ひぐらしのなく頃に業9話の考察&感想!沙都子のにーにーと諸悪の根源・北条鉄平【祟騙し編1話】

ひぐらしのなく頃に 業 セブンスマートでの買い物 前原圭一と北条沙都子 にーにー ひぐらしのなく頃に 業
©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ひぐらしのく頃に業9話 し編 其の壱の開幕だッ!!

さて、前回はとてもひどいあり方で世界が終わった綿騙し編でしたが、祟騙し編はもっと平和に生きられるでしょうか。

どうにも、諸悪の根源である北条鉄平がアバンから出てくるあたり、ジャム君の予想では、沙都子はひぐらし業でもまともな生活ができなそうです。

今はいない悟史の代わりに、圭一が沙都子のにーにーとして、鉄平を平和に片付けつつ世界が続いてくれればいいのですが、そうは問屋が卸さないでしょうね。

ひぐらしのなく頃に業9話では、アニメの中でもスポットライトを浴びていた沙都子と圭一の関係、そしてし編ならではの、し編とは違う展開も含めて考察していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

沙都子のにーにー

沙都子のにーにーとは、もともとは沙都子の兄である「北条悟史」のことを指します。

「お兄ちゃん」なので、「にーにー」です。

しかし、悟史は沙都子たちの前から失踪してしまっているため、祟騙し編では祟殺し編と同じく、圭一が沙都子のにーにーの代わりを務めることになるでしょう。

実際、ひぐらしのなく頃に業9話では、沙都子に夕飯を作ってもらいながら、いいお兄ちゃんしていましたからね。

「にーにー」が仇となるのが祟騙し編か

祟殺し編でも、沙都子のにーにーとして圭一は行動し、結局雛見沢が壊滅してしまいましたが、それよりも直接的に、沙都子と圭一の関係が「にーにー」という立場によって壊されるのが、祟騙し編になるかもしれません。

ひぐらしのなく頃に 業 セブンスマートでの買い物 前原圭一と北条沙都子 にーにー

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会


出典:ひぐらしのなく頃に 業/11月26日放送/TOKYO MX

夕食の買い出しにセブンスマートまで行く、良い兄弟のような2人ですが、当然この2人は赤の他人です。

同じクラスで、同じ部活のメンバーという、歳は離れていても親しい珍しい友だちではありますが、沙都子と圭一の関係は、沙都子の「仮のにーにー」と圭一の「仮の妹」という、文字にするとより寂しい関係になっています。

ひぐらしのなく頃に業9話のラストでは、沙都子の家に押しかけてきた北条鉄平に、沙都子が連れ戻されていました。

ひぐらしのなく頃に 業 沙都子の家 北条鉄平に連れ戻される北条沙都子

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会


出典:ひぐらしのなく頃に 業/11月26日放送/TOKYO MX

この時点で、幸せだった圭一の自宅での夕飯作りの時間には、もう簡単には戻ることができません。

これまでのひぐらしシリーズの展開だと、連れ出すためには北条鉄平を殺すか、児童相談所を動かして救い出すか、という二択です。