ひぐらしのなく頃に業2話の考察!鬼騙し編で考えられる最悪の結末【鬼騙し編2話】

ひぐらしのなく頃に 業 血が飛び散った部屋 カレンダー 1983年 昭和58年 時系列の暗喩 ひぐらしのなく頃に 業
©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2020年放送のひぐらしのく頃に業2話ですが、サブタイトルが「し編」になっています。

「鬼騙し編」と「鬼隠し編」の差については、既に記事にしてありますが、こちらでは『鬼騙し編で考えられる、最悪の結末』を題材に進めていこうと思っています。

なにせ、2006年放送のひぐらしのなく頃にのリメイク版で、鬼隠し編と同等かと思いきや、まったく違う鬼騙し編なんてものが始まりましたからね。

本編的なことで話を知りたい方は、こちらからどうぞ。

梨花ちゃま好きなジャム君としては、昭和58年6月の世界にいる梨花ちゃんがかわいそうでならないのですが、そこが「し編」のキーポイントのような気がしてならないのです。

鬼騙し編がどんな真相でも、決してをそらしてはならないのですよ。

にぱー☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼騙し編は梨花の仕返し?

し編」が発生したのは、以前羽入に選択を委ねられたカケラの「し編」を梨花が密かに恨んでおり、羽入へ仕返しをしたかったのかもしれません。

では、なぜ梨花の仕返しだと鬼騙し編に繋がるのか、それも考えていきましょう。

鬼隠し=神隠し

雛見沢の辺りで言われている「鬼隠し」という言葉があります。

これは、2006年版の「鬼隠し編」で大石から圭一に説明がありましたが、この地方の言い回し、いわゆる方言のようなもので、神隠しのことです。

さらにここで言われている鬼は、地獄にいるような鬼ではなく、神として崇められる存在になった羽入たちを指すようになってしまいます。

別にさらったり食べたりして、人の目に触れなくなるような悪さをしているわけじゃないんですけどね。

ひぐらしのなく頃に 業 古手梨花と羽入 カケラ

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会


出典:ひぐらしのなく頃に 業/10月8日放送/TOKYO MX

ここでサブタイトルを思い出してほしいのですが、サブタイトルは「し編

鬼を神に置き換えたら「し編」となり、カケラをともに渡っている羽入を騙し、昭和58年6月の世界で梨花が悪巧みをしている可能性があります。</