アニメISLAND(アイランド)12話 最終回の解説&感想!入れ替わりと昔の玖音

ISLAND アイランド 御原凛音 三千界切那 父親 ISLAND(アイランド)

ついに…ついにアニメISLAND(アイランド)も12話の最終回へ!

若干寂しくなっているジャム君です。

さて、前回見覚えのある浦島に帰ってくることができた切那せつなではありますが、記憶を保持して帰還しており、存分にチート能力を発揮しておりました。

アニメISLAND(アイランド)11話の解説&考察!クオンも持つ結婚指輪
2万年後の未来からおかえり~、切那(せつな)! 無事にタイムトラベルは成功したようで、今まで1999年の世界で展開されていたストーリーをどんどんこなしていきますね。 記憶を持っているとこんなにもチート性能なのか。 まさに未...

あれ? ってことは、2万年後のNEVER ISLAND(ネバーアイランド)にも記憶って持っていってたっけ?

そんなことを書いた記憶ないんだけどなぁ…と思ってよく思い出してみたら、記憶を失って取り戻すことができない状態にあるわけでなく、ただ忘れてるだけ(時が来れば思い出す)という状態だったんですよね。

担当しているアニメだけでなく、昔のアニメもこっそり見ていたら、「前回何があったっけ?」というところから思い出すのが大変な自分のかわいそうなとろける脳みそに泣けてきます……

そして今回ISLAND12話では、なんと帰ってきたと思っていた浦島が実は本当の1999年ではなく未来であったことが発覚!

玖音くおんが持っていた指輪の謎も判明し、さすが最終回という展開を見せてくれました。

この記事内では特別な記載がない場合、時代が判明している(現在or未来)キャラ名は漢字orひらがな表記orカタカナ姓名表記、伝説(過去)or不明の場合にはカタカナ名前表記になっています。
スポンサーリンク

切那はタイムトラベラーではなかった

ISLAND(アイランド)1話から「未来から来たタイムトラベラー」というスタンスを取っていた切那せつなですが、桃香ももかさんの乱入によりあっけなくタイムトラベラーではないことが証明されてしまいました。

ISLAND アイランド 山吹桃香 タイムトラベル 否定 未来 コールドスリープ
出典:ISLAND/9月16日放送/TOKYO MX

桃香さんいわく、超常現象がある場所では理由はわからず研究の余地があるものの、「石器時代から高度な文明まで発展したのにまた石器時代に逆戻り」なんてことがよくあるそうな。

しかも8話で切那が暴龍島ぼうりゅうじまで乗っていたのは、間違いなく「装置の中の時を止める」ものであるため、未来にしか行けません。

コールドスリープしかできない以上、NEVER ISLAND(ネバーアイランド)でリンネ・オハラが「時間遡行ができるタイムマシン」を開発できていない限り、切那はNEVER ISLANDでも暴龍島で使ったのと同じ装置でコールドスリープし、未来に来ることしかできないという理屈です。

コールドスリープして2万年後のNEVER ISLAND(ネバーアイランド)に行けたのですからタイムトラベラーのようではありますが、ドラえもんが出すタイムマシンのように未来へも過去へも行き来ができるわけでもなく、完全に未来へ一方通行な眠りを繰り返していたということになります。

つまりどういうこと?

つまり桃香さんが言っていたことをまとめてしまえば、こういうことです。

ISLAND アイランド 時系列 山吹桃香 コールドスリープ
画像クリック・タップで拡大

元いた1999年の浦島から暴龍島にある機械に入って2万年コールドスリープしてNEVER ISLANDに行くまで眠っていた、というまでは今までの解釈どおり変わりありませんでした。

決定的に違っているのがNEVER ISLAND(ネバーアイランド)から「どの浦島」に切那が向かったかという点であり、1999年に時間遡行をしたタイムトラベラーかと思われていたのですが、実はまたコールドスリープをしており似た世界を繰り返しているだけコールドスリーパーだというのが現実だったわけですね。

