転生したらスライムだった件(転スラ)7話の考察!シズの過去と尋ね人

転生したらスライムだった件 転スラ シズ シズエ・イザワ 爆炎の支配者 ギルドの英雄 イフリート 転生したらスライムだった件

こんにちは、さぷらです。

先週の転スラ6話にて、リムルは「運命の人」とされるシズと出会いました。

「運命の」というからにはさぞドラマチックな出会いかと思いきや、終始穏やかな雰囲気です。

同じ日本人ということでリムルもシズもお互いに親しみがあるようで、会話もとてもほのぼのです。

ただシズは転生前の境遇や召喚者しょうかんしゃという立場上、時折その表情には陰りが見えます。

そこでリムルは思念伝達によって平和になった日本を見せてあげることで、シズを笑顔にします。

種族云々はともかくとして、とってもお似合いな二人に見えるのですが、いったいこれからどうなっていくのでしょうか?

そんな二人を暖かく見守りつつ、「転生したらスライムだった件」第7話に参りましょう!

スポンサーリンク

シズが旅をしている目的

転スラ6話の記事では、シズは召喚主しょうかんぬし・レオンの意思によって行動しているのではと推測しました。

しかし実際は、シズ自身の意思であるようです。

シズ「私の旅の目的は、私を召喚した男を捜すこと」

リムル「見つけたらどうするんだ?」

シズ「…」

旅の目的については話してくれたものの、その核心については口を閉ざしました。

爆炎の支配者

このシズの様子から、現在召喚主であるレオンとは行動を共にしていないということがわかります。

その根拠の一つとして、今回カバル達が話していた爆炎ばくえんの支配者」が挙げられます。

転生したらスライムだった件 転スラ シズ シズエ・イザワ 爆炎の支配者 ギルドの英雄 イフリート
出典:転生したらスライムだった件/11月13日放送/TOKYO MX

