転生したらスライムだった件(転スラ)19話の考察&感想!核は脱獄の鍵か?

転生したらスライムだった件 転スラ カリュブディス 魔核 隔離 解析 大賢者 転生したらスライムだった件
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、さぷらです。

先週の転スラ18話では、リムル達の知らないところでとんでもない厄災が起こっててんやわんや。

そのカリュブディスがテンペストにやってくるということで、ミリムが「任せろ」と意気込みますが、「お断りします」とされてしょんぼり。

実際はそのミリムが原因の事態なんですけどね…とりあえず最初はリムル達だけで頑張るようです。

ただ前回と違うのは相手が空からやってくること、それも規格外の大きさ十数のお供付き。

正直どう戦うのかが全く想像がつきません…そもそもあの硬そうな外殻、果たして攻撃通るのやら?

あ、それからミリム! 戦闘に参加しないならどうか可愛い服に戻ってください割と切実に。

それでは、「転生したらスライムだった件」第19話に参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレイマンと中庸道化連

カリュブディスを倒し、その依り代となっていたフォビオを救出した後、リムル達は事の顛末を知ります。

その結果、フォビオ、トレイニー、ガビルの話から、一連の騒動に中庸道化連ちゅうようどうけれんが関わっていることを突き止めます。

転生したらスライムだった件 転スラ ラプラス 中庸道化連 仮面 魔人 トレイニー

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会


出典:転生したらスライムだった件/2月12日放送/TOKYO MX

ベニマル達もフットマンの身体的特徴から、自分達の里を襲った仮面の魔人なのではと思い当たります。

さらにミリムは、魔王・クレイマンも一枚噛んでいる可能性を示唆します。

このことにより、リムル達テンペストはクレイマンと中庸道化連が今後自分達の敵となるかもしれないと、注意や警戒という共通の認識が生まれたと考えます。

カリオンの動き

そしてこれはリムル達だけに限らず、カリオンの支配する獣王国・ユーラザニアも同様でしょう。

当初カリオンがリムル達の前に即座に姿を見せなかったのは、どのような経緯から今回の騒動に至ったのかを、リムル達の会話から探ろうとしていたと思われます。

カリオンとしても、フォビオの独断によるところがあるとはいえ、自身の部下を好き勝手に利用されたという思いが少なからずあるでしょう。

リムル達と協力関係を結んだのも、迷惑をかけたこと、フォビオに温情をかけてくれたことはもちろんとして、情報を得るためという側面も含ん