少女☆歌劇 レヴュースタァライト5話の解説&考察!まひるのきらめき

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 露崎まひる きらめき 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
(C)Project Revue Starlight
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、さぷらです。

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」第4話では、ひかりと華恋かれんによる一日で巡る東京(クラゲ)の旅でした。

まさか東京観光をするとは思いもよらなかったので、とても新鮮な気持ちで観ていました。

ところで、いま季節は夏休み

せっかくだからと「聖地巡礼」をしてみようかと思ったそこのあなた。

華恋は舞台少女ぶたいしょうじょとしての特別な訓練を受けています。

この時期に「華恋ルート」は大変危険です、安心安全の「ひかりルート」で東京を回るのをおススメします。

それでは、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」第5話に参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

露崎まひるについて

今回は文句なしの主役、露崎つゆざきまひるについて述べていきます。

まひるはまひるで、他の舞台少女ぶたいしょうじょ達とはまた違った特徴や感性を持っていますね。

まひるを形成するもの

ではまず、まひるとはどのような女の子なのかから見ていきます。

彼女を形成するものとしては、今回判明した「家族」が大きく影響しているでしょう。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 露崎まひる 家族 つゆざきファーム

(C)Project Revue Starlight


出典:少女☆歌劇 レヴュースタァライト/08月10日放送/TBS

まひるの家族は、祖母、両親、そして自分と弟妹の六人姉弟となっています。

また彼女は、弟妹の背格好からみるに、「一番上の長女」であることがわかります。

そしてここで着目すべき点なのが、彼女が「典型的な長女の特性」を持っていることです。

今回はその中でも、まひる自身から特に強く出ている一面を列挙します。

・真面目で世話焼き

・自分よりも他人を優先する

・なにかと我慢しがち

まひるは祖母のすすめによって、幼少の頃から演劇に真面目に取り組み、その実力を身に着けていきます。

また彼女は長女として、おそらく弟妹の世話をずっと見てきたであろうことから、その流れで華恋についてもずっと面倒を見ていたのでしょう。

そしてひかりだけでなく、他の女子と華恋が親密になっていくことを良しとはしないものの、我を通すことは悪いことだと戒め、ずっと我慢し続けていました。

舞台少女としての実力と感性

そして今回、その内包するまひるの「想い」がついに弾けてしまい、嫉妬しっとのレヴュー」となって外へ飛び出してしまいました。

それどころか他の舞台少女達の「レヴュー」にまで乱入し、多少なりとも影響を及ぼしています。