爆炎の支配者=シズエ・イザワとは、およそ50年前に活躍した「自由組合ギルドの英雄」であるが、既に引退している冒険者とされています。

「シズ」と名乗るよう召喚主のレオンから言い渡されていたにもかかわらず、彼女はシズエ・イザワという、本来の名前を名乗っています。

つまりその当時からシズは、レオンの手から放れていたと考えられます。

ではここにきて何故再び「シズ」と名乗ったのかについてですが、それは後述します。

イフリート暴走の理由

今回シズの必死の努力もむなしく、精霊・イフリートが姿を現してしまいます。

これまで彼女はジャイアントアントの時やリムルとの談話でも、突然襲われる苦痛に耐えていました。

そしてイフリートが現れるその直前まで、シズはエレンやリムル達を気にかけながら必死に自分を制しています。

それは彼女の悲しい過去の経験があってこそのものです。

転生したらスライムだった件 転スラ シズ イフリート
出典:転生したらスライムだった件/11月13日放送/TOKYO MX

そして彼女があえて口にしなかった核心は、以下の理由が考えられます。

限界が来ていた

それはシズ自身が、既に限界であったという可能性です。

イフリートが出現することはもはや時間の問題で、彼女だけでは制御できない段階にまで来ていたということです。

彼女はもともと普通の人間であるため、肉体そのものも限界に達していたのかもしれません。

レオンとの決着

そしてこのイフリート暴走の恐れがあったからこそ、シズはレオンを捜していた可能性があります。

イフリートを憑依させた張本人であれば、暴走を食い止められるかもしれないと考えたのではないでしょうか。

ただし召喚主と召喚者という絶対的立場を考えるならば、シズの望みが叶う可能性はゼロに等しいです。

それこそ、命を懸ける覚悟で彼に挑まなければならないはずです。

再び彼女が「シズ」と名乗ったのも、彼と対峙するための覚悟の表れのように思えます。

そんなことにリムル達を巻き込むかけにはいかないと、核心について話すことを躊躇ったのでしょう。

今週のスキル

ここ最近のリムルはスキルを小出しにしていましたが、今回は本格的な戦闘ということもあって大活躍でした。

アイシクルシリーズ

エレンの水氷大魔槍アイシクルランスを捕食したリムルは、それを元に水氷大魔散弾アイシクルショットを生み出しました。

ランガにサラマンダーの周囲を走らせるとこで満遍なく氷の粒を発生させ、四方八方から攻撃させる技です。

空を飛び回るサラマンダーの動きを封じ、一気に止めを刺すという見事な戦法でした。

今回は攻撃として使用しましたが、氷系の魔法は他にも盾といった防御食料の保存や看護等の生活面で使用することができるかもしれません。

強力な粘糸・鋼糸

そしてそのアイシクルシリーズ並に活用されたスキルは、粘糸ねんし鋼糸こうしです。

リムル自身の炎攻撃無効化によって粘糸・鋼糸にもその補正がかかっていたため、炎の精霊であるイフリートの捕縛に成功したと見ています。

思えば転スラ5話でリムルは、粘糸・鋼糸を巧みに操ってあやとりをしていました。

転生したらスライムだった件 転スラ リムル 粘糸 鋼糸 あやとり 東京タワー
出典:転生したらスライムだった件/10月30日放送/TOKYO MX

硬さと柔らかさを絶妙に組み合わせた、日々のスキル研究の賜物たまものであると言えます。

またイフリートの肉体そのものはシズであるため、彼女を傷付けないための最善の方法だったのでしょう。

またランガがカバル達三人を一斉に運ぶため、リムルに粘糸で身体に括り付けてもらっていました。

嵐牙狼族テンペストウルフは身体の大きさを自在に変えることができるので、運び方と粘糸の使い方によってはあと十数人は軽くいけるかもしれません。

捕食者

捕縛したイフリートを捕食したことで、シズとの切り離しに成功しました。

これについては4話の、魔鉱石を魔鋼塊に加工してみせた応用からでしょうか。

人間と精霊という、異なった種族同士であれば切り離しが可能なのかもしれません。

名称表記

ところでですが改めて1話から見ていくと、スキルや魔法等の名称が漢字のみだったり、漢字と英語を組み合わせたものだったりと、その時その時で表記を変えているのがわかります。

転生したらスライムだった件 転スラ エレン 魔法 アイシクルランス 水氷大魔槍
出典:転生したらスライムだった件/11月13日放送/TOKYO MX

もしかすると元日本人であるリムル、いえ転スラ視聴者である私達も含めての、大賢者だいけんじゃ」なりの配慮なのかもしれませんね。

おかげでどのようなスキルなのかが一目でわかるようになっています、ありがとう大賢者さん。

ヴェルドラ再び

さて最後に、久しぶりに登場した暴風竜ぼうふうりゅう ヴェルドラ・テンペストについても少し。

リムルに捕食されたことで安否がわからずじまいでしたが、どうやらなんの支障もなく息災のようです。

今回イフリートはそのヴェルドラと遭遇していしまいましたが、果たしてどうなるのでしょうか。

転生したらスライムだった件 転スラ ヴェルドラ テンペスト イフリート
出典:転生したらスライムだった件/11月13日放送/TOKYO MX

恐らく力は確実にヴェルドラの方が上であると思われます。

なんだか戦闘どころか、壮絶な鬼ごっこが繰り広げられるような気がしてなりません…

[PR]

転生したらスライムだった件 1 (特装限定版) [Blu-ray]
菊地康仁
¥ 14,448(2018/12/14 05:02時点)
WEB小説投稿サイト「小説家になろう」にて累計4億PV、コミカライズ、ノベライズはシリーズ累計650万部を超える人気作品がついにTVアニメ化! !

転生したらスライムだった件(転スラ)7話の感想

シズの過去は、幼い少女としてはあまりにも重すぎます…

何十年も生きているため今はそれなりに割り切ってはいるようですが、相手に対して自然と笑顔を向けられるまでにいったいどれほどの時間をかけてきたのでしょうか?

かつての冒険者としての経験も、今の彼女を形成するための大切な時間の一つだったのかもしれません。

イフリートから解放はされたようですが、果たして彼女は無事なのかどうかも気になるところです。

というわけでヴェルドラさん! 遠慮はいりません! やっちゃってください!

