フルメタル・パニック!IV(フルメタ4期)2話の解説&考察!かなめと宗介の認識差

フルメタル・パニック! Invisible Victory かなめ 宗介 銃 フルメタル・パニック! Invisible Victory
(C)賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

今週もやってまいりました、フルメタル・パニック! Invisible Victoryのお時間です!

お相手はジャム君が務めさせていただきます。

フルメタ好きの皆さまは、この記事が目に止まったら、ぜひとも読んでいっていただきたいですね。

さてさて、フルメタ4期となるフルメタル・パニック! Invisible Victory1話では、ミスリルの通信網も混乱し、最後には宗介とかなめの周りにも敵さんがいましたね。

そして今回フルメタ4期の2話では、メリダ島がどんどんと窮地に。

それとともに、逃げる宗介とかなめだけでなく、友人にも魔の手が!

フルメタル・パニック!IV(フルメタ4期) 主要登場人物と用語おさらい
どうも、フルメタル・パニック! Invisible Victory担当のジャム君です。 フルメタル・パニック! Invisible Victoryは4期にもなる、大人気フルメタアニメです。 楽しみにしていた方も多いですよね。 ただ今期からフ...

フルメタの用語がわからない方は、おさらいもお忘れなく!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

太陽風

アバンで問題とされていた太陽風によって起こされる障害は、フルメタの世界だけのお話ではなく、現実にも発生しています。

太陽フレアとよく呼ばれていますね。

フルメタル・パニック! Invisible Victory 太陽風 太陽フレア
出典:フルメタル・パニック! Invisible Victory/4月20日放送/TOKYO MX

現実にも太陽ってあるでしょう?

黒点がどうだとか、活動が活発だとか、たまにニュースになったりしていますよね。

太陽フレアの影響は過去にも発生している。1989年にはカナダで大規模な停電が発生。2000年には日本のエックス線観測衛星が故障した。06年にはGPSの受信機が一時的に測位できなくなったり、精度が落ちたりするなどの障害があった。爆発の規模が大きい場合は、北海道北部などでオーロラが見える可能性もある。

引用:朝日新聞

正直、現実では「今のところ」ではありますが、フルメタ4期の世界で出てきたような大規模な障害にまでは至っていません。

それでも、可能性としては電気網への影響やフルメタ世界のような通信障害も、大規模な太陽フレアが発生すれば現実的にあり得るということになるわけですね。

現実の太陽フレアの強度分別

太陽フレアにも、地震と似たような強度分けをしています。

X(エックス)等級が一番強く、M(エム)、C、B、A等級とだんだん弱くなっていきます。

X10フレアだったり、M2フレアだったり、って使い方をしますね。

この等級はX線の強度で分類しているもので、電磁波の強さで分類しているものもあります。

それがHα等級と呼ばれているものです。

強度はB(ビー)が一番強く、N(エヌ)、F(エフ)とだんだん弱まります。

さらに付け加える要素として、4が一番放射面が広く、3、2、1、S(エス)とだんだん狭くなっていきます。

この2つの要素でHα等級は決定されるため、4Bが一番強く、SFが一番弱いってことになるんですね。