ひぐらしのなく頃に業16話の考察&感想!本来なかった世界説【猫騙し編3話】

ひぐらしのなく頃に 業 古手梨花を綿流しする北条沙都子 首をかく北条沙都子 雛見沢症候群ではない ひぐらしのなく頃に 業
©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

猫騙し編3話にして梨花ちゃんのカウントが、すでに残り1回となってしまっている、ひぐらしのく頃に業16話 猫し編 其の参

ひぐらし業の担当、ジャム君です。

前回、ひぐらしのなく頃に業15話では、4人の凶行により、残機が5もあったのに、一気に残機が1まで追い詰められてしまいました。

正直、赤坂にまで敵に回られた世界(カケラ)では、梨花一人の力ではどうにもならない感が強い気がしてしまいます。

本編の考察を進めているわけですが、その記事とは別途、単発的な考察として突拍子もないかもしれない、「ひぐらしのなく頃に業とこれまでのひぐらしシリーズの違い」を考察しましたので、ひぐらし業本編とともに、そちらもよろしくお願いしますね。

そんなひぐらしのく頃に業16話ですが、アバンからクライマックス感爆発で、沙都子が梨花を襲う展開に!

ひぐらしのく頃に業16話の考察ポイントは、以下のとおり。

  • 沙都子が梨花を襲っていた理由
  • 鷹野は信頼できる人物なのか
  • 鷹野はなにを話したかったのか
  • 「業」が指す意味

今回、ひぐらしのく頃に業16話の考察は、このあたりを中心に進めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク