アフリカのサラリーマン7話の解説&考察&感想!害鳥、ハワイに渡る【アフサラ】

アフリカのサラリーマン ハワイガン アフリカのサラリーマン
(C)Project AFRICAN OFFICE WORKER 2019
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

カメ社長の優しさが南国諸島に響き渡る『アフリカのサラリーマン』

ハワイに来ておきながら水着を着ないのも、アフサラのアフサラたる所以ゆえん

誰も見たくないわ。柴犬侍です。

アフリカのサラリーマン7話はというと、オオハシがワイハでウクレレ片手に浮かれポンチで学友と一緒にイオラニ宮殿でルパンルパーンという回でした。

アロハ……ワイキキビーチ……うさみちゃん……うっ、頭が。

初の前後編ですが、いうほど6話と話は繋がっていません。

強いていえば、前回で初登場したミツオシエラーテルが引き続き出てたことくらい。

相変わらず持ちネタをやってましたが、ダイヤモンドヘッドでは同じように怖いもの知らずの登山者が進入禁止区域に入って救助されたりしてるんで、諸君はラーテルリスペクトも程々にしておきましょう。

今回は初登場の動物・ハワイガンとおまけでグリーンアノールの解説、あとは7話の総括的なネタとして「渡りをする動物」についてでも書こうかなと。

ハワイ回ということでハワイ要素の解説でもと思ったりもしましたが、どうしたってただの観光案内になってしまうし、やっぱり動物じゃないとね。

思い出せ、このアニメが何か。思い出せ……思い出せ……

思い出したらスクロール。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モチーフ動物ポイント

全世界870万種待望のモチーフ動物ポイント。

初の3週連続です。やったぜ。

さて、アフサラ7話に登場したのはハワイガンと?

トカゲ君の独り言として登場したグリーンアノールです。

まだ空港職員のシロクマの方が見せ場あっただろと思われる方もいるかもしれない。

だが、待ってほしい。

諸君はこのグリーンアノールとハワイガンの意外な共通点を見落としている。

ここに隠された作者の意図があると考えた結果なので、どうか海のように広い心で見守ってほしい。

ただし本項ではなく、その次でである。

オオハシの同窓・ハワイガン

社員旅行でハワイまで来たアフリカ商事一行を案内したガイドの鳥・ハワイガン

ハワイ諸島にのみ生息し、州鳥に指定されているカモ科の鳥です。

ハワイ語ではネネ(Nēnē)と呼び、これはその鳴き声に由来する。

アフリカのサラリーマン ハワイガン

(C)Project AFRICAN OFFICE WORKER 2019


出典:アフリカのサラリーマン/11月18日放送/TOKYO MX

北米に生息するカナダガンがハワイまで渡り、留鳥化したのが本種とされています。

祖先ということもあってカナダガンと似ているものの、繁殖期が春・夏のカナダガンに対してであったり、山岳地帯や溶岩地帯に生息していて、主に草や果実を食べて暮らす陸鳥のためか、水かきが退化しているといった違いがある。

なお、がんというのは、カモ科のうちでカモより大きく、ハクチョウより小さいもののこと。

盗みに入る前に立ち寄ったミリタリーショップでこれ見よがしに銃器を映していたが、あれは「ハワイのガン「ハワイガン」をかけた常夏の楽園にあるまじきオヤジギャグ。

ハワイで激減した鳥

日本では害鳥扱いで、大型鳥類初の特定外来生物に指定されたカナダガンに対して、ハワイガンは国際保護鳥に指定されている。

レッドリストでは絶滅危惧II類 (VU)で「絶滅の危険が増大している種」と評価され、世界的に保護の対象

というのも、18世紀にはハワイ諸島の各地に約25,000羽が生息していたとされるハワイガンだが、乱獲やマングース等による影響で、1950年代に個人飼育の約30羽を除いて、事実上絶滅したのだ。

その30羽ほどが今日のハワイガンの祖先であり、国際保護鳥指定などの保護活動によって、現在の総数は数千羽まで回復している。

現在も現地ハワイ諸島においても希少のようで、野生の個体はハワイ・マウイ・カウアイ・モロカイの四島にのみ生息しているようだ。

つまり、アフリカ商事一行が到着したホノルルのある