…なんだかラスボスみたいな登場な気がしないでもないですけど、ヴェルドラの元気そうな姿を見れたのは本当によかったです!

「リムルは我の盟友ぞ」と言ってのけたりとか、「ヴェルドラ・テンペスト」と名乗ったりとか…友達って、いいですね。

転生したらスライムだった件をネットで楽しみたい方は、dアニメストアを利用されるのが便利そうです。

初回は最大31日無料で利用できるので、気軽に転スラを見ながら使い勝手を確かめられそうです。

それでは、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

コメント

  1. 匿名 より:

    シズは空襲で大火傷を負ったのと友達を焼いた経験からイフリートが苦手です。
    イフリートはイフリートで魔王レオンに忠誠を誓い敬愛しているのでレオンを嫌うシズのお守だけでレオンの役に立てない現状を憂いています。
    お互いに仲が良くないのでシズがイフリートを支配しイフリートが逆支配しようとする現状が出来上がってました。

    もしシズがイフリートの行動原理を理解して、イフリートがシズはレオンを嫌っているが「憎んでいるわけではない」心情を理解すれば和解できたかもしれません。
    レオンが口下手不器用でなければお互いに協力していたかもしれません。
    イフリートとシズが協力していればシズが苦しむ事はなかったでしょう。

    >名称表記
     特別な能力(スキル)には特殊な読み方があります。
      捕食者(ほしょくしゃ/クラウモノ)
      大賢者(だいけんじゃ/エイチアルモノ)など。
     大賢者は1話の悟の戯言と読み方が合いすぎてて笑いますw

     魔法は英語が名称、漢字が説明、漢字の文字数がその魔法のレベルになっています。

     スキル・魔法の他にギドが洞窟で使っていた隠密のような技術(アーツ)もあります。

     スキルは身体・精神的な特徴のようなもの、能力です。
     魔法とアーツは勉強や修行で身に付く技術ですね。

    • さぷら さぷら より:

      コメントありがとうございます!

      そんな深い事情が…確かに話し合う機会があればまた結果は違っていたでしょうね。
      もしお互いを理解して協力関係を結んでいれば、シズとリムルの出会いすら違っていたかもしれませんね。
      それはそれで面白そうでとても観てみたいですが!

      その特殊な読み方になると途端にチュウニ的な要素がががですが、なるほど…確かに合いすぎて草モノです。
      漢字の文字数が魔法レベルを反映している!
      水氷大魔槍アイシクルランス水氷大魔散弾アイシクルショットで破壊力が違うのはそういうことなんですね!
      そういった細かな説明はアニメ上で語られる機会はおそらくそうないと思うので、とても勉強になりました!

  2. とうりすがり より:

    ネタバレぽいので注意

    レオン君は結構お人好しな部分があります。
    シズさんにイフリートを付けたのもレオン君的には『延命』のためです。もう一度言いますシズさんにイフリートを付けたのは『延命』のためです。まぁこれでイフリートを引き剝がされたシズさんがどうなるのかはお察しください

    ラスボス登場みたい 安心してくださいラスボスは現時点でも名前すら登場してません と言うかそろそろアニメ公式サイトくらいでは出してほしいよ もしかしてⅠ期では登場すらしないのか?オープンのある1シーンの進み具合的にはリムルとの邂逅程度までならⅠ期に確実にあると思うのに
     性格とか来歴とか割と好きなキャラなのに、ラスボス君は正直なろう系なら主人公でもよかった程度には味があるキャラだと私は思っている。 

    • さぷら さぷら より:

      コメントありがとうございます!

      大事なことなので2回ですね!
      確かに大火傷をして息も絶え絶えだったシズは、イフリートを宿した後は立ち上がっていましたよね。
      その後も火傷の痕が残ることもなく、回復しているように見えました。

      やだな~ヴェルドラさんがラスボスだなんて思ってませんよ~
      転スラ屈指のヒロイ…失礼しましたリムルのお友達なんですから。
      公式サイトでは結構な数のキャラクターが紹介されていますが、まだまだいるんですね。
      とりあえず初見の私は今後登場するキャラクター達の名前をしっかり覚えます!

タイトルとURLをコピーしました