キャロル&チューズデイ特別編の考察&感想!回想録はガス&ロディでお送りします

キャロル&チューズデイ キャロチュー タイトル キャロル&チューズデイ
(C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、キャロチュー担当のさぷらです。

7月になって夏アニメが新しく始まっていますが、「キャロル&チューズデイ」はまだまだこれからです!

キャロチュー12話では、2人の夢だったミュージシャンへの道が新しく開かれました。

おめでとう! そしてアンジェラもおめでとう!

3人が手を取り合ってお互いを称える姿はとても素敵でした!

さあ次はどうなるか、なのですが…

今回は少女達3人ではなくて、留置所でボロ泣きしていた男2人による話のようです。

それでは、「キャロル&チューズデイ」特別編、参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでの話

今回は「キャロル&チューズデイ」の特別編ということで、2人を身近に見てきたガスロディこれまでを振り返ります。

人間から生まれた音楽

キャロル&チューズデイの原点といえば、やはりなんといっても「The Loneliest Girl」でしょう。

キャロル&チューズデイ キャロチュー The Loneliest Girl ひとりぼっちのこの娘 火星移民メモリアルホール

(C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会


出典:キャロル&チューズデイ/4月18日放送/フジテレビ

この曲は、ひとりぼっちの寂しさを抱えた2人から生まれた曲でした。

女の子2人の想い、つまり人間の感情そのままを歌にしたものであるのが特徴です。

これはAI音楽が主流となっているキャロチューの世界で、今後も肝となってくる部分であるのは間違いありません。

2人の音楽は広がっていく

The Loneliest Girl」を始めとした2人の音楽は、その後も楽曲数を着々と増やしていきます。

The Loneliest Girl
FlyingDog
¥250(2024/02/23 14:34時点)
これらの楽曲はAmazon Music Unlimitedでご利用いただけます。

それと同時に増えていったのが、彼女達の音楽を聴く人の数

たった1曲で数人を前にしてのスタートでしたが、ここからまたさらに音楽も人も広がっていくでしょう。

出会った人達

ひとりぼっちな2人は、様々な出会いがありました。

彼女達を見出したガスロディはもちろん、ライバルのアンジェラも挙げられます。

この3人との交流は、今後も2人が音楽をしていく中で欠かせないものとなるでしょう。

また登場する?