切那はタイムトラベルをしていたわけでもタイムトリップをしていたわけでもなく、グースカ何万年も寝ていたことになります。

まあ、機械の中の時間は止まっていますので、「寝ている」という表現が正しいのかは本人にしかわかりませんけどね。

時系列順にさらに詳しく! 追加記事

アニメISLAND(アイランド)の解説&時系列まとめ!セツナやリンネの関係を時系列順におさらい
どうも、またまたアニメISLAND(アイランド)の記事を書いているジャム君です。 12話(最終回)を迎えたISLANDですが、考察の記事だけではなかなか伝えにくかった浦島やNEVER ISLAND(ネバーアイランド)を舞台にした時系列...

救うことのできない世界

桃香さんの理論は概ね正しいようでしたので、救うことのできない世界が出てきてしまいます。

以前の凛音りんねたちが救われることはなく、暴龍島からの帰り道に凛音が溺れてしまった世界は世界で固定されてしまっています。

当然タイムマシンを作ることができる未来があれば別なのですが、その技術が確立しない限りはコールドスリープする「未来へ行く機械」しか存在しないため、決して起こってしまった過去の事実をなかったことにはできません。

もちろん凛音が暴龍島からの帰り道に溺れた世界からずっと未来に今の浦島があるため、溺れて命を落とした凛音を助けることは絶対にできないということです。

非情ですが、今の切那とリンネ・オハラには、まだ過去の世界を救う力がありません。

ひっそり語られたセツナの存在

何かとリンネ・オハラと切那の関係、そして今の凛音りんねに目が行ってしまいがちですが、ひっそりとセツナ・オハラについても語られていました。

ISLAND アイランド 御原典正 セツナ・オハラ 海岸 シークレットビーチ
出典:ISLAND/9月16日放送/TOKYO MX

リンネ・オハラが浦島にたどり着いたとき、発見したのは御原典正おはらのりまさであり、抱っこしているのは婿のセツナ・オハラです。

セツナは婿として御原家おはらけに迎え入れられていたにもかかわらず、小屋の前から海に転落させられてしまったんですね。

ISLAND6話の「生かしておいたのが間違いだった」という典正の言葉は、家を継げるわけでもなく嫁を迎え入れるような行動もせずに凛音りんねと小屋で一晩過ごしてしまうような姿に、「婿として迎え入れなければ、早く追い出せれば」という意味が込められていたのではないでしょうか。

玖音はノイローゼで他界 身代わり戦術へ

ジャム君の考察、なんだか惜しい!

アニメISLAND(アイランド)8話の解説&考察!くおんが本物のりんね?
やった、またISLAND(アイランド)の時間だ! 先週7話はリアタイ見逃しましたが、8話はちゃんと見られましたよ~ 喜びを隠すことのできないジャム君です。 前回のISLAND7話では、凛音(りんね)が暴龍島(ぼうりゅうじま...

ちょっと違うんだよなぁ、というのがISLAND(アイランド)の記事を読み返してみると伝わってくるので、お暇な時にでもぜひ読んでいただきたい。

ただ玖音くおん煤紋病ばいもんびょうだったのかもしれませんが、リンネ・オハラは煤紋病の素振りが見えませんでしたので、リンネ・オハラが煤紋病だとしてもかなり軽度なのでしょうね。

