殺戮の天使10話の解説&考察!魔女裁判の刑罰選択とダニー証言の意図

殺戮の天使 ダニエル・ディケンズ ダニー カウンセラー 魔女裁判 証言 精神攻撃 殺戮の天使
(C)2018 真田まこと/Vaka・DWANGO・KADOKAWA/「殺戮の天使」製作委員会
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ついに、ついに殺戮の天使も10話に突入!

これでラストスパート、今期あと少しで終わるのか?
と言いたいところですが、13話からはAmazonプライム・ビデオのような動画配信サービスで放送されるので、お話はもう少し続きます。

OPとED、変わったりするんですかね?

動画配信サービス加入者だけのお楽しみなので、これを機に無料体験期間も利用しながら殺戮の天使を最後まで楽しみたいですね。

ジャム君は既にAmazonプライム会員なので見ることができますが、月額払いでも500円(税込み)でAmazonプライムの特典まで使えてしまうので、割とマジでおすすめ。

2019年4月12日より、Amazonプライム(プライム・ビデオ含む)の会員価格が改定されました。

さつてんだけ目的なら、初回だけ使える無料体験期間使ってもいいですしね!

さてさて、前回はダニーは重傷のザックに手を出しはしないものの生きていることが判明し、レイチェルにはグレイが再び強い口調で非難をしていました。

殺戮の天使9話の解説&考察&感想!自己愛とザックとの新たな誓い
殺戮の天使ファンの皆さま、今週9話も楽しみにしていましたか? 前回はレイチェルがグレイに「君はイレギュラーだからだ」と言わせているシーンや、ザックの過去話が印象的でしたね。 それにダニーが生きていたというのは驚き。 あれは幻覚ではなさそうで...

今回10話では、前回ザックのフロアから持ち帰ったナイフを手に薬を持つダニーを探しますが、またあの例の紫の煙が!!

魔女裁判まで開かれ、レイチェル絶体絶命のピーンチ!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

再び現れる紫の煙と幻覚

グレイはそうやすやすとダニーのもとにレイチェルを向かわせてくれはしないようですね。

ここは自称・他称ともに神父と言えども、殺人鬼だからでしょうか。

殺戮の天使 紫の煙 ウサギ レイチェル・ガードナー グレイ
出典:殺戮の天使/9月7日放送/TOKYO MX

紫の煙にまたも幻覚を見せられているようで、急にウサギが見えるわ、穴に落ちるわ、もう生きていないはずのエディの墓に閉じ込められるわ、キャシーに電気椅子拷問されるわ、散々でございました。

壁にも花柄のような模様が浮かび上がってきていますね。

ただあの紫の煙をいくら吸い込んだとしても、前回までの考察だと幻覚作用がある程度であり、7話でグレイのフロアで部屋が変化していたのは「グレイの話術」によるようなものと考えられるため、レイチェルが本心でザックのために薬を探してダニーを追いかけているのであれば、