ダーリン・イン・ザ・フランキス6話の解説&考察!戦う理由と翼の意味

ダーリン・イン・ザ・フランキス イチゴ 苦笑 ダーリン・イン・ザ・フランキス
(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

お初にお目にかかります。

半端な話数からかも知れませんが、第6話より「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の記事を担当いたします。

メモ用紙です。

作品を掘り下げたり共有することで、皆様とさらに作品を楽しむことが出来れば、またお役にたてたらと思います。

よろしくお願いします。

さて、早速ではございますが、初投稿の記事ということですが駆け足でいきます。

ダリフラ第5話の内容は、疲弊したヒロを案じるイチゴとゴロー。

ヒロは揺らぐことのない決心を胸に、ゼロツーと三度目の搭乗を約束します。

そして、今回のダリフラ第6話へと続いていきます。

もう全文書き写したいくらい良いシーンばかりなのですが、それでは主旨と違うので、ある程度絞りながらいきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イチゴの本心、叫竜襲来!

イチゴの思い

OPをカットしAvanを抜いた構成は「この回が節目である」あるいは「情報量が多い」ということの表れだと思います。

Apartがはじまってすぐ。

部屋でのシーンでゴローの言う「大馬鹿野郎!」は、第5話でイチゴの気持ちを察したゴローの一言。

浴室で気合を入れるイチゴは戦いのことだけでなく、下を向くという共通の構図から、ヒロのことを考えているのだと推察できます。

このシーンで重要になるのは、「イチゴの背中を押すゴロー」「下を向いて話すイチゴ」という構図。

加えて、ヒロはまっすぐとイチゴの顔を見ています。

これは、ヒロの強い意志を示しています。

「眠れなくって…」の会話から、遮るようにヒロが「イチゴ」と呼びかけます。

「な、なに?」とイチゴ。ここの声優さんの芝居には、何か期待感のあるような抑揚になっています。

これはBpartの「言えなかった…。」にリンクしていて、イチゴが望んでいたのは

ヒロがストレリチアに乗らないという選択をしてくれること。

だったとわかります。

ヒロはイチゴを頼りにしていると伝えると

イチゴ「わ、私だってヒロのこと頼りにしてる。だって私、私はさ。昔からヒロのこと―」

と続けますが、その言葉の続きはゼロツーの登場により言葉にはなりませんでした。

「私はヒロのこと、兄弟みたいだと思ってるからさ」

ダーリン・イン・ザ・フランキス イチゴ 苦笑

出典:ダーリン・イン・ザ・フランキス/2月17日放送/TOKYO MX

「うん、俺も思ってるよ。ゴローもそうだと思う」

イチゴはまた、下を向いてしまいます。

叫竜襲来。

ここからはさすがはTRIGGER、今石さんの大胆なアクション構図は大胆で、モーションが大きく、実にアニメらしい静と動の使い方。

そして、第5話のキッシングの影響で迫りくる叫竜を迎え撃つため、26部隊と共闘することになった13部隊。

ここで重要なのは、第5話の内容にも共通しますが、26部隊と13部隊の違いだと思います。

26部隊実践経験もあり、落ち着いた雰囲気の部隊であり、連携を重んじた戦略と、同型機で統一されている。

13部隊実践経験はほぼ皆無に等しく、急造チームであり、フランクスの型はすべて違う

アクションパートではこの通りになっています。

連携のとれた26部隊は、そのチームワークを発揮しながら好戦します。

しかし13部隊はというと、やはり戦闘に不慣れです。

しかし、チームワークの片鱗のように受け取れるシーンもありました。

それはイチゴとゴローの機体が他の機体を助けるシーンでもあるので、ある意味ではイチゴとゴローの成長としてもよいかもしれません。

その裏付けとして、26部隊の人が「あれほどの動きができるのに、なぜ急造のテストチームに?」と言葉にしています。

戦う理由

そして重要なシーン。

いよいよお出まし、ストレリチア。

「ゼロツーはなぜ、叫竜と戦うの?」ヒロとゼロツーが戦う理由を確認します。

第1話でも、ゼロツーは「戦う理由がある」とヒロに対して言葉にしています。

しかしここのシーンでは

「理由か、ボクが化け物だからかな」

とはぐらかし、ヒロの戦う理由について問いかけます。

これは容易には言えない理由であると想像できます。

ヒロの戦う理由

「パパや都市を守るためで、自分たちはそのために生まれてきた。」

それを聞いたゼロツーは「ふーん、つまんないね」と一蹴します。

どうしてゼロツーにとって、その理由がつまらないのか?

それはゼロツーにとって、ヒロの守ろうとして