BANANA FISH(アニメ)13話の考察&感想!オーサーが抱いた野心の正体

BANANA FISH オーサー 最終決戦 BANANA FISH
(C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

みなさまこんにちは。アニメBANANA FISHバナナ フィッシュ担当のnk(エヌケー)です。

BANANA FISH Journal、ご覧になりましたか?

NYへのオフィシャルツアーが開催されるのだとか。

原作の舞台が見れるのか、とか、アニメの再現度がどのくらいか確かめたい、と思うと気になるところではありますが、そもそもパスポートも先立つものもない時点で途方に暮れております。

い、いつか自分で張大飯店ちゃんたいはんてん(ショーターの実家)を見つけるんだからね!

さて、2週間ぶりのBANANA FISH。

前回・12話はアッシュとオーサーの決戦前の様子が描かれていましたね。

2人がついに直接対決をすることが決まり緊張感が高まる一方、ハロウィンパーティーを楽しむアッシュと英二。

アッシュの苦手なかぼちゃを近づけたり、2人で恋の話をしたりと、本当に随分親しくなったんだなと感じられるひと時でした。

13話はファーストシーズン最終話。

このアッシュとオーサーの一騎打ちはオープニングを見た時からずっと楽しみにしていました。

そして、素敵なアニメに仕立ててくれてありがとうございます、スタッフさん!

まだまだ13話を見た余韻が抜けないままではありますが、今回はアッシュのライバル・オーサーについて徹底的に語っていきたいと思います。

※記事に誤りがあったため、加筆・修正を行っています。(2018.10.10)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フレデリック・オーサーについて

オーサーの人物像

BANANA FISH オーサー 駅
出典:BANANA FISH/10月5日放送/フジテレビ

1話からアッシュに強い執着を見せ、あの手この手で陥れてきた人物、それがオーサーです。

好機と見るや、スキップを誘拐しアッシュをおびき寄せたり、マービンを撃った罪をなすりつけたり、バナナフィッシュに苦しめられるショーターを目の前にしたアッシュに銃を渡したり、はっきり言って手段を選ばない男です。

アッシュの仲間からも「卑怯だ」「何をするかわからない」と言われ続けています。

しかしマービンのときもしかり、5話でディノを仕留め損ねたときもしかり、アッシュのピンチの陰にはオーサーがいたことも確か。

これまでのストーリーを振り返ると、オーサーほどアッシュを陥れられた人物はほかにいません。

一見小物なキャラではありますが、その実、アッシュなきダウンタウンを力で押さえつけられる程度にはできる男だと感じています。

そんなオーサーを象徴する言葉は「野心」

こちらをキーワードにオーサーという人物を掘り下げていこうと思いますが、その前に声優さんについても紹介させていただきます。

オーサー役・細谷佳正さん

デビューは2004年。

個人的には、「黒子のバスケ」日向順平ひゅうがじゅんぺい役や、ダンガンロンパ3-The end of 希望ヶ峰学園-の左右田そうだ和一かずいち役のイメージが強いのですが、その他進撃の巨人ではライナー・ブラウンを演じる、人気声優さんです。

オーサーについて語るなら、やっぱり彼の言葉は必要だろうと思いまして、この記事を書く直前にアニメ雑誌・spoon.2Di vol.42を慌てて買ってきました。

[PR]

spoon.2Di vol.42 (カドカワムック 759)
KADOKAWA
¥138(2024/02/24 03:29時点)
BANANA FISH 細谷佳正(オーサー役)インタビュー

9月29日に発売されたものなのですが、2ページにわたって細谷さんのインタビューが掲載されており、オーサーという人物についてよく研究された方だなと思いながら拝読させていただきました。

中でも一番印象的だったのは「ツメも甘いし、共感できる部分は正直あまりありませんでした(笑)」という部分。

アフターレコーディングコメントからも伺えるのですが、細谷さんご自身はかなり明確に意図をもって演じられる方のようです。

1話から随所で「オーサーが強い」という感想を目にしましたが、それも細谷さんが狙った部分でもあるようで