あんな薄暗い部屋に閉じこもらなければならないほど重症ではあり得ません。

本物の玖音も実際には重度の煤紋病とは考えにくいです。

煤紋病が重度だったのであれば、浦島神社で撮影されていた典正のりまさとリンネ・オハラ、そして凛音りんねの写真が木陰とはいえ日中に撮影されることはないでしょう。

だって、玖音の身代わりとしてリンネ・オハラに玖音のふりをさせていたのですから、屋敷内ならともかく浦島神社で撮影が行われるというのはリスキーすぎます。

ノイローゼに悩む玖音

典正と玖音はリンネ・オハラから凛音を取り上げ、御原家おはらけの娘として迎え入れてしまいました。

ISLAND アイランド 御原典正 御原玖音 御原凛音
出典:ISLAND/9月16日放送/TOKYO MX

ですが生まれてきた凛音は母親のことをちゃんとわかっているのか、玖音に懐こうとせず、メイドとして働いているリンネ・オハラにばかり懐いてしまったんですね。

子どもをモノのようにやり取りする親ですから、玖音ではなくリンネ・オハラが母親だと、凛音は本能的にわかってしまっていたのでしょう。

ただ玖音としては育児をないがしろにしているわけでもなく、自分の子として育てたい気持ちが強かったようですから、いつまでたっても自分になついてくれない凛音にいらだちを覚え、しだいにノイローゼになったと考えられます。

玖音がノイローゼになり命を落とすことになったのも、リンネ・オハラに深い傷を負わせたのも、すべては今の浦島の典正が元凶ですね。

入れ替わりによって生じた誤解

凛音は玖音がノイローゼで他界していることを知らず、かつリンネ・オハラがNEVER ISLAND(ネバーアイランド)で切那せつなとの間に身ごもった子であることも知らされていませんでした。

ISLAND アイランド 御原凛音 三千界切那 父親
出典:ISLAND/9月16日放送/TOKYO MX

もちろん以前いた浦島でも、今いる浦島でもこの事実を知るまで切那も気づいていなかったことではありますが、凛音に抱いていたのは恋愛感情ではなく父親としての本能として娘を可愛がっていただけという誤解を生む結果になってしまいました。

もしリンネ・オハラが典正も玖音もいなくなった御原家おはらけで、凛音に真実を話す勇気があったのであれば、無駄にイチャイチャせず済んだことでしょう。

ISLAND アイランド 三千界切那 御原凛音 親子 イチャイチャ
出典:ISLAND/9月16日放送/TOKYO MX

切那と凛音が、シークレットビーチで夜イチャイチャしていましたが、これもただの親子なんですよね。

お父さんにベッタリな娘、と考えてしまうと、知らず知らずのうちとはいえ、悲しくなってきます。

ですがそれだけ親子の絆は深かったという証明でもあるため、時を超えてもしっかり血はつながっているんですね。

結婚した切那とリンネの今後は?

何万年もの歳月を経てようやく結婚することができた切那とリンネ・オハラですが、今後はタイムマシン開発に没頭するのでしょうか。

ISLAND アイランド 三千界切那 リンネ・オハラ タイムマシン 機械いじり
出典:ISLAND/9月16日放送/TOKYO MX

新婚旅行の出発日でさえ、何やら機械いじりをして凛音(名前を返したのでほかの名前で呼んでいるのかもしれませんけど)に急かされていましたし、昔いた浦島の凛音やNEVER ISLANDのサラ・ガーランド、カレン・クルツたちを見捨てるとは考えにくいですし、凛音苦労の日々が続いていくのかもしれませんね。

切那とリンネ・オハラはお幸せに!という世界ですが、桃香さんの理論に当てはめると、今のままだとまたNEVER ISLAND(ネバーアイランド)の未来が待ち、いずれせっかく幸せになった浦島が不幸せな状態で繰り返されてしまうことになります。

早いところタイムマシンを完成させ、以前の世界の人たちを救うとともに、その技術を未来にも残し続けてあげなければなりませんね。

1999年の浦島にいた玖音の正体

1999年の浦島、以前いた世界の浦島にいた玖音くおんは、リンネ・オハラと考えられます。

というのも、6話に出てきた玖音ですが、切那と凛音りんねがデートに出かけるのを見て、いらだちを見せていました。

アニメISLAND(アイランド)6話の解説&考察!部屋にいたのはリンネ?
おはこんばんにちは。 ISLANDのアニメ記念版ゲームも発売されましたが、今までゲーム未プレイだった方も購入してプレイし始めた方もいるでしょうか。 Twitterを見ていると、既にクリアしたという方もいらっしゃるようですね。 ...

