殺戮の天使2話の考察&感想!添えられた花の意味とザックたちの命

殺戮の天使 B4 エディ 手紙 花 殺戮の天使
(C)2018 真田まこと/Vaka・DWANGO・KADOKAWA/「殺戮の天使」製作委員会
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、「殺戮の天使」執筆を担当している神風です。

前回の1話は、何故か建物に閉じ込められて生贄いけにえとなってしまったレイチェルですが、そんなレイチェルが主治医を名乗るダニーにB5で襲われそうになった際、B6にいたはずのザックがその場から助けてくれましたね。

その後ザックは建物から外に出ようとするも、レイチェルに引き止められ、私をしてというお願いをされる…というシーンで物語は終わりました。

殺戮の天使(アニメ)1話の解説&考察&感想!プレイフロアの意味とは
はじめまして、今期放送夏アニメの「殺戮の天使」考察記事を担当させていただくことになりました神風です! しかし「殺戮(さつりく)の天使」1話、いや~怖かったですね…アニメの内容以上に、個人的にはザックの笑い声のボリュームには何度もびっくりしま...

そして、盛り上がってきた殺戮さつりくの天使。

今回は前回と違って、コメディ要素が時折散りばめられていましたね!

冒頭にレイチェルに命を奪うことを約束して欲しいと望まれたザックの虹色キラキラシーン…まさかあんな演出が殺戮の天使で見られるとは(笑)

それにしても、コメディっぽく描かれていた時のレイチェルの疑惑の目、かわいかった…。

さて、そんな「殺戮の天使」2話を今回も考察していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

各フロアの登場人物たち、既になくなっている説

前回ザックに命を奪われたダニーがB4に続くエレベーターの鍵を持っていたこと。
ザックがダニーの名前を知っていたり、B4フロアでは新たな登場人物エディがザックの名前を知っていること。

これらのことから、この建物は既になくなった人達が集められた場所で、それぞれ各階の住人は自分が既に命を落としていることを気づかずにさまよっている為に、外の世界とは隔離かくりされたビルの中に閉じ込められているのでは…?

そして、別のフロアに行くことは違反とされていますが、ザック、ダニー、エディがそれぞれ相手の名前を知っていることからも、過去に別フロアに行ったことがある、またはそれぞれビルに入れられる時に集まっていた可能性があると考えられます。

ということは、ザックも既になくなっていて、ここには死神として存在しているのではないでしょうか。

だって、ザックが持っているかまって、死神がよく持っているイメージがありますよね。
また、B4フロアでザックの履歴書があったこと、そしてミイラを連想させるようなザックの包帯グルグル巻きの容姿からも、この線はあながち間違いではないように思えます。

殺戮の天使 ザック 振り向き 包帯
出典:殺戮の天使/7月13日放送/TOKYO MX

レイチェルは、ザックに「てめぇそんなに墓穴に入りてぇんか」と聞かれ、「もう入ってる」と言っていましたね。
これは、既にレイチェルも、自分の命が失われたことをどこかで気づいているのでは…?

主を裏切った悪魔の魂は、ここが永遠の牢獄となる。

この文字を読み終わった後、真新しく出来たと思われる大きなお墓に、レイチェルの名前が書かれていました。