですね。

アニソンにおすすめのイヤホン&ヘッドホンの総評

アニソン好きには欠かすことのできないアイテムがイヤホンやヘッドホンなのですが、意外と好みが分かれる部分で、本当に「絶対にこれ」という商品はありませんね。

お好みではありますが、ジャム君がこれまで使ってきた中だと、あまり安すぎるイヤホンやヘッドホンは「ただ聴くだけ」状態です。

本当に楽しむならば、ある程度の出費はやむなしといった感じなのだと思います。

大切に扱えば数年でも使い続けられますしね!

逆に荒っぽい扱いをしてしまいがちな方は、あえて安い製品を選ぶことで、故障時のリスクを軽減することができるかもしれません。

アクセサリも、あるのとないのとでは聴こえ方が大違いになってくるので、お財布に余裕がある方は検討する価値がありますよ。

こんないいイヤホン・ヘッドホンがあるよ」という情報があったら、ぜひコメントで教えてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク

スポンサーリンク
ジャム君をフォローする
記事へのコメントは以下からどうぞ!
アニメティップ情報館 アニメ解説&考察&感想フロア

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました