キャロル&チューズデイ10話の考察!犯人は誰?チューズデイが負傷か

キャロル&チューズデイ キャロチュー ドライアイス 怪我 ギター キャロル&チューズデイ
(C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、さぷらです。

キャロチュー10話でも「マーズ・ブライテスト」本選はまだまだ続きます!

キャロチュー9話では、ついにアンジェラが歌手としての第一歩を踏み出しました。

会場全ての心をわしづかみにしてしまうアンジェラはやっぱり強い!

そしてキャロル&チューズデイ2人にとっての問題はそれだけではないのです…

いろいろと問題が山積する中で、ピョートルとの戦いはどうなってしまうのか!?

それでは「キャロル&チューズデイ」第10話、参りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

豹変したシベール

控室にやって来たキャロル&チューズデイは、そこで再びシベールと出会います。

しかし以前とは違う様子に、チューズデイは本番の最中で会場内を探し始めます。

さよならと仕方ない

そのきっかけとなったのは、別れ際のシベールの言葉

キャロル&チューズデイ キャロチュー シベール さよなら 仕方ない

(C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会


出典:キャロル&チューズデイ/6月13日放送/フジテレビ

「だから…さよなら。だって仕方ないですよね」

自分を理解してくれると信じて疑わなかったのに、チューズデイに拒絶されてしまったシベールは「さよなら」と告げて去っていきます。

「仕方ない」とは?

その中で引っ掛かったのが、仕方ないという言葉。

一見すると、「受け入れてもらえなかったことを仕方ない」としているように聴こえます。

ただ穿った見方をするならば、チューズデイに「失望したから仕方ない」と、吐き捨てたようにも聴こえます。

シベールのその後

控室を後にしたシベール、豹変した彼女が今後どう動くのかが気になります。

もしまた2人の前に現れるとすれば、ファンアンチライバル、あるいは全く異なる形で登場するかもしれません。

「さよなら」としているため再びファンというのは考えにくいですが、その逆であるアンチやライバルだと反動が凄いのではと予想します。

チューズデイの拒絶以来、メッセージを一切していないのもまた不気味ですね…

アンジェラの周囲が…

さて、キャロル&チューズデイの2人のみならず、アンジェラの周囲でもなにやら慌ただしい様子でした。

タオの不安

タオは突然、有無をいわせず「曲の変更」をアンジェラに伝えます。

アンジェラはそれに驚きつつも、タオの指示に応えて決勝進出を果たします。

しかし…