アサシンズプライド3話の考察&感想!クーファはヴァンパイアな異人

アサシンズプライド アサプラ クーファ=ヴァンピール ヴァンパイア 最強種族のランカンスロープ アサシンズプライド
(C)2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

アサシンズプライド3話クーファ先生えげつない強さ!

ウィリアムがちょっと気の毒になるくらいだなんてズルい…

でもメリダとエリーゼの、カワイイとカワイイのかけ合わせが最強だろと思ったさぷらです。

アサシンズプライド2話でも女の子達のいじらしい可愛さが際立ってましたよね!

メリダの無邪気に喜ぶ姿とか、ネルヴァのギャリックハマー級の愛情表現とか!

では、そろそろ今回の見どころに参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クーファ=ヴァンピールの正体

まずはアサプラ3話の大きな見せ場となった、クーファ=ヴァンピールの正体でしょう。

アサシンズプライド アサプラ クーファ=ヴァンピール ヴァンパイア 最強種族のランカンスロープ

(C)2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会


出典:アサシンズプライド/10月25日放送/TOKYO MX

彼は強化されたランカンスロープを圧倒し、一度は失った腕を再生させてしまいます。

その正体はランカンスロープ最強種族とされる、ヴァンパイアの特性を持つ半端者でした。

ヴァンピールの名は体を表す

そもそもとして、クーファの名字である「ヴァンピール」は彼そのものを表しています。

というのもヴァンパイアと人間の混血種のことを、通称「ダンピール」と呼ぶのだそうです。

つまりヴァンパイア+ダンピール=ヴァンピールということですね。

このもじった感じからすると、「ヴァンピール」は名字というより通り名に近いのかもしれません。

クーファはクーファで苦労人

クーファの正体の他に、彼の以前の境遇もちらりと触れられました。

クーファ「俺は夜会の出身ですから…」

メリダ「それって下層居住区の?」

クーファ「それよりもさらに外側です。住んでいるというより、どうにか生き延びているといった状態でした」

彼の口ぶりからして、これまで相当の苦労を強いられていた様子が窺えます。

加えてランカンスロープとの特性持ちであるため、並の人間以上に差別を受けていた可能性があります。

アサシンズプライドED「異人たちの時間」に注目!

そんなクーファだったからこそ、メリダに肩入れしてしまったと思われます。

本来恵まれた生まれであるはずなのに、出自を疑われ虐げられている姿は自分と重なると感じたのでしょう。

思えばアサプラEDの「異人たちの時間」には、その意味を含んでいるように見えます。

アサシンズプライド アサプラ メリダ=アンジェル ED 異人たちの時間

(C)2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会


出典:アサシンズプライド/10月18日放送/BS日テレ

この歌では自分の周囲を「異人たち」と見なしていますが、自分も「周りから見たら異人かな?」としています。