これがもし本物の玖音でありノイローゼにもなっていなければリンネ・オハラから子どもを奪ってもいないのならば、ここまでの形相にはならないでしょう。

前の世界の浦島にいたのもリンネ・オハラで、今の世界と同じようなことが起こっていたからこそ、切那が自分に気づかず凛音とデートに出かけていたのが腹立たしくてたまらなかったと考えるのが自然でしょう。

この2回の世界だけでなく、浦島とNEVER ISLAND(ネバーアイランド)のつながりは何度も起こっていることであり、ISLAND(アイランド)12話にしてようやく玖音とリンネ・オハラの入れ替わりに気づけた切那ですが、今までの世界では気づかずに終わったか、気づいてもリンネ・オハラに拒絶されたまま終わり、何度も世界を繰り返していたと考えられます。

ISLAND原作ゲームを楽しむ!【体験版情報付き】

ISLAND(アイランド)の原作ゲームは、アニメ化に合わせて「ISLAND アニメ記念版」も発売されましたが、すぐにプレイしたい人向けには「Steam」でプレイも可能になっています。

パソコン版以外だと、PS4版PS Vita版も発売されています。

ISLAND最終回を迎え買おうか迷っている方は、公式サイトから無料体験版(パソコン向け)もダウンロード可能ですしね!

Steamはダウンロード専用としてゲームを販売しているもので、ISLAND以外にも新旧多数のゲームが販売されているため、ISLANDの購入以外でもゲーム好きにはたまらない品揃え。

暇つぶしにも使えるいわゆるクソゲーも安く手に入り、よくセールを行っているので、「割引がなされるまで待って買う」という選択肢があるのもSteamの魅力ですね。
(必ず狙った製品がセール対象になるとは限りません)

SteamのISLANDは「英語字幕対応」というパッケージ版にはない特典があるため、英語が得意、海外の友人にも楽しんでもらいたいという方にも最適!

逆に新しく出たアニメ記念のパッケージ版。

[PR]

ISLAND アニメ記念版
フロントウイング
¥ 10,778(2018/09/18 22:14時点)

こちらは同梱の特典が素晴らしい!

設定資料集主題歌が入った8cmCDも、内容がこっていてファンなら手に入れたいシロモノ。

どれを手に入れるかは皆さましだいですが、ISLAND(アイランド)最終回を迎え、アニメではカットされたものの原作ではどうなっていたのか確認したいのであれば、予算や利用可能環境にもあわせて好きなものを入手していただきたいですね。

アニメISLAND(アイランド)12話 最終回の感想

どんでん返しのISLAND(アイランド)最終回!

微妙に考察がかすっているようなかすっていないような雰囲気で進んできましたが、御原家おはらけの闇が深すぎましたね。

切那せつなとリンネ・オハラには、この世界でもほかの世界でも幸せになってもらいたいものです。

納得してはいましたが、凛音りんねが刹那と別れることになってしまったので、凛音にもいいお婿さんが早く見つかるといいですね。

ところで皆さん、田村ゆかりさんが歌うISLANDのOPテーマ「永遠のひとつ」と「Closing Tears」どちらがお好みでしたか?

浦島にいるときに流れていたのが「永遠のひとつ」、2万年後のNEVER ISLANDにいるときに流れていたのが「Closing Tears」ですね。

9話でOPとEDが変わったときには映像ばかりに気を取られていたのですが、見直してみると歌もなかなかいいんですよね。

どっちが好きかと聞かれても迷っちゃう。

凛音りんねと初めて出逢ったときにも歌っていた「Lasting Memories」もなかなか捨てがたく、ISLANDファンならEDテーマも含めてすべて手に入れたくなってしまいます。

秋アニメでも皆さまにいい出会いがありますよう祈っております。

それではまた!

コメント