少女☆歌劇 レヴュースタァライト2話の考察!トップスタァを巡る戦い

少女☆歌劇 レヴュースタァライト キリン パネル 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
(C)Project Revue Starlight
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、夏に負けてしまいそうですが、視聴アニメを捌くことだけはなんとしてもやり遂げたいさぷらです。

先週の「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」第1話では、舞台少女ぶたいしょうじょである華恋かれん達の日常と、それぞれの夢のためにと奮闘して戦いに身を投じる両方を目にすることになりました。

どちらも甲乙つけがたく、最初から最後まで堪能した30分でした!

しかし、オーディションとはいえ、純那じゅんなやひかりがどうなっているのか、非常に気になります…

それでは「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」第2話に参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回をおさらい

まずは2話について述べる前に、前回収まりきらなかった用語注目する点等を、おさらいを兼ねてご紹介します。

「スタァライト」の展開上、今後重要になるであろうと私は睨んでいます。

髪留めと東京タワー

タイトルだけだと全く統一感がありませんが、この「髪留め」「東京タワー」華恋かれんとひかりにとって大変重要な要素です。

華恋は赤い王冠を、ひかりは二つの星を繋げた「髪留め」をそれぞれ身に着けています。

それは幼い頃(少なくとも12年前)に訪れた「東京タワー」で購入したものらしく、お互い今日まで大切に持っていました。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 愛城華恋 神楽ひかり 東京タワー

(C)Project Revue Starlight


出典:少女☆歌劇 レヴュースタァライト/07月13日放送/TBS

その様子からは、二人の友情を繋ぐ大切な「絆の形」であるということがわかります。

ただしこの二つは上記の意味とは別に、「謎の部分」も秘めています。

華恋が夢(?)の中で突き飛ばされたり、何故か「地下劇場」にあったり「レヴュー」参戦のための燃料にされたり、といった具合にです。

二人の絆に変化が起こる兆しなのか、あるいは別のなにかを意味しているのか、今後注目すべき点です。

謎だらけのキリン

ひかりと純那じゅんなのバトルに戸惑う華恋に、いつの間にいたのか実に渋い声をお持ちのキリンが現れます。

このキリンの登場によって、この「地下劇場でのルール」が説明されます。

レヴューとトップスタァ

まずキリンは、「レヴュー」「トップスタァ」について語っています。

「歌とダンスが織りなす魅惑の舞台。もっとも煌めいたレヴューを見せてくれた方には、トップスタァへの道が開かれるでしょう」

ひかり達の状況とキリンの言葉を素直に受け止めるならば、「レヴュー」「舞台上でのバトル」「トップスタァ」はそのままの意味合いである「主役を演じる役者」を指していると思われます。

星のティアラ

激戦を繰り広げるひかり達の他に、舞台上には