アフリカのサラリーマン6話の解説&感想!ミツオシエはなかまをよんだ【アフサラ】

アフリカのサラリーマン 「ギネスってそんな記録あんの」と驚くトカゲ アフリカのサラリーマン
(C)Project AFRICAN OFFICE WORKER 2019
この記事は約12分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

パロディの時間だオラァ!!

いくぞ『アフリカのサラリーマン』6話ッ!

柴犬侍です。

5話はなんだったっけ。そう、就活回でしたね。

就活とか虫歯とか、なにかしら第三のネタを仕込んできてた本記事シリーズも、6話でついに動物解説とパロネタのレギュラー項目のみに。

最終回までに、パロネタオンリー記事ができかねないのが恐ろしい。ただでさえ最近、何の記事なのかわからなくなってきてるってのに。

アフサラ6話では、ミツオシエラーテルという新しい社員が登場。共生関係で有名なコンビですね。

珍しく元ネタ動物の習性がキャラ付けに深く関わっています。

“待”ってたぜ、この“瞬間とき”をよォ……

そのための動物解説、しっかり解説していくぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モチーフ動物ポイント

誰も読んでないことに定評のあるモチーフ動物ポイント。

なお、3週続けてこの項目を書けたことはありません。次回が楽しみですね。

アフサラ6話の動物解説は、今回初登場したミツオシエラーテル

共生関係にあることで有名なこの2匹、その特異な習性がしっかりキャラに反映されていました。

まあ、わざわざこの2匹を使うんだし、さすがにね?

ついでに、ライオンのタペタムというものも出てきましたので、それにも軽く触れていきましょう。

動物のタペタム

オオハシがライオンの目を利用し、ラーテルを威嚇しようとするシーンで登場した、なんとなく可愛い響きの言葉。たぺたむ。

本編でも解説があったように、タペタムとは動物、例えばネコの目の中にある反射板のことです。

アフリカのサラリーマン 「どうだ怖いだろう」と調子に乗るオオハシ

(C)Project AFRICAN OFFICE WORKER 2019


出典:アフリカのサラリーマン/11月11日放送/TOKYO MX

人間と同じく動物も、目に入ってきた光を水晶体で屈折して網膜もうまくで像にするわけだけども、この網膜の下にあるのがタペタムで、網膜を通ってきた光を網膜へ返し、単純に像を2倍鮮明にすることができるのだ。

日本語では輝板きばんといい、ネコ科だけでなくイヌ科にも同じものがあります。人間にはありません。

暗闇で犬猫の目が光るのはこのためで、おかげで少しの光を増幅して、暗闇でも目が利く

一方、主に雪原に生息しているシベリアン・ハスキーなどにはタペタムがないんだとか。雪が光を反射してくれるから不要なんだそうだ。

強い光に弱い

夜目が利くというのはいいことのような気もしますが、欠点もある。

少しの光でもよく反射するということは、逆にいうと強い光には弱いということ。

本編でも注意喚起されていましたが、動物にフラッシュをたく行為はとても危険です。

動物園をはじめ、水族館や牧場などでも「動物のフラッシュ撮影禁止」の場所は多いですが、これは特にネコなどの夜行性動物が、強い光を受けると失明する恐れがあるため。

夜間にネコがよく交通事故に遭うのも、獲物を見つけたと思って飛び出したところで、ヘッドライトに照らされて目がくらみ、立ち止まってしまって結果轢かれることが多いからです。

しかし、オーストラリアではカンガルーの交通事故が日常茶飯事といえど、カンガルーと違ってネコは廃車になることは防げても、小さいので飛び出し自体に気づきにくい。そこでタペタムだ。

目が光っているネコは、過剰な光を受けてビックリしている可能性がありますので、ピカッと光るものが見えたらブレーキをかけたりして、日