アニメISLAND(アイランド)12話 最終回の解説&感想!入れ替わりと昔の玖音

ISLAND アイランド 御原凛音 三千界切那 父親 ISLAND(アイランド)
(C)2015 Frontwing/PROTOTYPE/アニメISLAND製作委員会
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ついに…ついにアニメISLAND(アイランド)も12話の最終回へ!

若干寂しくなっているジャム君です。

さて、前回見覚えのある浦島に帰ってくることができた切那せつなではありますが、記憶を保持して帰還しており、存分にチート能力を発揮しておりました。

アニメISLAND(アイランド)11話の解説&考察!クオンも持つ結婚指輪
2万年後の未来からおかえり~、切那(せつな)! 無事にタイムトラベルは成功したようで、今まで1999年の世界で展開されていたストーリーをどんどんこなしていきますね。 記憶を持っているとこんなにもチート性能なのか。 まさに未来人となった切那は...

あれ? ってことは、2万年後のNEVER ISLAND(ネバーアイランド)にも記憶って持っていってたっけ?

そんなことを書いた記憶ないんだけどなぁ…と思ってよく思い出してみたら、記憶を失って取り戻すことができない状態にあるわけでなく、ただ忘れてるだけ(時が来れば思い出す)という状態だったんですよね。

担当しているアニメだけでなく、昔のアニメもこっそり見ていたら、「前回何があったっけ?」というところから思い出すのが大変な自分のかわいそうなとろける脳みそに泣けてきます……

そして今回ISLAND12話では、なんと帰ってきたと思っていた浦島が実は本当の1999年ではなく未来であったことが発覚!

玖音くおんが持っていた指輪の謎も判明し、さすが最終回という展開を見せてくれました。

この記事内では特別な記載がない場合、時代が判明している(現在or未来)キャラ名は漢字orひらがな表記orカタカナ姓名表記、伝説(過去)or不明の場合にはカタカナ名前表記になっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

切那はタイムトラベラーではなかった

ISLAND(アイランド)1話から「未来から来たタイムトラベラー」というスタンスを取っていた切那せつなですが、桃香ももかさんの乱入によりあっけなくタイムトラベラーではないことが証明されてしまいました。

ISLAND アイランド 山吹桃香 タイムトラベル 否定 未来 コールドスリープ

(C)2015 Frontwing/PROTOTYPE/アニメISLAND製作委員会


出典:ISLAND/9月16日放送/TOKYO MX

桃香さんいわく、超常現象がある場所では理由はわからず研究の余地があるものの、「石器時代から高度な文明まで発展したのにまた石器時代に逆戻り」なんてことがよくあるそうな。

しかも8話で切那が暴龍島ぼうりゅうじまで乗っていたのは、間違いなく「装置の中の時を止める」ものであるため、未来にしか行けません。

コールドスリープしかできない以上、NEVER ISLAND(ネバーアイランド)で