アニメISLAND(アイランド)4話の解説&考察!古文書に記されし研究物

ISLAND アイランド 枢都夏未 研究 古文書 部屋 ISLAND(アイランド)
(C)2015 Frontwing/PROTOTYPE/アニメISLAND製作委員会
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ようやくTVアニメISLAND(アイランド)の4話が放送されましたね、待ち遠しかった!

夏蓮かれん切那せつなに、捉えようによってはものすごい迫り方をしていました。

今週はその続きからということですね。

前回の考察では凛音りんね玖音くおん入れ替わっている事があるのではないかといった話を進めていました。

アニメISLAND(アイランド)3話の解説&考察&感想!くおん入れ替わり説
TVアニメISLAND(アイランド)をお楽しみの皆さま、こんにちは。 メモ用紙さんから担当引き継ぎました、ジャム君です。 暑い日が続いていますが、ISLAND3話からは、ジャム君とともに考察を進めていきましょう! 前回は、紗羅(さら)の口か...

この仮説は成り立つのか、それとも完全に否定されてしまうのか。

ジャム君個人としても注目ポイントが多かった30分でした。

この記事内では、現在のキャラ名は漢字orひらがな表記、伝承(過去)or不明の場合にはカタカナ表記になっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏蓮の結婚相手は駐在 太郎!

家を継ぐため結婚式を執り行うこととなった枢都夏蓮くるつかれん

そのお相手は、山白駐在所にいた播守太郎はりすたろうで、かわいいイラストも駐在所のホワイトボードに描かれていたようでした。

ISLAND(アイランド)1話の段階で、切那せつなを連れてきたときに「災難だったね、夏蓮ちゃん」と名前で呼ばれた夏蓮は「その呼び方すんなっつっただろ」と太郎に向かって言っていましたが、決して太郎のことが心底嫌いだから言っていたわけでないのが、この結婚式を見ればわかるでしょう。

だからこそこの結婚式は成立したのであり、太郎のような理解者ではない、ただの枢都家くるつけの財産や名誉を狙っただけの男であれば、夏蓮は決して結婚式を承諾することはないはずです。

太郎が理解者であった根拠

太郎はこの結婚式が夏蓮との偽装結婚式であり、切那や紗羅さら、もちろん凛音りんねもその事実を知っていることを承知で足を運んでいます。

ではその根拠は何なのか、1つ1つ見ていきましょうか。

根拠 その1

太郎がメイクも整えた夏蓮の元へ現れた際、耳元で放っていた言葉はこんなものでした。

ISLAND アイランド 枢都夏蓮 播守太郎 結婚式 小声 耳元
出典:ISLAND/7月22日放送/TOKYO MX

太郎「本当にいいんだね?」