キャロル&チューズデイ19話の考察&感想!タオのマイクロ波は音攻撃

キャロル&チューズデイ キャロチュー タオ Black_Knight マイクロ波 キャロル&チューズデイ
(C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、さぷらです。

キャロチュー19話はサイドニア・フェスへのリベンジ回です! 2人とも頑張れ~!

前回のキャロチューは、チューズデイだって年頃の女の子だった回

彼女の性格を考えると、頼りになる年上の男性についつい憧れてしまうのはわかります。

ただそういった輩は、まあ、ね…

だからキャロルがいて本当によかった! やっぱりこの2人はお互いいてこそです!

それでは「キャロル&チューズデイ」第19話、参ります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャロルの知り合い(?)エゼキエル

悲願だったサイドニア・フェスで、キャロルは突然ラッパーのエゼキエルに声をかけます。

キャロル&チューズデイ キャロチュー エゼキエル アメル ラッパー

(C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会


出典:キャロル&チューズデイ/8月29日放送/フジテレビ

キャロル曰く、彼はアメルという人物で自分の知り合いなのではと思ったのだそう。

対してエゼキエルは、鬱陶しそうにその場を立ち去ってしまいました。

他人の空似?

そんな当のエゼキエルは一緒にいた仲間に、「知らない」と言っています。

キャロルも彼の態度に人違いかと首を傾げていますので、他人の空似なのでしょうか。

特に男性は女性に比べて成長期の変化が著しい傾向にあるので、場合によっては顔立ちまで変わってしまうこともあります。

キャロルを避けた理由

逆にエゼキエルがキャロルの知るアメル本人だった場合、何故彼女を避けたのでしょう。

キャロルが気さくに声をかけた様子から、そのアメルと非常に親しい間柄だったことが窺えます。

難民出身を知られたくない?

以前キャロルと交流があったとすれば、エゼキエルも彼女と同様難民出身である可能性が高いです。

となると、難民出身であることを周囲に知られたくないのかもしれません。

難民であることを気にしないキャロルとは違って、彼の場合は有名なラッパーという今の立場に影響を与えたくないと考えていても不思議ではありません。

実際に今は大統領選で移民難民問題が取り沙汰されているため、なおさら面倒にはしたくないとするのが自然です。

関わらないように配慮した?

もしくは、キャロルへの気遣いで関わらないようにしている線も考えられます。

ガスはエゼキエル達を、「ギャングまがいの連中」だと説明しています。

つまり自身が危険な行為や連中との関りが多いために、そこに彼女を巻き込ませないよう配慮した行動なのかもしれません。

タオのいうマイクロ波とは?

さて、ついにBlack_Knightブラックナイトがアンジェラに急接近しますが、それを食い止めたのがタオです。