千銃士(アニメ)5話の解説&考察&感想!現代銃達を束ねるあの方とは

千銃士 アレクサンドル 絶対高貴 千銃士
(C)アニメ『千銃士』製作委員会
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、さぷらです。

先週の千銃士せんじゅうし第4話ではのどかなお話かと思いきや、最後にはなんともいえない物悲しさが漂っていましたね…

そうなる前の猫探しのエピソードが本当に面白かっただけに、なおさらそう思います…

特にスプリングフィールドは子供達と仲良くなっていたため、一番ショックを受けていたのが心配です。

それでも世界帝軍との戦いは待ってはくれない現実が実に歯がゆい!

それでは「千銃士」第5話に参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アレクサンドルの知略

今回はエカチェリーナが現代銃げんだいじゅうであるエフに遭遇してしまい、大ピンチに陥るものの、アレクサンドルとカトラリーの見事な連携プレーによって事なきを得ました。

千銃士 アレクサンドル 絶対高貴

(C)アニメ『千銃士』製作委員会


出典:千銃士/07月31日放送/TOKYO MX

列車の爆発

その中でも特にインパクトが大きかったのは、やはりアレクサンドルによる、多数の世界帝軍を相手に引き起こした爆発かと思います。

これは小麦粉等の粉類を用いた「粉塵爆発」というものです。

粉塵爆発(ふんじんばくはつ、英: Dust explosion、独: Staubexplosion)とは、ある一定の濃度の可燃性の粉塵が大気などの気体中に浮遊した状態で、火花などにより引火して爆発を起こす現象である。

引用:ウィキペディア『粉塵爆発』

「粉塵爆発」を発生させる条件としては、

・密閉された場所

・粉類といった微粒子

・引火する火種

といった上記のものが必要です。

今回は列車内という密室であり、また窓を閉めていたため、粉塵を散布させやすく引火に必要な酸素が充分に満たされていたかと思います。

そして列車の給仕として潜入していたカトラリーのおかげで、小麦粉と、火花を発生させるための空き瓶を用意することができました。

不利な状況をカバー

アレクサンドルがこのような手段を選んだ理由としては、やはり不利な状況からでしょう。

・「絶対高貴ぜったいこうき」が可能なエカチェリーナが敵に拘束された

・世界帝軍の兵士が約10人現代銃のエフも乗車していた

・アレクサンドルもカトラリーも「古銃」であるため、連弾は不可能

・自分達だけでなく、一般の人間も乗車している

このような上記の点を打破するため、まずアレクサンドルは世界帝軍専用の後方車両から一般人を遠ざけ、騒ぎに駆け付けた兵士達を粉塵が散布する車両に閉じ込めます。

そして扉越しに発砲し、「粉塵爆発」を発生させました。

これならば一般人への被害はなく、一発の銃弾で複数の兵士を同時に戦闘不能にすることが可能です。

「古銃」特有の連弾できないという点を上手く生かし、また敵の戦力を大幅に削いでいます。

さらには戦力としてはいささか劣るカトラリーが、単独でエカチェリーナの救出成功に繋げています。

1話でもナポレオン達と共に任務について話し合っていたことから、アレクサンドルは貴銃士達の中でも知略を巡らせるのが得意であることがわかります。

現代銃が語るあの方の存在

「千銃士」では、もはやお馴染みとなっているミニキャラ現代銃の雑談。
その中でアインスは、気になることを語っていました。

「ベルガー。俺達はな、あの方の作られた完全なる秩序を乱す、ゴミどもを排除するんだ」

さて、アインスのいう「あの方」とはいったいなんなのでしょう。

現代銃と同等か上

まず彼ら現代銃は以前の記事でも述べていたように、世界帝軍の中でも