盾の勇者の成り上がり13話の解説&感想!悪魔の盾と悪魔のような王女

盾の勇者の成り上がり マイン 山火事 盾の勇者の成り上がり
(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。

盾の勇者の成り上がり担当トーマです。

前回グラスとの戦いを何とか逃げ切り、2回目の波を乗り切った尚文たち。

王と決別し、クラスアップの為亜人国家シルトフリーデンを目指します。

そこへやってきたメルティは尚文に王との和解を求めますが、尚文は拒否します。

尚文を説得していると、突然メルティの護衛の兵士がメルティに切りかかってきましたが、メルティを守った尚文でした。

尚文たちはどうなっていくんでしょうか?

悪女マインが本性を出し始めた、盾の勇者の成り上がり13話、はじまりはじまり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルティ王女誘拐?!

兵士たちとの戦闘の後ろで水晶を持ちながら一部始終を見ている兵士が・・・

この水晶なんと録画、再生機能があります。

前回王に波の時の勇者たちの戦いを見せていたものです。

わざとらしく逃げていく兵士たち。

今回水晶の新たな機能が・・・

盾の悪魔

城で魔術師たちが水晶の戦闘の様子を書き換えるんです。

人相を悪くし、残虐な雰囲気にしていきます。

更にそれを水晶で国中に放映・・・

盾の勇者の成り上がり 街中
出典:盾の勇者の成り上がり/4月4日放送/TOKYO MX

魔法というか未来の科学のようです。

もう完全に盾の悪魔にでっちあげられた尚文。

王女誘拐の指名手配犯になってしまいます。

三勇教

メルティを襲った兵士たちの一人を捕まえた時、尚文は初めて三勇教のことを知ります。

盾以外の勇者を崇拝するメルロマルクの国教

9話で聖水を買いに行ったのも三勇教の教会でしたね。

尚文いわく恩着せがましい教皇のいた教会。

尚文は兵士に

我が国の大勢を脅かした罪、身をもって知るがいい

と言われ、何のことかわかりませんでした。

つまり盾以外の勇者を崇拝する宗教としては、尚文が前回大活躍したことや、各地で聖人様と呼ばれてることが困るわけです。

三勇者より目立ってしまわれると、国教である三勇教の権威が下がったり、信者が減ってしまうわけですから。

たぶん三勇教はこの国で大きな力を持っているんでしょう。

王やマインが信者なら尚更です。

その三勇教が尚文の活躍で国教としての権威を脅かされているということです。


メルティがパーティーに加わった

城に戻ろうとするメルティに、戻れば殺される、ついてくれば守ってやると約束する尚文。

イケメンですね~。本当は優しい尚文らしいです。

道中メルティは尚文が今まで王とマインに何をされたかを聞きます。

メルティは女王から不当な扱いとしか聞いてなかったんですね。

だから尚文に王に謝れとか言ってたんです。

洗脳されてるのはどっち?

尚文たちを追い詰めたところでマインが「三勇教の調べで盾に洗脳の力があることがわかった」と言い出します。

そんな突拍子もない嘘を普通に信じるおバカな元康。

盾の勇者の成り上がり13話になっても、おバカな元康は平常運転ですね。

一番まともな錬はメルティを傷つけないから引き渡すよう提案しますが、マインの様子をみたメルティが、戻ったら殺されると尚文に助けを求めます。