転生したらスライムだった件(転スラ)19話の考察&感想!核は脱獄の鍵か?

転生したらスライムだった件 転スラ カリュブディス 魔核 隔離 解析 大賢者 転生したらスライムだった件

こんにちは、さぷらです。

先週の転スラ18話では、リムル達の知らないところでとんでもない厄災が起こっててんやわんや。

そのカリュブディスがテンペストにやってくるということで、ミリムが「任せろ」と意気込みますが、「お断りします」とされてしょんぼり。

実際はそのミリムが原因の事態なんですけどね…とりあえず最初はリムル達だけで頑張るようです。

ただ前回と違うのは相手が空からやってくること、それも規格外の大きさ十数のお供付き。

正直どう戦うのかが全く想像がつきません…そもそもあの硬そうな外殻、果たして攻撃通るのやら?

あ、それからミリム! 戦闘に参加しないならどうか可愛い服に戻ってください割と切実に。

それでは、「転生したらスライムだった件」第19話に参りましょう!

スポンサーリンク

クレイマンと中庸道化連

カリュブディスを倒し、その依り代となっていたフォビオを救出した後、リムル達は事の顛末を知ります。

その結果、フォビオ、トレイニー、ガビルの話から、一連の騒動に中庸道化連ちゅうようどうけれんが関わっていることを突き止めます。

転生したらスライムだった件 転スラ ラプラス 中庸道化連 仮面 魔人 トレイニー
出典:転生したらスライムだった件/2月12日放送/TOKYO MX

ベニマル達もフットマンの身体的特徴から、自分達の里を襲った仮面の魔人なのではと思い当たります。

さらにミリムは、魔王・クレイマンも一枚噛んでいる可能性を示唆します。

このことにより、リムル達テンペストはクレイマンと中庸道化連が今後自分達の敵となるかもしれないと、注意や警戒という共通の認識が生まれたと考えます。

カリオンの動き

そしてこれはリムル達だけに限らず、カリオンの支配する獣王国・ユーラザニアも同様でしょう。

当初カリオンがリムル達の前に即座に姿を見せなかったのは、どのような経緯から今回の騒動に至ったのかを、リムル達の会話から探ろうとしていたと思われます。

カリオンとしても、フォビオの独断によるところがあるとはいえ、自身の部下を好き勝手に利用されたという思いが少なからずあるでしょう。

リムル達と協力関係を結んだのも、迷惑をかけたこと、フォビオに温情をかけてくれたことはもちろんとして、情報を得るためという側面も含んでいるのではないでしょうか。

フレイも続くかも?

またもしかすると、もう一人の魔王であるフレイの方でも同様の見解に至る可能性が高いです。

なにしろカリュブディス復活の情報は、フレイの周辺を探っていたティアからもたらされました。

それもカリュブディスに手一杯で、テンペストにかまけている暇はないという状況でした。

いずれ自身の情報源からかカリオンからか、クレイマン達が復活に加担したことを知ることになるでしょう。

カリュブディスの魔核

続きまして今回リムルが戦利品として得た、「カリュブディスの魔核」について触れておきたいと思います。

転生したらスライムだった件 転スラ カリュブディス 魔核 隔離 解析 大賢者
出典:転生したらスライムだった件/2月12日放送/TOKYO MX

大賢者だいけんじゃさんの手腕はここでも大いに発揮され、フォビオの肉体から「カリュブディスの魔核」を分離させることに成功します。

その後リムルは魔核を捕食し、隔離・解析に回すことになりました。

隔離

ではここで、リムルのスキルの一つである「隔離」について今一度おさらい。

リムルは対象を捕食して解析を行い、スキル習得対象の擬態を行っています。

そして「隔離」とは、即座に解析しきれない未知の対象を別の場所に置いておくことを指します。

今回の「カリュブディスの魔核」の他に、ヴェルドラが囚われている無限牢獄むげんろうごくがその対象に当たります。

転生したらスライムだった件 転スラ ヴェルドラ リムル 無限牢獄 大賢者 捕食者
出典:転生したらスライムだった件/10月09日放送/TOKYO MX

転スラ2話ではヴェルドラを救おうと、「無限牢獄」の捕食を試みますが失敗したため、現在リムルの体内で隔離しています。

核はヴェルドラを救う?

