波よ聞いてくれ5話の解説&考察&感想!架空実況放送でミツオ救出

波よ聞いてくれ 鼓田ミナレ 架空実況 波よ聞いてくれ
(C)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

一週間ぶりでございます、カンパネルラです。

今週も波よ聞いてくれの放送日がやってきましたね!

前回第4話では急遽担当する番組が決まり、麻藤から電話で収録に呼び出されるミナレ。

第5話では初収録がいよいよ始まる!

そんな第5話のタイトル生かして帰さない

きな臭すぎるとてもワクワク楽しそうなタイトル!

では波よ聞いてくれ第5話解説、考察を行っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミナレの初ラジオは小ネタいっぱい架空放送

さて、波よ聞いてくれ第5話では、これから初収録というタイミングで、事前に簡単な打ち合わせを麻藤と行うミナレ。

まったく話す内容を考えて来なかったミナレですが、麻藤さんはそんなものお見通し。

波よ聞いてくれ 第5話 生かして帰さない

(C)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局


出典:波よ聞いてくれ/5月2日放送/TBS

アドリブで行う架空実況だから全く問題ないと言います。

架空実況とは

アニメの中でもチョロっと解説されていましたが、架空実況とは起こっていない出来事を、さも今本当に起こっているようなていで行う放送のことです。

1938年には市民ケーンなどで知られる映画監督オーソン・ウェルズが、火星人が襲来したという内容のラジオドラマを番組の途中から放送し、その放送を本物の出来事と勘違いした視聴者がパニックに陥った架空実況放送の事例などもあります。

しかも今回の実況の内容ときたら、元カレの命を奪ってきた直後の女がその状況を振りかえる非常に尖った内容。

麻藤自身も言っていますが炎上覚悟の放送内容。

波よ聞いてくれ 鼓田ミナレ 架空実況

(C)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局


出典:波よ聞いてくれ/5月2日放送/TBS

アニメだからと言っては元も子もないですが実際のラジオでこんな内容放送できません

しかし麻藤からしたら、このくらい放送コードギリギリの内容をミナレにぶつけてみたかったのでしょう。

麻藤は今回冒頭でミナレを茅代まどかと比較していました。

茅代はその場に合わせて視聴者から求められるコメントや切り替えしを行う事ができるが、ミナレにはそんなパーソナリティーになってほしくないと。

今の世の中ツイッターやフェイスブックなどのSNSが非常に発達し、どんな遅い時間であっても人目に付きやすい出来事であればトレンドになったりバズったりすることが往々にしてあります。

万が一今回のような番組が放送されたとしたら、いくら北海道の深夜枠のラジオであっても多かれ少なかれ話題になるとともに、批判も来ることが容易に予想できます。

普通のラジオ番組であれば面倒を避けてそんな混乱を呼び起こすような演出はしないでしょう。

でも麻藤はあえて驚きと目新しさを優先させ、今回の架空実況という放送形態を選んだのだと思います。

この選択はミナレには視聴者が次どうなるのか釘付けになるような意外性を持ったラジオパーソナリティーになって欲しいという気持ちの表れの一つなのではないかと感じました。

ミナレの実況は小ネタの宝石箱やぁー

ほぼアドリブで走り抜けた架空実況。

とにかくテンポが良くサラサラっと聞き逃してしまいそうですがいろいろツッコミどころの多いことばっかり言ってます。

私個人も分からなかった元ネタを調べてみました。

宇宙人に捕まったあたりから怒涛の小ネタ祭りです。

大使ってマグマ大使とかの大使?

宇宙人との会話の中での一言。

文脈から察するに、宇宙人は地球との友好的な関係を望んでいるようでミナレを友好大使に任命したい模様。

それはいいけどマグマ大使