「カリュブディスの魔核」を隔離したのは、「無限牢獄」と同様に未知の対象であると大賢者が判断したためです。

もしかするとですがその解析の内容次第によっては、ヴェルドラを救う手立てに繋がるかもしれません。

そもそもとしてカリュブディスは、ヴェルドラの魔素によって発生した存在です。

そして前述でも触れましたが、現在リムルは隔離した「無限牢獄むげんろうごく」の外側から解析、ヴェルドラは内側から破壊という手段を取っています。

ここに「カリュブディスの魔核」を用いれば、持ち前の破壊衝動や大本であるヴェルドラを求めて牢獄を破壊…なんて事態を引き起こしてくれるかもしれません。

さらにヴェルドラもリムルが「魔核」を捕食したことを承知しているはずなので、彼の側からも「魔核」を用いたなんらかの策を講じてくれるのではないでしょうか。

次回予告

では最後にちょっとした予習として、次回予告のタイトルに注目します。

転生したらスライムだった件 転スラ 次回予告 タイトル ユウキ カグラザカ
出典:転生したらスライムだった件/2月12日放送/BS11

「ユウキ・カグラザカ」、いかにも日本人といった名前です。

ちなみにですがこの名前に該当する人物が、公式サイトの「CHARACTER」にて紹介されています。

ユウキ/日本からこの世界にやってきた異世界人でシズの元弟子。イングラシア王国で、冒険者の互助会である自由組合(ギルド)の総帥(グランドマスター)を努めている。漫画好き。

引用:TVアニメ『転生したらスライムだった件』公式サイト

確かにシズは転スラ8話で、イングラシア王国で学校の先生を勤め、自由組合総帥グランドマスターになった教え子がいると語っていましたね。

シズの教え子・ユウキ

となれば次回は、その教え子であるユウキが登場すると思われます。

彼の立場を考えると、冒険者繋がりでフューズカバル達との接触があるのでしょうか。

あるいは現在英雄として各地で名を売っているヨウム達の方からという可能性も考えられます。

また彼が登場することによって、イングラシア王国についても触れられる機会が今後増えることになるでしょう。

転生したらスライムだった件(転スラ)19話の感想

ゲルドとガビルの場面は、正に少年漫画的な展開! これは部下でなくても「カッコいい!」だわ。

ゴブタ達はまだまだこれからですね、ベニマルの「磨きがかかった」とハクロウに呆れている感じが面白いです、彼も昔相当絞られたんでしょうね。

「磨きがかかった」といえばソウエイ、シオン、ランガもですが…カリュブディスは強かった、というか硬くてタフだった。

あ、ちなみにミリム…うん衣装はそのままだけど「私も一緒に遊びた~い」が見れたからいいです、うん。

その後のリムルとのやりとりがみたいだったり、結局最後に遊べて満足したりで見所がたくさんありましたし。

そうそうミリムといえば、先日「ワンダーフェスティバル2019」で彼女のフィギュアが展示されたようですね!

[PR]

With Fans! 転生したらスライムだった件 ミリム 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
バンダイナムコアーツ(Bandai Namco Arts)
¥ 14,665(2019/02/14 16:55時点)
腰に乗せたリムルは絶妙な透明感とツヤ感で劇中の質感を再現。ミリムの柔らかな素肌との対比が印象的です。小さな破壊の暴君を、是非あなたのお手元にお迎えください。

動画で見てもとても精巧にできていることがわかるので、実際に目にした方は感動もひとしおだったのではないでしょうか…いいなあ。

それでは、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました